デジタル補聴器の特徴

 

l             ノンリニア増幅が可能

l             ダイナミックレンジが広がる(小さな音から大きな音まで)

l             周波数の複数分割が可能

l             ハウリング対策が可能

l             歪が少ない(調整しても歪まない)

l             ツインマイクによる指向性が可能

l             周波数の変換が可能(高周波数から低周波数)

l             難聴者からのフィードバックによる細かい調整が可能

l             コンピュータによるデータ管理ができる

l        プログラミングツールが必要

 

戻る