Lording...
『自助論』の著者スマイルズ 美澤進 小伝 (2) [2018.02.03]
生徒はわが子同然 
「人間は一生、書生気を失ってはいかぬ。常に読書して知を進め、徳は之を身に体して行い、体は日常運動を継続して鍛錬すべし」(『Y校五十周年...

美澤進(胸像) 美澤進 小伝 (1) [2018.01.27]
 黎明期の横浜人物シリーズともいうべきこの連載、教育界を代表する人物の一人として、福沢諭吉門下の美澤進をとりあげたい。高校野球の世界で「Y校」として知られる横浜...

巌本善治 若松賤子 小伝 (2) [2018.01.21]
夫は気鋭の活動家
 このように急激に存在感を発揮しはじめた賤子の前に、若い男性が現れた。海軍中尉の世良田亮という洋行帰りの独身エリート軍人だが、妹がフェリ...

若松賤子 若松賤子 小伝 (1) [2018.01.13]
 小伝シリーズも回を重ねているが、今回は明治初期の女性翻訳家、女子教育家の一人、若松賤子をとりあげたい。もと浜銀総合研究所発行“Best Partner”に寄稿...

プリヤムヴァダ・デージー・パネルビー 岡倉天心 小伝(2) [2017.12.31]
「アジアは一つである」
 天心が辞職すると、教員画家二十四名も袂を連ねて辞表を提出した。そのうち、橋本雅邦、菱田春草、横山大観、下村観山ほか十七名は当局の...

執筆中・進行中
私の新刊・掲載誌
寄稿再録
読んだ本・眺めた本
吉備悠久
懐かしい本・思い出の本
私の旧刊
コラム
  
pick-up  
  
紀田順一郎 著作年譜

  ◇サイト内コンテンツ検索


pick-up  
ジュネス企画 真っすぐな正義『デッドラインU.S.A』
 タフで社会正義心に富んだ新聞編集長(ハンフリー・ボガート)が、ギャングの罪を暴きながら、同時に重なった新聞社の身売りに抗し、個人的には離婚の危機に悩まされると...

ジュネス企画 現代の独裁国にも通じる『絶壁の彼方に』
 追いかけ型、巻き込まれ型のサスペンスといえば、『三十九夜』や『第三逃亡者』、『越境者』、それに『北北西に進路をとれ』あたりの定番を思い出すが、本作(1950)...

Link  
吉備悠久 森山知己HP