ピックアップ検索結果一覧


 【2017.06.21】 異色の風俗劇『偽れる装い』
  紀伊國屋書店  
  • 紀伊國屋書店
  •  パリでオートクチュールを経営するクラランス(レモン・ルロー) は、腕は悪くないが女癖がわるく、お針子に片っ端から手をつけては女房や愛人にし、たまたま親友の婚約...
     【2017.06.21】 待望のブルーレイ化『白夜』
      株式会社エタンチェ(ER)  
  • 株式会社エタンチェ(ER)
  • 「素晴らしい夜であった。親愛なる読者諸君よ。我らが若き日にのみあり得るような夜だったのである」という書き出しのドストエーフスキイ『白夜』(1848)は、副題に「...
     【2017.06.13】 大英帝国ミステリー『四人の復習』
      ジュネス企画  
  • ジュネス企画
  • 1930年代、英国貴族の軍人が、植民地の反乱軍鎮圧に関して汚名を着せられ、殺害される。その恥辱を雪ごうと、四人の遺児が東南アジアや南米に飛び、見えざる敵を探索...
     【2017.06.13】 めずらしいラングの佳作『真人間』
      ジュネス企画  
  • ジュネス企画
  •  更生途中の元犯罪者夫婦をめぐるメロドラマ、といえばありふれた内容と思ってしまうが、ジョージ・ラフトとシルビア・シドニーの組み合わせで、監督がフリッツ・ラングと...
     【2017.06.10】 名作の映画化『アメリカの悲劇』
      ジュネス企画  
  • ジュネス企画
  •  ドライサーの『アメリカの悲劇』の映画化。監督はジョセフ・フォン・スタンバーク。1931年の製作で、無声映画的なサブタイトルの使用など、時代色を感じさせますが、...
     【2017.06.10】 ラングの異色作『リリオム』
       
  • パリの裏町を背景に、ならず者の心情を描くモルナールの古典的な戯曲『リリオム』を原作とした映画で、監督は何とフリッツ・ラング。

    1934年、フランス...