HOME > 部門紹介

集荷営業

医療機関から患者様の大切な検査材料をお預かりし、検査結果報告書や検査情報を医療機関へお届けします。
安全・安心をモットーに集荷業務を行っております。
お手伝いできることもございますので、お気軽にお声がけください。





情報担当

診療支援ソフト(メディカルリンク)をご利用ください。
パソコン上での検査データの管理が可能なため、患者様のコミュニケーションツールとしてご好評いただいております。
また、医療機関現場の方の仕事が軽減することと検査オーダーの精度向上を目的に検査オーダリングシステムの随時運用を開始しております。
また、パソコンに関することについてもご相談ください。


検体検査

生化学検査
生化学検査は血液(血清)や尿の中に含まれるタンパク質、糖、脂質、電解質、酵素、ホルモン、腫瘍マーカーなどを測定する検査です。 至急検査はセンター到着後1時間で報告が可能です。検査結果は検査終了次第、FAXにてご報告いたします。異常値につきましても同じくFAXにてご報告いたします。
検査内容のご説明




血液検査・一般検査
血液検査は代表的な成分である白血球、赤血球、血小板の数や、白血球分類、凝固の検査を行い、血液疾患(貧血、白血病)、出血傾向、感染症などを調べます。
一般検査は主に尿と便の検査を行っています。尿検査では尿蛋白、尿糖、尿潜血や尿中の細胞を検査する尿沈渣検査などを行っています。便検査では便潜血検査、便中の寄生虫卵の検出などを行います。 一定の基準を逸脱した検体については、顕微鏡による目視も含めて精度の高い検査を行っております。




微生物検査(細菌検査)
感染症の原因となる微生物の検出と、治療に必要な抗菌薬に対する薬剤感受性MIC法にて実施しています。また、感染レポート発行や勉強会を実施し、院内感染対策をサポートいたします。




病理・細胞診検査
病理組織検査は、病気の診断や原因の究明を目的として病変の組織や細胞のガラス標本を病理専門医が顕微鏡で観察し、診断します。
細胞診検査は、痰や尿を顕微鏡で観察し、がん細胞がいるかどうかを判断します。子宮がん検診では、子宮頸部(けいぶ)の細胞を調べます。当センターでは、平成24年4月から子宮頸部液状化細胞診(LBC法)実施に伴い全自動標本作製装置を導入しています。LBC法では専用ブラシを用いてより多くの細胞を採取することができ、従来の綿棒採取に比べ不適正標本が少なく、異型細胞(特にベセスダ分類でHSIL以上)の検出率も高いとされています。