2011年岡山県版年賀状原画
  >>2010年09月18日(土)   お知らせ
郵便局で年賀葉書の購入予約が始まりました。
すでにみほんをご覧になった方もいらっしゃるかもわかりませんが、今回、2011年岡山県版年賀状の原画を描かせていただいています。
通算3度目となりました。
皆様に喜んでいただける絵柄になっていれば幸いです。


>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/091802/index.html

日本画の基本と粉本について
  >>2010年08月25日(水)   材料技法
日本画を学ぶときの基本として重要なことは、「運筆・臨画・写生」であると言われていた頃がかってありました。しかし、私が学び始めた頃には、これらの言葉をあらためて聞く事もなく、「自由が一番」といわれ、「わかりやすい違い、新しさ」が求められていたように思います。時代の気分、タイミングと言ってしまえばそれまでですが、あえて日本画独特の事柄から離れ、一般的な「絵画」を描こうとすることが当時の「気分」でもあったように思うのです。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/082501/index.html

コアガラス、日本画、染色、R313
  >>2010年08月12日(木)   レポート
吉備高原都市を出発し、岡山道賀陽インターの前を通って高梁市へ、高梁市街地を右手に見ながら高梁川を渡り、成羽川に添ってR313を進めば児島虎次郎ゆかりの成羽美術館、そのまま西進すると吉備川上ふれあい漫画美術館があり、そのまま井原へすすめば彫刻の田中美術館、福山方面へと向かへば日本画の華鴒美術館、南進すれば笠岡市立竹喬美術館があります。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/081201/index.html

石の風車
  >>2010年08月10日(火)   ○Web吉備悠久
2008年(平成20年)7月25日(金曜日)山陽新聞掲載の吉備悠久は、高梁市有漢町に常山公園「石の風車」を訪ねる企画でした。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/081001/index.html

日本の肖像画
  >>2010年07月26日(月)   材料技法
奈良の大和文華館で「特別展 日本の肖像画」を見たのは、1991年秋の事でした。当時住んでいた東京から関西を訪問するにあたって、せっかくだからといくつか回った展覧会の一つです。あれからほぼ20年の歳月を経て、<あのときの!>と、思わずにいられない出会いの体験。日本画の伝統と価値観、粉本の役割について。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/072601/index.html

教養講座「日本画って何?」伝統と現在 7月4日
  >>2010年07月07日(水)   レポート
倉敷市立美術館美術教養講座 第二回「日本画って何?」伝統と現在(7月4日)が無事終了しました。今回もたいへん大勢の方においでいただき感謝するばかりです。ありがとうございました。
以下は、今回講演のまとめです。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/070701/index.html

小野竹喬のふるさと
  >>2010年06月25日(金)   ○Web吉備悠久
平成21年8月27日(木曜日)山陽新聞掲載の吉備悠久は、笠岡市に小野竹喬ゆかりの地を訪ねる企画でした。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/062501/index.html

アトリエ美術大講座 日本画科 1基礎学
  >>2010年06月22日(火)   レポート
昭和9年7月、アトリエ社から発行された「アトリエ美術大講座 日本画科 第一巻 基礎学」。執筆者は、日本画総論-横山大観 写生論-平福百穂 運筆論-川合玉堂 色彩論-松岡映丘 取材論-川端龍子 構図論-堂本印象 模写及臨画-都筑眞琴 蒼々たる顔ぶれです。本の最初に紹介されたカラー図版は土佐吉光筆一遍上人絵伝、次のページが呂紀筆 花鳥図。私の中でこれまで、おぼろでバラバラだったさまざまなことが次第につながって来ているのを感じています。
  

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/062201/index.html

日本画実習法 付録 芥子園画伝要訣
  >>2010年06月21日(月)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その30 最終

芥子園画伝解説と参考図版
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/062101/index.html

教養講座「日本画って何?」個人のめざめ 6月6日
  >>2010年06月09日(水)   レポート
倉敷市立美術館美術教養講座「日本画って何?」個人のめざめ(6月6日)が無事終了しました。たいへん大勢の方においでいただき感謝するばかりです。ありがとうございました。
以下は今回講演のまとめと次回内容についてです。

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/060902/index.html

日本画研究会
  >>2010年05月08日(土)   材料技法
日本画とはどんなものなのか?素材や技術を手がかりに体験してみようという研究会が始まりました。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/050701/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 七、補遺
  >>2010年05月03日(月)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その29
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/050301/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 六、略画法
  >>2010年05月03日(月)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その28
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/050201/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 五、人物画法心得
  >>2010年04月21日(水)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その27
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/042101/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 四、顔の描法
  >>2010年04月15日(木)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その26
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/041501/index.html

八塔寺ふるさと村
  >>2010年04月08日(木)   ○Web吉備悠久
平成20年3月26日(水曜日)山陽新聞掲載の吉備悠久は、備前市吉永町に「八塔寺ふるさと村」を訪ねる企画でした。
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/040801/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 三、美人画法
  >>2010年03月30日(火)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その25
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/033001/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 二、人物写生の心得
  >>2010年03月25日(木)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その24
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/032501/index.html

日本画実習法 第七編 人物画法 一、人物画一般
  >>2010年03月16日(火)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その23
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/031601/index.html

日本画実習法 第七編 風景画 七、支那の風景画法
  >>2010年02月28日(日)   レポート
川合玉堂の著した「日本画實習法」はたして「日本画」の何が変わって、何が変わっていないのか。気になる部分を備忘録がてら感想など。その22
 

>>関連記事:
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2010/022801/index.html