定例探鳥会だより
後楽園探鳥会 @ (毎月第1日曜)               
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
後楽園探鳥会 A (毎月第3火曜)              
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
月例探鳥会  (毎月1回県内各地)              
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
阿部池探鳥会@(2月、4月、12月の第2日曜)              
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
深山公園探鳥会A(11月〜5月の第4日曜)              
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年        
龍ノ口GSの森探鳥会B(奇数月の第2日曜)              
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年        
   定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2020年 1月5日  晴 2月 3月 4月
 1年ぶりに探鳥会に参加。旭川ではオオバンをはじめとする水鳥たち、河原にはイカルチドリ、川面を飛翔するカワセミ、木々を飛び交うシメ、ツグミ、ジョウビタキ等。園内では3種のセキレイ、キクイタダキ、ウグイスほか全37種が観察できた。特にキセキレイのレモン色の美しさに感動。休止中の会員さん、この感動を探鳥会でご一緒に。
     
(I.K.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
5月 6月 7月 8月
 
     
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
9月 10月 11月 12月
       
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
  定例探鳥会 A 後楽園火曜日会 
2020年 1月21日  晴 2月 3月 4月
 野鳥をもっと知りたいと思い、初めて参加しました。まず旭川中州のイカルチドリに感激、初めて見ましたが、ごろ石に同化し、言われないと絶対に気づきませんでした。園内ではシメやセグロセキレイ、シロハラなどを観察。カルガモの雌雄の見分け方や、種ごとの出現しやすい環境などを教えていただき、楽しく勉強になりました。      
(I.A.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
5月 6月 7月 8月
 
     
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
9月 10月 11月 12月
       
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
   準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
           
2020年 1月6日  晴 3月 5月 11月
       
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
   準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会
2020年 1月26日  曇晴 2月 3月 4月
 いろんな鳥やあたらしい鳥を見てうれしかったです。とくにうれしかったことはヤマシギです。シギの仲間は今まで深山公園で見たことがなかったので、見られたときはかんどうしました。わたしがすきな鳥もたくさん見られるのでこれからも参加したいです。      
(O.S.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
5月 11月 12月
       
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
    龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会 
2020年 2月 4月 6月 10月
       
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
12月      
       
(.さん) (.さん) (.さん) (.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
    月例探鳥会
2020年 1月 2月 3月 4月
  笠岡湾干拓地      
 車に分乗し、第4駐車場でヒクイナを確認した後、2班に分かれゆっくり廻る。採餌するタゲリの群れはゆっくりと見えた。水と緑のふれあい広場でオカヨシガモ、オオバン、メジロ、シロハラなどを見て再び干拓地へ。ノスリは至る所で目にする。集合時間が迫っているが、ウミアイサを探しに見崎港へ。出てきたペアを見ていると近くにイソヒヨドリ雌が現れた。15分以上遅れ集合地に到着、調整池のカモを見る。種類は揃っているが、個体数が少ない。それでもトモエガモがいたらしい。広い干拓地を見るには時間が足りない。       
(F.K.さん)      
5月 6月 7月 8月
       
       
       
9月 10月 11月 12月
       
       
       
 探鳥会だよりトップへ戻る
 
  定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2019年 1月6日  晴 2月3日  曇 3月3日  曇 4月7日  晴
 久しぶりに探鳥会に出席させていただきました。今年は渡り鳥が少なく淋しい思いをしていましたが、当日はシメ、ジョウビタキ、シロハラなどの冬鳥と同時に可愛らしいシジュウカラ、メジロ、コゲラ、ヤマガラなどの混群に出会うことができまた。ミサゴの雄姿も確認。前年より少なかったものの33種の野鳥に出会えました。

外苑で観察
  冬の曇天での初めての後楽園探鳥会でした。園の入口付近の川沿いの木々にイカル、シメが群れでやって来てさえずっていました。「こんなに沢山のイカルがやってきたのは久しぶりね、会えてラッキーね」と会員の方にいわれ、気をよくしました。イカルは鳴き声が美しく、森の中にいるような気分になります。皆さんよろしく。

イカルが梢に
 雨を心配しながらも、お子さん連れの初参加の方があり、少人数だが実施することにした。河原は工事中で、おなじみのイカルチドリとは会えなかった。エノキに複数のシメを観察することができ、他にもヒドリガモ、カルガモ、ツグミなど、初参加の方にゆっくりと探鳥を楽しんでいただいた。   桜の花もちょうど満開。最高の鳥見日和でした。渡辺裕幸リーダー、山根リーダーのもとに花見客たちの道を塞がぬように気をつけながら観察。来月はアオバズクに会えるよねと、ムクロジの古木を見上げてたたずんだ。渡りの前のシロハラ、ツグミ、シメたちはしきりに虫や木の実などを採餌していた。合計31種の鳥たちに出会え、お花見も満喫した。

満開の桜の下で
(H.K.さん) (T.A.さん)  (O.K.さん)  (F.T.さん) 
5月5日  晴 6月2日  晴 7月7日  晴 8月4日  晴
  連休も終わりに近づいた後楽園、初参加者や家族連れも多く50数人の参加者。中州はカワウのほか鳥影は少ない。青空で旋回するミサゴを見上げる。カワラヒワのさえずりを聞いていると二色が岡からキビタキが聞こえる。アオバズクは初めなかなか分からなかった。真上にはカラスの巣があり営巣木での繁殖が心配。

多数の参加者

  最近鳥に興味を持ち始めた子供たちにと思い、HPを見て参加いたしました。大人ばかりだろうと心配していましたが、皆さん孫のように気にかけてくださり、鳥のお話を分かり易くしてくださいました。写真をくださったり、図鑑を見せてくださったり、望遠鏡を見せてくださったり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

馬場で鳥合わせ
  観蓮節で朝4時に開園した後楽園で蓮を見た後、初めて探鳥会に参加しました。みな様親切に色々教えてくださり、とても有意義な時間を過ごせました。季節的に樹の葉が繁り鳥を見つけにくい時期でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。念願のアオバズクにも会うことができ、シルエットでしたが大満足です。   酷暑のなか日陰で休憩しながらの探鳥会でした。
セミの声だけ響き渡り鳥影は確認できず、私たちはアオバズクの営巣場所へ急いだ。4羽の幼鳥と2羽の親鳥が観察でき、「こっちを向いた」「金色の目が見えた」と感嘆の声をあげ暑さも忘れて見入った。
 子育て中からカラスにねらわれ、無事子育てできるか心配させたが、みごと子育てに成功した。親子6羽何事もなく南へ帰れることを祈りつつその場を離れた。
(W.H.さん)  (S.M.さん)   (U.A.さん)  (O.K.さん)
9月1日  曇 10月6日  晴 11月3日  晴 12月1日  晴
  わたしは小学3年生です。お父さんと今回はじめて探鳥会に参加しました。わたしが鳥ずきになったのは、今年オオルリを見たときからです。さいきんは、ブッポウソウ、ミソサザイなどを見ました。今回うれしかったのはアオバズクが見られたことです。フクロウのなかまを見たのははじめてだったからです。また参加したいです。
 
 茶屋で鳥合わせ
  すぐ近くまで来てくれたサービス満点のヤマガラ。しばらく葉の落ちた枝の上でじっとしてくれたシジュウカラ。キジバトを双眼鏡で見ていると、その奥にキビタキが!! 美しさに感動しました。10月というのにとても暑い日でしたが、大満足の1日でした。今年の4月から探鳥会に参加させていただいているので、これから冬鳥も楽しみです。  朝はうっすら晴れていましたが、その後曇って肌寒いくらい。過ごしやすい気候になったからか参加者も多かったです。今日の目玉は何と言っても旅鳥のムギマキ。教えてもらった場所で待っていると、ちょうど良く見える枝に止まってくれました。淡い黄色の胸の雌でしたが、とても可愛かったです。


スタート地点で
  広く中州の出た旭川ではイカルチドリが30羽近く思いおもいのポーズで休んでいた。水量は少ないが、カワウ数羽が水に潜り魚を追っている。それを逃れたものが水際に寄ってきたのだろうか、コサギがワァーと集まってきてついばんでいる。ツグミがクィックィッとなき、冬が来たなと感じさせてくれた。
(N.T.さん)  (U.R.さん)  (S.N.さん)  (O.K.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る
  定例探鳥会 A 後楽園火曜日会 
2019年 1月15日  晴 2月19日  雨 3月10日  雨 4月16日  晴
 お天気を心配しながら開始。歩道からサギ3種とイカルチドリ、ユリカモメ、シメ、ジョウビタキ。鶴見橋下流・桜並木でカイツブリ、オオバン、オナガガモ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、メジロなど。園内水路でカルガモ、コガモに不明カモ。花葉の池対岸にたたずむシロハラ。藤棚で久々のゴイサギ。茶畑前で南に飛ぶハイタカを見て終了。
 
 
  土手ではカワラヒワ雌が餌をねだる珍しい声、シメが夏の装い。旭川ではヒドリガモがオオバンから水草を横取り。園内は鳥が少なくヒヨドリとメジロの声が目立つ。早朝、二色が岡にいたというクロジには出会えず、花交の池の高木にとまったというヤツガシラにもほとんどの人が振られた1月以来の火曜日会。後楽園さん、ウグイスはどこ?
(F.K.さん)     (F.K.さん) 
5月21日  晴 6月18日  晴 7月16日  晴 8月20日  晴
 中州に昼寝のカルガモ1羽、羽繕い中のイカルチドリ。鶴見橋下流から約20羽のカワウが魚を追って遡る。園内は鳥影薄く二色が岡に急ぐ。アオバズクは今日も見づらい場所。さざなみ茶屋近くでコイの餌を狙うハシボソガラス。花交の池に出たセキレイも早々に飛び去り、遅れて渡っているというヒタキの雌にも出会えず、19種で終える。   梅雨入り前の好天、25人程の参加者が集まりスタート。河原は中州が小さくなりカワウ6羽とカルガモ2羽、コサギ1羽のみ。園内カワラヒワの鳴き声は響くが鳥影は少ない。ムクドリやツバメが上空を飛び交うくらい。二色が岡、アオバズク♂が葉蔭に隠れ低い位置に止まっていた。園内は花菖蒲、大賀ハスが満開だった。確認20種類。   旭川は中州がほとんどなくカワウ3羽。桜並木はスズメのみ。園内に入ってメジロの声。頼みのアオバズクは日曜日会と同じ場所で葉に隠れて全身は見えない。今朝巣立ったヒナ1羽のそばに雌がいて、巣穴に残っているヒナを見ているらしい。松林のササゴイはハシボソガラスを嫌ったのか確認できず、18種で終える。
 参加者少なく、不成立 
(F.K.さん)  (W.H.さん)  (F.K.さん)   
9月17日  晴 10月15日  晴 11月19日  晴 12月17日  雨
  旭川は水位が高くカワウ、アオサギ、セグロセキレイ。ダイサギがいる上流へコサギ3羽が飛ぶ。杜鵑期待の桜並木はヒヨドリとスズメのみ。園内に入り、メジロ、ムクドリを見たが、鳥は少ない。2日前はいたアオバズクは確認できず、大銀杏近くでメボソムシクイ、花葉の池の東でサンコウチョウ2羽、藤棚等でコムクドリ、帰ってきたモズを見て22種で終了。

 サンコウチョウは?
  台風19号の影響で東日本は大洪水だが西日本は晴。風は時に冷たく、川の中州にはダイサギ、コサギが14、5羽、首を縮めて佇んでいた。イソヒヨドリが飛んではあちこち止まる。蓮池の上をキセキレイが2羽、大きな波形を描いて飛んで行った。カルガモ、コガモはよく動く。ヤマガラ、シジュウカラの澄んだ声がした。おかえり冬の鳥たち。   冷たい風の中の探鳥会。旭川中州にイカルチドリ、上流の中州にオナガガモの群れ。対岸をコサギの群れが下流へ飛び。粘った数人が上流へ飛ぶカワアイサを見る。園内に入り、花葉の池の向こう斜面でカルガモの群れが採餌。藤棚の南端でゴイサギ、花交の池裏の柿にメジロとスズメ。東広場でツグミを探し、沢の池でオカヨシガモとコガモ、鳥合せ終了直前に飛んで来たキセキレイを見て終了。  
(F.K.さん)  (I.M.さん)  (F.K.さん)   
探鳥会だよりトップへ戻る 
   準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会
2019年 1月13日  晴 3月  雨 5月12日  晴 11月16日  晴
 開始早々、カワラヒワとアオジが見えやすい場所にいたので、鳴き声や色などの特徴をしっかり観察しました。ソーラーパネルの上にはカワセミがじっとしていたので全員で確認。この日はミサゴが頻繁に現れ、中でも魚を持ったまま飛ぶ姿はおもしろかったです。葦の中を上下に動くオオジュリン、葦が刈られた場所でセッカ、飛びまわる10数羽のツバメ他、45種確認できました。

鳥合わせ
  阿部池探鳥会に初参加させてもらいました。晴天の暑い日に15名の参加。カモ類はわずかしかいませんでしたが、ヒバリは天高くさえずり、トビやミサゴが飛び、カワラヒワが草原でたわむれていました。赤い口をあけてさえずるオオヨシキリにも出会えました。声のみも含め26種の鳥との出会いに感謝し、満足して帰路につきました。

あちこちで囀り

  スタート直後に現れたノスリをはじめ、ミサゴ、ハイタカ、チュウヒ、チョウゲンボウと猛禽を堪能。ソーラーパネルの西北隅の水面にヨシガモやハシビロガモ、またカワセミも見えました。またミコアイサの群れやカンムリカイツブリを見た場所で、じっと動かない白い鳥。最後までねばってヘラサギを確認できたのは少数の方でした。
(M.K.さん)   (T.M.さん)  (K.Y.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る 
   準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会
2019年 1月27日  晴 2月24日  晴 3月24日  晴 4月28日  晴
 前日の強風とは打って変わって晴れの穏やかな探鳥会となりました。はじめに赤松池でカモを観察。今まで黒いと思っていたオナガガモの羽根の黒い部分が、角度によっては緑色に見えることにおどろきました。カワラヒワの尾の形、ゴイサギの飾り羽根やカワセミをスコープでじっくり観察。キクイタダキ、ミヤマホオジロ♀もよく見え、確認種は39種でした。

鳥合わせ中
  赤松池でヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ等観察。次にルリビタキ♂が現れた。カワセミ、ゴイサギ観察、ウソを見た人もいた。途中すぐ近くにウグイス、逃げず皆で20分ほど観察(珍)。頭上の松で数羽のキクイタダキ発見。今日は探鳥日和で存分に楽しめました。参加者46人、確認40種。   今朝は快晴に恵まれ、楽しい気持ちで出発。早速赤松池に行くとカモたちがカップルになり北へ帰る準備に忙しそうだ。カワセミのカップル?が飛び交う姿を何度も見る。キクイタダキの群れやルリビタキもいつもの定位置に見え、ツグミ、ジョウビタキなど深山公園の鳥たちも春を満喫しているようでした。楽しい会に参加でき感謝しています。


赤松池でカモ類
  キビタキの声、コゲラがエサを探し飛びまわっていました。カメラマンのレンズの先を見るとオオルリがいました。短い時間でしたが鮮やかな春でした。次はキビタキの姿を見たいと思いました。




キビタキの声を追う

(M.K.さん) (H.M.さん)  (T.Y.さん)  (Y.A.さん) 
5月26日  晴   11月24日  晴 12月22日  曇り
 探鳥会初参加は、たいへん充実した3時間でした。一人では探せない鳥の姿や様々な情報も、会の皆さんの豊富な知識や経験を仰ぎ楽しむことができました。タイズ池で羽繕いするカワセミ、深いエメラルドグリーンの瞳のカワウ。望遠鏡の中に広がる別世界に、驚きと感動です。鳥はこの世で一番神秘的な動物ですね。ぜひまた参加したいです。   この秋、野鳥の会に家内と二人入会させていただき、初めて探鳥会に参加しました。今までバードウォッチングさえしたことがなく、不安いっぱいでしたが、幹事の方々が皆親切、ていねいに教えてくださり、とても楽しく充実した時間となりました。次回は後楽園での探鳥会に参加したいと思っています。よろしくお願いいたします。   気温6℃、曇、降水確率40%でのスタート。リーダーから今日のメインは頭の白いシロハラ、キクイタダキとの話。池のカモ類からキセキレイ、キクイタダキ、ヤマガラ、カワセミ、シロハラと探鳥し、32種類の探鳥会でした。頭の白いシロハラには出会えませんでしたが、雨には降られず無事終了することができました。
(E.K.さん)
(S.Y.さん)  (I.K.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る 
    龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会
2019年 2月10日  晴 4月14日  曇 6月9日  晴 10月13日  晴
  まずエナガのお出迎え、カラヒワ、シメ、シロハラ、ツグミ、アオジ、アオサギ、セキレイ三種等々、寒いなか鳥たちは次々に出てきてくれました。ジョウビタキに見入ったり、珍しいアリスイを見つけた方もいたり、ヨシガモの美しさに時間を忘れたりと、初めて参加された方達とともに、とても楽しく鳥たちを観察することができました。
用水沿いを歩く
  予報では雨でしたが降り出すのは意外に遅かったです。開始早々キビタキの声が響いていましたが姿は見えず。駐車場ではシメやコゲラが、畑ではホオジロやノスリとアマツバメのコラボが見られました。ヤブサメやシジュウカラの声を聞き、林道を歩いていると雨が降り始め中断。その後解散。確認28種と少なかったが充実した1日でした。   今回の探鳥会ではヤマガラやヒヨドリの幼鳥が見られた。実際に観察することで、羽がふわふわしている、色味が薄いといった成鳥との違いを理解することができた。またヤブサメの鳴き声を初めて聞いた。ヤブサメやセンダイムシクイは斜面のヤブの低い位置にいると教えていただいたので、次回から見つける際の参考にしたい。
スタート時の案内
  子供の頃から鳥に興味があり、まだ見たことがない鳥を見てみたいと思い、初めて参加しました。皆さまに親切にしていただき、ヤマガラやハヤブサなど、自分では気づけなかった鳥を見ることができました。ウグイスの地鳴きのように既知の鳥でも知らない鳴き方があったことを知り、さらに興味を持ちました。いろんな方と鳥のお話ができ楽しかったです。
冬鳥を探す
(F.Y.さん)  ( T.Y.さん) (O.M.さん)  (T.N.さん) 
12月8日  晴      
 バードウォッチングに初めて参加。約2時間半、落ち葉を踏みしめ、透き通るような青空を背景に紅葉の色合いに魅せられながら、約30種の野鳥との出会いに恵まれました。アトリ、ヤマガラ、ミヤマホオジロ、シメなど。とにかく、会員の方々の動体視力および聴覚の鋭さには感服。冬の気配を体感しながら、気持ちのよい半日でした。 
(W.M.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る 
   月例探鳥会
2019年 1月21日  晴 2月17日  晴 3月17日 曇晴雨 4月21日  晴
 笠岡湾干拓地 砂川公園  吉備中山  自然保護センター 
  砂川公園は何度か訪れたことがありますが、月例探鳥会は初めてです。集合場所でリーダーから今日確認できそうな鳥について説明がありました。スタートして橋を渡った所で、コゲラ、キクイタダキ、ヤマガラなどをゆっくり観察できました。先に進み、ビンズイ、ミヤマホオジロ、ルリビタキ♀....、♂も見たかったな。アオバト、トラツグミは姿が見えず残念。天候に恵まれ楽しい探鳥ができ大満足の一日でした。
果樹園で観察

  午前中は雨がちの予報にもかかわらず、好天に恵まれ、30人を超える人が参加しました。コースは、神社駐車場―本殿―梅林―細谷川沿い道―吉備古代文化センター―御陵です。下見では不作と心配されていましたが、猛禽類4種を含む27種が観察されました。シメ、アトリ、ツバメ、アオゲラも見られ、香川県から参加した子供も大喜びでした。

上空で何を
  自然保護センターでボランティアをしている関係で、今回初めて探鳥会のリーダーを丸山さん、古田さんと共に務めさせていただきました。汗ばむ陽気の中、見頃を迎えたコバノミツバツツジを両側に見ながらの山歩き。池からはすっかりカモたちの姿が消え、若葉が繁って夏鳥たちの声はすれども姿はなかなか見えず・・・。季節の移り変わりを感じた探鳥会でした。

オオルリを探す
- (F.H.さん)  (H.H.さん)  (M.H.さん) 
5月19日  曇 6月16日  雨 7月15日  晴 8月3日  晴
新庄村毛無山  大山寺・奥大山  ブッポウソウ観察会   ツバメのねぐら入り
 前日から天候が心配されたが、何とか雨は降らずとても良かった。1日目はたき火を囲み参加者の方々と興味深い話を楽しんだ。2日目の早朝の探鳥会では参加者の多くの方が期待していたアカショウビンが美声を披露してくれた。さらにマミジロを近くで観察できた。多くの興味深い話を聞き、たくさんの野鳥に出会えた充実した探鳥会であった。 
焚き火を囲む

 


7月15日
ブッポウソウ観察会
参加者多数 
  フォーラムの次の日に開かれたブッポウソウ観察会。マスコミ報道の効果抜群で、ブッポウソウを観察したいと県外からも多くの参加者があり、集合地点は大混雑でした。集合の場所から振り返ると、子育て中の巣箱周辺でブッポウソウが観察できるのですから、その場で皆さん大興奮でした。参加者117人、受付後に車3台ずつに乗り合わせて8グループに分かれて観察ルートを回りました。
 一周してスタート地点に戻った時には大人も子供も全員が笑顔で、解散後も皆さんナカナカ立ち去りがたい様子でした。私たちの案内でブッポウソウが巣立つ里山「吉備中央町」の環境を体感していただき、ブッポウソウが舞う自然環境の価値を知っていただいたのではないか思っています。
  日没の合図とともに、どこからともなく遥か上空にツバメの群れがわき出てくる。それが徐々に低くなり、次第に辺り一面にツバメだらけ。今夜の寝床を求めヨシ原の上を行き交う様は、大きな黒い波のようで、圧巻でした。今年もこの素晴らしい光景を見ることができ、毎年ねぐら探しに尽力くださっているリーダーさんに感謝です。
 
万を越えるツバメ 
ヨシ原のツバメ 
(S.M.さん)    (W.H.さん)  (M.H.さん) 
9月29日  晴 10月20日  晴 11月17日  晴 12月15日  晴 
貝殻山   恩原高原  百間川 錦海塩田跡地・オリーブ園 
  当初予定の22日は台風接近の予報で、1週間延期になりました。当日も雨の予報でしたが、気持ちよく晴天になってくれました。海上にタカ柱ができたり、山頂北側にタカ柱ができたりで色々な方向に皆で注意を払って観察しました。たくさんの眼があり、米粒位のタカの姿を見つけて双眼鏡で追いかけるのも楽しかったです。

 
強い日差しの山頂 
  コガラやノビタキを十分に観察できたうえ、ゴジュウカラ、ソウシチョウ、オオタカ、アトリの群れにも出会え、充実の探鳥会となりました。その一方で、スズメバチの巣を発見してリーダーの的確な判断で引き返す場面もあり、豊かな自然は危険と隣り合わせであることも実感し、その意味でも、学ぶことの多い探鳥会でした。


コガラやアトリだ

  西日本豪雨で環境が変わり、百間川上流部はカモの数が昨季同様少ない。左岸寄りで進む大規模な樹木伐採の影響も心配されたが、15日に姿を消したヨシガモが今季初めてペアで現れ、今季未確認だったクイナも2羽確認された。10月末から姿を見せるハイタカも近距離からスコープでじっくり見え、担当者としてはホッとしたが、さらに進む樹木伐採の影響が心配される。   集合場所近くではハシビロガモが多く、ついでオナガガモとオオバン、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリなど。海にはウミアイサとカイツブリ3種。 ジョウビタキの雄が時々顔を、その近くにオオジュリンの小さな群れやベニマシコが出る。中央水路を堤防上から見ると、白いツクシガモが目に付く、20羽ぐらいか。他にオカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、ミコアイサなど。ホオジロガモ雌を見つけたが、すぐに潜り見失う。 チュウヒ、ノスリは現れたがとても遠い。
オリーブ園は鳥が少なく、期待のミヤマホオジロは見えず。事前の下見で望み薄なら、塩田跡地に時間をかけた方が良いかと思われる。
(M.K.さん)  (H.H.さん)  (F.K.さん)  (F.K.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る 
 
  定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2018年 1月7日  晴 2月4日  晴 3月4日  晴 4月1日  晴
  三度目の探鳥会への参加で、ずっと実物を見たいと思っていたカワセミとコゲラを見ることができました。美しい羽根の色や愛くるしい姿に心が躍りました。冬の寒さを忘れるほど夢中で鳥を探しました。夏と冬でとではおなじ場所でもこれほど出会える鳥の種類が違うことに驚き、ますます探鳥の楽しさにハマリそうです。
キクイタダキを追う
 
  初めての野鳥の会。私は今まで目だけを使って鳥を探していました。ですが、この会では耳で探すこと大事だということを気づかせてくれました。耳を使うと意外な鳴き声を聞くことができます。たとえばミサゴ。「ミャーン」と鳴きます。かわいい鳴き声を聞けました。これからは目と耳を使ってバードウオッチングにいどみたいです。
 
寒い日でした
  初めて探鳥会に参加しました。スズメのような鳥が望遠鏡を覗くと胸がオレンジだったり、いつも見ていたカモの目の縁が緑色だったりして興奮しました。人が多い所にもモズやジョウビタキがいたのです。会が終わってすぐ、ビンズイという薄緑色の鳥にも会えて(光のかげんで色が変るんですね)、ほんとにステキな1日になりました。    満開の桜の中での久しぶりの後楽園探鳥会。河原では巣作りのための苔をくわえたシジュウカラのペアを観察し、桜並木ではジョウビタキのメスをじっくりと見ることができました。園内はたくさんの観光客で野鳥は少なめだったが、ツグミやシロハラなどの冬鳥もまだ見ることができ春の楽しい探鳥会となりました。
満開の桜のもとで
(T.A.さん) (T.K.さん) (I.H.さん) (K.R.さん)
5月6日  晴 6月3日  晴 7月1日  晴 8月5日  晴
 小学生だった頃早朝の校庭でフクロウに出会いました。以来、また出会いたいと思い続け、長い時間が過ぎました。――今日探鳥会でアオバズクに会えました!自力では見つけられなかった。―― この4月に入会し、今日が4回目の探鳥会参加。これからもたくさんの出会いが楽しみです。
キビタキはどこ?

 福浜公民館の講座「歴史散歩」のメンバーとして参加しました。12人という大勢にもかかわらず双眼鏡を一人一人に貸していただき丁寧に使い方を教えてくださいました。そして日本三名園の庭園の緑と空の青を楽しみながらいろんな鳥との出会いに感動しました。なによりアオバズクが見えたことで今日来てよかったという思いで一杯でした。  観蓮節で多くの人出を予想したが花葉の池の蓮が一輪咲いているだけで、暑さもあってか来園者は少なかった。ゆっくり鳥見ができると思ったが、鳥も少なくアオバズクの全体の姿が見られたのが唯一よかった。旭川は水位が高く中州が隠れていたのでパス。ムクドリ、スズメ、セグロセキレイなどの幼鳥が見られた。確認された鳥は17種類。
アオバズクだ
 
 祖父と共に探鳥会に参加しました。僕は東京に住んでいるので鳥はカラス、スズメ、ハトくらいしか見ることがありません。なので19種類もの鳥が見られてよい機会になりました。特にハクセキレイとアオバズクを望遠鏡できれいに見られ、印象に残りました。夏よりも冬の方がよく見えると聞いたので、冬は弟を連れて来ます。
(Y.T.さん) (N.I.さん) (O.T.さん) (H.M.さん)
9月2日  晴 10月7日  晴 11月4日  晴 12月2日  晴
 少し涼しくなった日曜日、猛暑の疲れか参加者は少なく34名だった。アオバズクは親が確認できたが幼鳥は旅立ったか?サンコウチョウの情報があり見た人もいた。小鳥類は少なくカラスだけがはばを利かせていた。確認された鳥は19種。
馬場で鳥合わせ
  幸い台風が逃げて天気は回復した。アオバズクがいるとの情報があったが、見つけることはできなかった。旭川にサギ類がいない。まだ冬鳥の到来はなく確認された鳥は26種に留まった。

まずは河辺で
 初めて探鳥会に参加させていただきました。会員の皆様が野鳥の鳴き声から同定したり、木陰の中の姿を見つけてくださり、色々な鳥と出会うことができました。一番印象に残ったのはイカルチドリです。街中の河川敷にのびのびと暮らしていて驚きました。スコープでばっちり姿を見せていただき感激しました。ありがとうございました。

まず外苑で
 12月としては暖かく、風もなく絶好の鳥見日和でしたが、後楽園ロータリークラブによる清掃活動とバッティングして人も多く賑やかでした。それでも鳥は32種確認ができ、冬鳥も例年どおり現れよかったです。各地で見られているオオバンが旭川、沢の池で見られなかったのは不思議です。
(O.T.さん) (O.T.さん) (H.Y.さん) (O.T.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
   定例探鳥会 A 後楽園火曜日会 
2018年 1月16日  晴 2月20日  晴 3月20日  曇 4月17日  晴
 初めて探鳥会に参加させていただきました。今回33種類確認され、こんなに多くの野鳥がいることに驚きました。双眼鏡でくっきり見える姿は図鑑では感じられない感動でした。また野鳥にまつわるいろいろなお話も聞くことができ、野鳥の見方も少し変ってきそうです。ほんとに貴重な楽しい時間を過ごすことができました。ご指導、お気づかいありがとうございました。お世話になりました。  しばらく冬籠もりをしていましたが、親友のY夫妻(夫は英国人)に触発され久しぶりのBWでした。千入の森のイカルの群れ、水浴びのセキレイなど好天に恵まれ鳥達も多く、帰る間際にはカワセミ(Kingfisher)まで姿を見せ堪能。Y夫妻もリーダーをはじめ皆様に親切にしていただき、楽しくまた参加したい、とおっしゃっていました。  桜の開花を目前にして冬に逆戻りしたような寒い一日。今年はよく目にするイカルとキクイタダキ。繁殖期のイカルの嘴付け根の青色を確認したかったが姿を見せず残念。キクイタダキは外周で確認。頭頂の黄色見たさにその小さな姿を追うが機敏に梢を動き回り困難。もっと下に降りてきて頭頂のキクを咲かせてと願う。  初めての参加で少し不安もありましたが、親切なご指導をいただき楽しい探鳥会でした。レンズを通して見るアオサギやモズなどのなんと美しく可愛いこと。身近にこんな宝物があったのかと感動しました。会員の皆様の豊富な知識やなごやかな雰囲気にもさすが野鳥を愛する方々だなと思いました。ありがとうございました。
梢の鳥影は?
(N.S.さん) (N.N.さん) (A.J.さん) (H.T.さん)
5月15日  晴 6月19日 曇雨 7月17日  晴 8月21日  晴
 中州の横で40羽ほどのカワウが漁をし一部は中州で羽根を乾かす。そばにダイサギとコサギの群れ。現れたイカルチドリをスコープで初参加の方に見てもらうが、分からないらしくもどかしい。桜並木でエナガの幼鳥に親鳥が給餌。30分以上も頑張ってようやくMさんが見つけたアオバズクをスコープで見る。1mも離れると手前の葉っぱが邪魔で見えない、参加者泣かせのくせ者!
アオバズクは?
 
 梅雨空と相談の探鳥会。土手省略の桜並木はスズメのみ。園内の水路にアオサギ、遠くの枯れ枝で囀るシジュウカラとカワラヒワ。アオバズクは日曜日会と同じ場所で簡単に分かったが、杉葉が邪魔ですっきり見える場所は限られる。芝生でハクセキレイとセグロセキレイの幼鳥。雨に備えて南広場で鳥合わせ。18種類とさびしかった。   猛暑で木陰の恋しい探鳥会。土手省略の桜並木でスズメ、ハシボソガラス、ハクセキレイの幼鳥。沢の池にカワウ1羽。花葉の池のハスは泥をかぶって枯れている。アオバズクは親2羽、ヒナ2羽がいるらしいが30分探しても見つけられず全員ギブアップ。Wさんに教えてもらい池からの曲がり角近くで確認。鳥合わせも二色が岡で済ませて15種類。  昨年より探鳥会に参加させていただいています。役員の方々には根気強く教えていただきほんとうに感謝しています。本日は昨年に引き続きアオバズクを観察できました。幼鳥も元気に育っていました。まもなくそれぞれに旅立って行くのだそうです。鳥たちが無事、目的地にたどり着けることを願うばかりです。

今年はヒナ4羽!
(F.K.さん) (F.K.さん) (F.K.さん) (S.S.さん)
9月18日  晴 10月16日  晴 11月20日  晴 12月18日  晴
 リーダーから過食の説明を受けて移動中の小鳥を探す会を開始。博物館裏に現れたサンコウチョウを探しているとツツドリが飛び去る。二色が岡でコルリとキビタキ。地蔵堂でサンコウチョウとキビタキ。大銀杏横の竹林でサンコウチョウ3羽がサービス。花交の池にメボソムシクイとカワセミ2羽が現れ、井田で捕食中のアオサギを見て終了。  旭川の中洲にイカルチドリの群れとセグロセキレイ。上流対岸近くの中洲にアオサギの群れ。対岸のビルの屋上にイソヒヨドリ。園内に入るとヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロの混群、鶴鳴館前の水路脇にジョウビタキ、花葉の池にカルガモ、花交の池でコガモを観察中にカワセミが出る。慈眼堂裏の高木に現れたオオムシクイを見て終了。  晩秋の澄み切った青空のもと初めての野鳥の会に参加させていただきました。少し遅れたにもかかわらず笑顔で古田さん、山根さん、新野さんが迎えてくださり、さっそく鳥のそれぞれの色、形、飛来の季節を教えていただき美しい色のマガモ、コサギなど一杯メモして楽しい会でした。担当の皆様に心より感謝いたします。これからもどうぞよろしくお願いいたします。  季節風がやや冷たかったが久しぶりに火曜日会に参加しました。旭川の中州にはイカルチドリの群れ25羽以上か、また裸になった川沿いの高木にはカワラヒワ、ツグミ、シメなどをじっくり観察できました。園内はいつもより入園者もまばらで気兼ねなく歩け、上空をミサゴ、ハイタカが舞い鳥の数は少ないながら見飽きる事のない半日でした。
川辺で観察
(F.K.さん) (F.K.さん) (N.C.さん) (O.K.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
   準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
2018年 1月14日  晴 3月11日  晴 5月13日  雨 11月17日  晴
   風のない快晴の冬空の阿部池の探鳥会。写真を撮りながら鳥の名前を教えてもらおうと参加しました。駐車場のあたりにもチョウゲンボウなど、言われないと見つからない鳥が観察できました。ソーラーパネルで半分ふさがった阿部池には氷が張っていて少し小鳥が少なかったが、それでもたくさんの小鳥に出会えました。   初めて探鳥会に参加させていただきました。新参者の私でも、野鳥の会の方々が実物や鳥の絵などを見せてくれながら親切に鳥について説明してくださったので、とても楽しむことができました。渡り鳥や貴重な鳥について教えてもらい、今まで何気なく見ていた景色でしたが、愛着を持って野鳥を見守っていきたいなと思いました。
 
  集合場所から見える駐機場にチョウゲンボウが現れ採餌などしてくれゆっくりと観察できた。阿部池は水位が下がり、水際でタシギ、クサシギ、タカブシギが見られた。三号水門ではベニマシコを見た人もいた。この時期としてはめずらしく暖かい探鳥会でした。

大満足でしたよ
(U.T.さん) (A.S.さん)   (O.T.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
    準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会
2018年 1月28日 曇のち雪 2月25日  晴 3月25日  晴 4月22日  晴
 水が凍っている池もあり、また探鳥の途中で雪が降り出す寒い探鳥会となった。この寒さで鳥の声も少なかったが、いつも声だけのウソの姿を見た人もいた。ルリビタキは餌付け場所に現れ十分に楽しませてくれた。確認された鳥は36種で前年同期よりすこし少なかった。  陽射しが無いためか鳥の気配が少ない。今日のお目当ての鳥はトラツグミとレンジャクである。しかしトラツグミは児童広場でも現れなかった。カワセミが中池、タイズ池でも見られたが、同一個体だろうか?レンジャクは、行き交う写真愛好家から出ているとの情報があり、目当ての場所に行くとキレンジャク、ヒレンジャクが木の実を食べるのに夢中で結構近くでよく見られた。レンジャクは探鳥会としては過去11年間で1回しか見られていないので今回はラッキーでした。確認された鳥は41種でした。  東京の花見情報がTVを賑やかしていたが深山公園の桜はまだ。穏やかな春の陽射しの中、43種の野鳥に出会えた。児童広場横で枯葉の上をゴソゴソしているトラツグミをしっかり観察。キクイタダキやレンジャクも発見。冬鳥とはそろそろお別れかなと思いつつウグイスの囀りに押し寄せる春を感じた。  赤松池にはヒドリガモとヨシガモが残っていました。落ち葉をつつく白化したシロハラは白い頭が印象的でした。さえずりが聞こえたオオルリ、キビタキ、コマドリの姿は確認できませんでしたが新緑の森にはコジュケイをはじめとして多くの鳥の声が響き、夏が確実に近づいているのを感じた探鳥会でした。
キビタキの声が?
(O.T.さん) (O.T.さん) (S.H.さん) (I.K.さん)
5月27日  晴   11月25日  晴 12月23日  晴
  今回の探鳥会では木が茂り、鳥があまり見えませんでした。でもコゲラのヒナが巣から顔をのぞかせていたり、シジュウカラの子供が親を追いかけたりと繁殖期の時期ならではの光景が見られました。キビタキやホトトギス、オオムシクイは、さえずりは聞こえるのですが姿は確認できず残念です。いつか見てみたいです。   前回に続いて2回目の参加です。前回はヤマガラを初見し今回は道すがらの家族連れにヒマワリのタネをわけていただいたところ、手のひらに乗って食べてくれました。間近かで見るヤマガラは頭が大きくて可愛らしく、お腹の茶色は自然に溶け込んだ色味でした。高い松の上方にいたキクイタダキは頭頂部の黄色をチラリ見せてくれました。楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。  人類が鳥に憧れて飛行機の発明に繋がったそうですが、渡り鳥の移動範囲など人間もはるかに及ばない能力で渡りの時期に目で遠くを見分け、羽毛のそれぞれの役割や色の特徴が仲間の大切な目印になっているなど、初めて知り素人会員は感動一杯です。カモ達が水、陸、空仕様で羨ましいですね。鳥についてもっともっと知りたいです。不思議が沢山!
小学生 (K.T.さん) (F.T.さん) (M.Y.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
     龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会
2018年 2月11日  晴 4月8日  晴 6月10日  曇 10月14日  晴
  会員になって初めてだが何度も参加している龍ノ口。晴れたが極寒のためか参加人数は少なめ。いつもの道が通行止めで川沿いを行くと橋のところでヨシガモが近くでじっくり見られ、帰りにはカワセミ、ルリビタキ♀にも会え、寒さに耐えた甲斐のある探鳥会でした。

アトリの他は?
 今回初めて野鳥の会に参加させていただきました。まったくの初心者で不慣れな私に皆様が気さくに声をかけてくれ野鳥のことを色々教えてくれたり望遠鏡を覗かせていただいたりとてもよくしていただきました。貴重なコマドリの声を聞くことができとてもよかったです。また参加させていただきたいと思います。
夏鳥はどこに?
 
 雨が降るかと心配でしたが昼までは持ち、2回目の探鳥会も先輩方の暖かく丁寧な解説でとても楽しい時間でした。駐車場でのキビタキの澄んだ声に始まり、コシアカツバメの変わった巣や口笛のようなサンコウチョウの声、また様々な植物や昆虫の見方も教えていただき出かける楽しさが広がりました。ありがとうございました。  素晴らしい秋空の下、鳥との出会いを楽しみに参加しました。早速にヤマガラやコゲラなどの賑やかな声が聞こえ冬鳥のジョウビタキの姿に皆で喜びました。旭川上空では旋回するミサゴにしばし見とれました。コサメビタキを見た方もいました。私も見たかった!!今回も新しい発見があり楽しい探鳥会でした。

旭川の堤防で
(S.N.さん)  (S.K.さん)  (T.H.さん)  (T.Y.さん) 
12月9日  晴      
  先日の大平山に続き2度目で家内と参加させていただきました。役員の方にはお世話になりました。ベテランの方々と一緒にいますと鳴き声や食性がよく分かります。モミジバフウの種が落ちてくるのを感じて樹上に鳥がいることがわかりますリーダーのお話は感心しました。野鳥観察を通じて自然環境のあり方を学んでゆきたいと思います。これからもよろしくお願いします。
(T.H.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る 
   月例探鳥会  
2018年 1月21日  晴 2月18日  晴 3月18日  曇 4月15日  晴
笠岡湾干拓地  砂川公園 森林研究所  岡山県自然保護センター 
   1月21日、2年ぶりに探鳥会に参加しました。冬でも天気が良く風も無く探鳥会にふさわしい日でした。参加者30数名、探鳥数40数種で、私は30種ほど見ることができました。久しぶりの参加で知人に会えて、また新しい知り人もできよかったです。ご参加の皆様楽しい1日をありがとうございました。   探鳥会には何度か参加したことがありますが、砂川公園は初参加でした。毎回ながら野鳥の会の方々の探鳥力は素晴らしくキクイタダキ、ミサゴ、ルリビタキと次々に見つけてくださり望遠鏡を覗かせていただきました。ミヤマホオジロは初めて見ましたが、大変美しく一番印象に残りました。また次回もっと探鳥力をあげて参加したいです。
ルリビタキ?
  久しぶりに探鳥会へ。当日の最低気温は0度であり開始時間になってもまだ寒かった。26名の参加者があり森林研究所内の多種類の樹木の中にシジュウカラにはじまりイカル、ミヤマホオジロなど留鳥と冬鳥を見ることができました。さえずりの方はまだまだのように聞こえました。確認できた鳥は23種類でした。  ずっと気になっていた野鳥の会の探鳥会にやっと夫婦で参加することができました。初参加は私たちだけだったので始めはベテランの皆様に混じって少し緊張しましたが、詳しい説明をたくさん聞いて学ぶことが多く、あっという間に時間が過ぎました。こんなに楽しく学びになる会なので若い世代にもぜひ興味を持ってほしいなと思いました。今度はぜひともヤマセミの姿が見られるように目を凝らそうと思います!
観察路で
(N.T.さん) (O.S./O.K.さん)  (O.Y.さん)  (Y.M.さん) 
5月15日  晴 6月17日  晴 7月8日 豪雨 8月19日  晴
新庄村毛無山  大山寺/奥大山   吉備中央町 阿部池 
 前日から参加させてもらいました。夜から明け方にかけてジュウイチが周囲を飛びながら鳴いていたりホトトギスやトラツグミ、セグロカッコウの声も遠くから聞こえたり・・・。夢の中のような不思議な感覚がしました。当日も私は鳴き声の確認が主でしたが、初めてアカショウビンやアオバトの声を聞くことができました。 
田浪キャンプ場で
  大山探鳥会に家族3人で参加しました。前日夕方下山キャンプ場に到着。キビタキのお出迎えや、さまざまな鳥の鳴き声にいい気分。夜は火を囲み皆さんと談笑。明け方、近くでアカショウビンの声!夏のジョウビタキとそのさえずりに感動。健康の森ではミソサザイやコガラなどに出会え、家族全員大満足。ありがとうございました。
奥大山健康の森で
 恒例のブッポウソウ観察会でしたが、西日本豪雨のために中止しました。 
  私は毎年自宅車庫にツバメが巣作り&子育てをする様子を楽しみにしています。今回初めて参加したツバメのねぐら入り観察会。夕暮れの美しい空に無数のツバメが現れ、一斉に飛び交う様子はまさに圧巻、壮観でした。こんなすばらしい光景を今まで知らずにいたなんて。野鳥を通じ自然の恩恵も痛感しました。会の方にお世話になり感謝しています。
薄暮でツバメを待つ
 (T.H.さん) (T.M.さん)     (Y.K.さん)
9月23日  曇 10月21日  晴 11月18日  晴 12月16日  晴  
貝殻山  恩原高原  大平山  錦海跡地/オリーブ園 
  暑すぎない天気の中、タカ柱が見られて楽しかったです。ハチクマやサシバも周りの人に教えてもらって少しわかるようになりました。ツバメやトビも至近距離でよく見えました。ありがとうございました。

 サシバ 104
 ノスリ 7
 ハチクマ 3
 ツミ 2

多数の観察者
 最初にアトリが見えました。大群で飛んだり木にとまったりしてきれいでした。オオタカも飛んでいる姿がきれいでうまく写真も撮れました。草で前が見えないような道を歩いている時にノビタキがいて、ススキとのコラボに感動しました。皆さんに親切にしてもらいオオタカの羽根ももらえて嬉しかったです。ありがとうございました。

この先でアトリが
ススキの原で
 ワシタカの渡りの観察には来たことのある大平山ですが、林の中の探鳥会は初めてではないかと思います。鳥は16種しか確認できませんでしたが、天候に恵まれゆっくり探鳥ができました。

ナカナカ鳥が出ない
  10月から太陽光発電商業運転開始。リーダーから追いかけて狩を行うチュウヒは減ったがアオサギなどパネルを利用する鳥もいてその影響も様々との話を聞く。♀のチュウヒをそれぞれの縄張りで確認。カモ類はツクシガモ、ミコアイサなど。牛窓オリーブ園ではあまり鳥の声がしなくて残念。鳥の生態の多様性について改めて感じさせられた探鳥会でした。
(I.T.さん)  (T.K.さん)  (O.K.さん)  (S.H.さん) 
探鳥会だよりトップへ戻る 
 
  定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2017年 1月8日  雨 2月5日  雨 3月5日  晴 4月2日  晴
  私は初めて探鳥会に参加させていただきましたが、何十羽というたくさんの鳥が見られてとても感動しました。ベテランの方は鳥を見つけるのがとても早く、また鳴き声だけで種類がわかったりと驚くことも多く、2時間がアッという間に終ってしまいました。鳥の声や姿に癒され四季の移り変わりも感じることができました。大満足です。
河畔で観察
 今年は桜の開花が遅く後楽園の桜も咲き始めたばかり。この日は穏やかで気持ちのいいお天気でした。鳥たちにとってもそうであったのか、37種とたくさん姿を見せてくれました。旭川の川岸ではツバメがせっせと泥を集め、そばでカモたちがプカプカ。夏鳥と冬鳥両方見られるのもあとわずか、来月にはすっかり入れ替わっているでしょう。
- - (T.S.さん) (M.H.さん)
5月7日  晴 6月4日  晴 7月2日  晴 8月6日  晴
 「どこ?どこ?」「あっ見えた見えた」「かわいい!」とその木の下は大騒ぎ。今日のお目当てのアオバズクが出ました。探し慣れたベテラン会員のおかげで可愛い姿が見えました。新緑の中に胸の縞模様が光っていました。またキビタキの声も聞くことができ嬉しい探鳥会でした。確認された鳥は24種類でした。  今日のお目当てはなんといってもアオバズク。アオバズク見たさに、ほかの行事をキャンセルして久しぶりに後楽園探鳥会へ参加しました。どなたかが二色が岡でアオバズクを発見、思わず歓声が上がり、目が釘づけに。しばしアオバズクを堪能。園内はサツキ、ハナショウブも咲き心なごむ探鳥会で幸せな一日になりました。今日の確認種数は23種類。  スズメにカラスにカワウ、当たり前のように見えている鳥たちがこんなに美しく愛しくみえるなんて!最初に双眼鏡をのぞいた時の感動は忘れられません。そして、望遠鏡越しにこちらを見つめるアオバズクの強い瞳。私たちが見過ごしている場所にたくさんの小さな命があることを知りました。この命とずっと寄り添っていきたいです。  猛暑日の続く岡山後楽園だが参加者は30名と多かった。旭川はまだ水を落としていなくてカワウが集まって狩りのできる水量だった。花火の後のアオバズクは親だろうか1羽確認できた。カワセミが旭川、花葉の池、花交の池の3か所でみられたが同一個体だったろうか、確認種類数は18種で例年並み。熱中症にもならず終われてよかった。 
(I.K.さん) (T.T.さん) (O.Y.さん) -
9月3日  晴 10月1日  晴 11月5日  晴 12月3日  晴
 8月の探鳥会でも会ったアオバズクに今回も会えました。大きな目でかわいいです。池ではカワセミの親子に会いました。池に飛び込んで魚をとっていました。近くで見られてうれしかったです。今回は会えなかったサンショウクイやサンコウチョウも後楽園に来ているそうです。秋にやってくる鳥にこれから会えるのが楽しみです。
 カワセミを見る
 あっそこに!鶴鳴館の庭にそびえる梢の天辺。早速野鳥の会の方が望遠鏡を構えてくれる。レンズを覗くといるいる、羽は黒、お腹が淡い茶色、頭を廻している様子まではっきり。「モズです」と教えてくれる。自力ではとても見つけられない。これからどんな冬鳥に出会えるのか楽しみ。鳴き声も聞き分けられるようになりたいです。
イカルチドリは?
 久しぶりに参加した探鳥会。11月の後楽園は好天に恵まれ気温も次第に上昇し、丹頂遊歩目的の観光客も多数。参加人数45名、確認種29。なかでもカワセミの飛翔は美しかった。またアオバズクが繁殖する樹木と周辺の森の存在は貴重と言わざるを得ないことを再認識すると同時に当園での探鳥会そのものが鳥類保護に寄与していることを感じた。  冒頭の撮影マナーの注意喚起は衝撃的でした。私も写真を撮るので注意しなければと思いました。観察会では珍しいものはでませんでしたが初冬の後楽園を楽しめました。出席率の低い私でも皆さんよく話しかけてくださり感謝しています。ハイタカがどこいるかよく分からなかったのが心残りです。
(M.M.さん) (K.K.さん) (K.M.さん) (F.A.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
  定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2017年 1月18日  晴 2月21日  晴 3月21日  雨 4月18日  晴
 家の近くで出会う鳥の名前を知りたいと思って初めて参加しました。双眼鏡の使い方、鳥の名前、生態など丁寧に教えていただきました。後楽園にあんなに多くの鳥が訪れているとは思いませんでした。家に帰って窓から外を見ているとフェンスにジョウビタキが止まっていました。名前がわかってうれしいです。   後楽園探鳥会に知人のお誘いで初めて参加させていただきました。鳥といえばカラス、スズメくらいしか分からない全くの初心者ですが、当日はリーダー、ベテランの方々のご親切なご指導で、たくさんの小鳥を知り学ぶことができ感動の一日でした。寒い日でしたが、心はぽかぽかで帰宅しました。
リーダーの挨拶から

 雨天中止
 友人に誘われて初めてバードウオッチングに参加しました。普段、何気なく見る鳥たちの名前を知り、声を聴きながら歩く後楽園はいつになく楽しい時間でした。鳥たちにとって街中のオアシスなのですね。カワセミを見たかったのですが、私はこの日は見ることができませんでした。次の楽しみです。まもなく夏、アオバズクにも会いたいです。自然と鳥は人と人もつなぐのですね。ありがとうございました。
(N.K.さん) (N.M.さん) - (T.E.さん)
5月16日  晴 6月20日  晴 7月18日  雨 8月15日  雨
 旭川では上流にいたカワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギが小魚を追って中州までやってきて、目の前で珍しい4種合同の漁を繰り広げてくれた。イカルチドリも珍しく水際の砂地で採餌。園内ではアオバズクを探し出せず、カワセミも姿を見せずバードウイークの参加者は少しがっかりか? アオバズクとカワセミは6月に期待したい。
アオバズクを探す
 梅雨入りしたものの雨が降らず当日も暑い中での探鳥会。アオバズクに会いたくて久しぶりの参加。お目当てのアオバズクやカワセミなど22種の鳥に出会いました。それにしても後楽園の探鳥会は鳥だけでなくいろいろな楽しみもあります。夏椿やアジサイ,花菖蒲、観蓮節を迎えるハスなどの花を見て心身とも癒されました。
 雨天中止
 雨天中止
(F.K.さん) (I.Y.さん) - -
9月19日  晴 10月17日  小雨 11月21日  晴 12月19日  晴
 台風18号の大雨で濁っている旭川で漁をしていたカワウの群が上流へ飛び去り、小さな中州に数羽のイカルチドリとセグロセキレイが残された。古陶館の向かいでヒタキ類を見逃すも二色が岡で渡去前のアオバズクに来年も来てねとご挨拶。鶴鳴館付近で声だけだったカワセミを花菖蒲畑横の水路でゆっくり観察し、梅園にいたらしいサンコウチョウに振られた3ヶ月振りの火曜日会。
ヒタキ類を探す 
 集合時間近くまで小雨が続いたが、20人ほど集まり決行。中州にはカワウの群れ、イカルチドリ、イソシギ、ダイサギ。ショウドウツバメの群れが頭上を通過。松林でコサメビタキなど、花交の池ではコゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロの混群。上空にはハイタカとミサゴ。数日前にいたらしいニャオと鳴く鳥には出会えず。   何がみえるのですか?スコープの中には真っ赤に紅葉した枝に止まるカワセミ。まるで一幅の絵のように美しく鮮やか。「今日のカワセミは一段と美形」の声。水辺の獲物を狙ってダイビングする姿も観察でき、初めての探鳥会は忘れられないものとなりました。それにしても先輩方の鳥を見つける速さに驚き!  すっかり冬の装いの後楽園。園に入ってすぐにカワセミの姿。多くの鳥に出会いながら歩いているとイカルの群れに遭遇。スコープでくちばしの汚れまで見せていただきました。すぐ上空にはハヤブサ。ドバトを狙っていたようで羽がハラハラと降ってきましたが、狩りには失敗したようでした。キクイタダキにも出会え、冬の探鳥を楽しめました。
(F.K.さん) (F.K.さん) (N.K.さん) (M.A.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
  準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
2017年 1月15日  晴 3月12日  晴 5月14日  晴 11月18日  小雨
 雪花も舞う今冬一番の冷え込みで少ない参加者で始まりました。珍しいツリスガラ、トモエガモなどもスコープを覗かせてもらい寒さを忘れて楽しみました。風の影響でオオジュリンは葦の先までは出てこなかったり、チュウヒが低空飛翔、カモ類が風よけに草陰に隠れたりと、いろいろな姿が観察できました。
阿部池で探鳥
  とても久しぶりに、母と参加させていただきました。野鳥の知識はまったくありませんでしたが、見分け方や鳴き声の違いなど詳しく教えていただき、楽しむことができました。間近で見られたジョウビタキが可愛かったです。外出した時鳥の声がすると空を見上げるようになりました。また違う鳥を探しに参加したいと思います。
アリスイを見る
 バードウイークのなか本部からの個人あてメールもあって一般の参加者が半数以上になった。池の西側はフロート式のソーラーパネルの設置が進み、そのパネルの上にアオサギがたたずんでいるのは見たくない景色だった。東側は水面が広がり鳥の数は少ない。オオヨシキリも数は少なかった。確認された種類数は昨年とほぼ同じ29種だった。
木陰ができた探鳥コース
  天気の回復が遅れ時々小雨の降る探鳥会となった。参加者11名でやっと成立。カモは9種類確認できたがマガモが80%を占めていた。ソーラーパネルとヨシ原のわずかな隙間にタシギ、クサシキが見られた。チュヒは現れずハイタカが低空を飛翔した。クイナが道路から土手に上がったのには驚いた。小鳥類が現れず40種の確認となった。
(O.Kさん) (K.Y.さん) (O.T.さん) (O.T.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
  準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会 
2017年 1月22日  晴 2月26日  晴 3月26日  晴 4月23日  晴
 深山公園のたん鳥会に参加しました。ぼくはルリビタキを見たいと思っていました。すると本当に出会えました。青色がきれいで丸っこくてかわいかったです。ほかにもウグイスやジョウビタキ、シロハラ、アトリなどいろいろな鳥がいました。ミサゴもでたけれどぼくは見えませんでした。次のたん鳥会も楽しみです。次はタカが見たいです。    少し春めいてきて鳥を楽しむのによい季節になった。今日の探鳥会の目当てはトラツグミである。水辺の鳥はヨシガモが姿を消しバンが新しく加わった。トラツグミは児童公園の2ヶ所と親水広場にも現れ、児童公園では目の前に出てくれた。カワセミは恋の季節を迎えたのか3〜4羽が飛び交っていた。確認された鳥は41種。   深山公園の探鳥会ではうれしいことが2つありました。まずトラツグミを観察できたことです。地面をたたいて虫を探している様子をしっかり見ることができました。次にルリビタキのオスを初めて見られたことです。図鑑で見てからずっと本物に会いたいと思っていました。この日は38種の鳥を見ることができとても楽しかったです。  カモがほとんどいなくなった赤松池で季節の変化を感じ、霊園に向かって行くと左手の林からキビタキの声が聞こえてきたが、ここでは姿は見られなかった。結局児童広場で、2,3人が姿を確認しただけだった。オオルリについては声も聞かれなかった。コマドリは特定の人が確認しただけだった。天気も良くめぐまれた鳥見日和だったが、なにか盛り上がらない探鳥会だった。確認種数31種。
キビタキを探す
(小学3年 T.K.さん) (O.T.さん) (小学生 K.T.さん) (O.T.さん)
5月28日  晴  11月26日  曇 12月24日  晴
 今回の探鳥会ではエナガやカイツブリ、セグロセキレイの子どもが見られました。特にカイツブリは親鳥が子どもにエサをやる様子を見ることができかわいかったです。また野鳥のさえずりもよく聞こえました。オオルリやコジュケイ、ホトトギスは初めて聞くことができてうれしかったです。いつかその姿を見てみたいです。 -   池にはたくさんのヒドリガモ、オナガガモ。その中に1羽だけいたヨシガモ♂はまだ換羽中で、これからもっと美しくなると教えてもらいました。とても近くで見えたので、別の種類のカモの中にも同様の個体が存在することが分かりました。その他にもカンムリカイツブリやキクイタダキ、シロハラなど計35種確認できました。
キクイタダキは?
 今回小学4年と高校生の娘が希望し、探鳥会へ参加させていただきました。双眼鏡の使い方などもていねいに教えていただきスタート。耳を澄ませ、会の方に教えられた方向を探す。想像していた3倍以上もの鳥たちを観察でき、習性や特徴を知りさらに興味が涌いてきました。冷たい空気でしたが3時間鳥を探して歩いたことがとても有意義でした。また参加させていただきたいです。
(小学生 K.T.さん) - (T.H.さん) (F.A.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
   龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会 
2017年 2月12日  晴 4月9日  晴 6月11日  曇 10月8日  晴
  今回は自然いっぱいの龍ノ口グリーンシャワーの森で鳥を観察しました。特に興味をもったのはルリビタキです。背中の青がとても美しくすごく近くで見ることができました。それから、ミヤマホオジロなどかわいい鳥も見られてよかったです。これからは家の周辺の鳥もよく観察したいです。次の機会にまた探鳥会に参加したいです。
冬鳥を探す
 より多くの鳥が見たかったので探鳥会に参加しました。今日は住宅地ではあまり見かけないアオジやシメなどの鳥や、あまり近くで見たことのないカワラヒワやコシアカツバメ、クサシギなどを間近に感じることができました。今回の探鳥会では33種確認することができました。次の探鳥会にも参加したいです。
木立の上は?
 この日は高校生の参加があるとかで期待していたが学校行事の都合で1名のみの参加となり残念。かわりに小学生以下が5人参加してくれその子たちが良く鳥を知っていて熱心だった。ホトトギスとウグイスの声が終始聞かれ托卵を想像した。ヤマガラ、エナガなど幼鳥も見られた。確認できた鳥は28種類だった。
耳を澄まして探す
 天気はよかったが暑い探鳥会となった。昨年は7種の猛禽を観察したので今年も期待したが4種類しか見られなかった。その代わりに西へ渡るヒヨドリの群れをいくつも見ることができた。珍しくコサメビタキが電線に止まりフライングキャッチをよくしていたので、スズメとの比較でよく観察できた。確認された鳥は30種だった。
(M.M.さん) (中学生 O.Y.さん) (O.T.さん) (O.T.さん)
12月10日  晴
 リーダーから今日のメインの鳥はミヤマホオジロ、アトリ、キクイタダキ、マヒワとのお話がありました。ただ観察できたのはアトリだけでした。そんな中で今まで鳴き声だけで姿を見つけることができていなかったアオゲラを枯れ木の先にしっかりと観察することができ、参加者は大満足でした。確認できた鳥は34種類でした。 - - -
(I.K.さん) - - -
 探鳥会だよりトップへ戻る
  月例探鳥会 
2017年 1月29日  晴 2月19日  晴 3月19日  晴 4月16日  晴
笠岡湾干拓地 岡山市三徳園 総社市砂川公園 姫路市自然観察の森
 月例年一度の私にとって最も近いこの地での探鳥会です。定番のハヤブサ・チョウゲンボウ・チュウヒに色白のノスリにも会えた。59種が確認できました。鳥合わせの場所で犠牲になった鳥の羽を発見、先端が綺麗な緑色の羽でこの子が誰なのか話題になりました。この子のためにも誰なのか確定してやりたいものです。   三徳園の探鳥会に初めて参加しました。ルリビタキとトラツグミを見ることができて大満足でした。やっぱり青い鳥や黄色い鳥がいると盛り上がりますね。上空にハイタカやノスリが飛んでいましたが、見分けるのが難しく勉強していきたいと思います。三徳園は家から近いのでまたルリビタキに会いに行くつもりです。   季節が春へと移り変わってゆく中で冬鳥たちの姿を見つけられるか心配でしたが終わってみると35種類の鳥たちと出会うことができました。園内を歩きだすとすぐに天辺からカワラヒワの声、地上では数羽のアトリとシメが種子をついばんでいました。最後に訪れた大池では飛び去ってゆくキジの後ろ姿だけ見ることができました。また訪ねてみたいです。
よく鳥が見えた
 (公財)日本野鳥の会が管理運営しているフィールドでの探鳥会。レインジャーからルート説明を受けて午前中は観察小屋ルート、午後は山頂ルートを回る。四方からウグイス+全ルートでセンダイムシクイの囀りに包まれ夏鳥飛来を実感したが、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、カワラヒワ、アトリ、メジロなどの他はナカナカ夏鳥には出会えない。オオルリの姿、コマドリの囀りを確認した参加者もいたとか。帰路でニホンジカ(鹿)5頭に遭遇し、囀るセンダイムシクイを何とか全員で観察することができた。参加者30人、確認25種類。
(F.S.さん) (B.A.さん) (M.Y.さん) (W.H.さん)
5月21日  晴 6月18日  晴 7月9日  曇 8月20日  晴
毛無山 大山滝・奥大山 吉備中央町 阿部池
 初めての毛無山。残念ながら前泊とはなりませんでしたが、9時からの探鳥会に参加しました。歩きやすく整備されたセラピーロード。歩き始めてすぐにオオルリが近くで見られたり、アカショウビンが近くで鳴き交わしたり。初めて聞いたアカショウビンの声はすごく特徴があって印象的でした。最後にクマタカの姿も見られて大満足でした。
アカショウビンの声が
 前泊しキャンプから参加しました。星空や焚火を楽しんだ翌日は鳥の声での目覚め。早朝探鳥会ではクロツグミやゴジュウカラも現れました。
 場所を移動し奥大山では後半に現れたアカショウビンに感動。緑の中鮮やかな朱色が映え美しかった。大山滝と奥大山合わせて37種の鳥を確認。晴天に恵まれ楽しい探鳥会でした。
木陰で鳥合わせ

 今にも雨が降りそうな空模様で、昼前には大雨になってしまいましたが、それぞれの観察ポイントで無事ブッポウソウに出会えました。曇り空のためあの美しい羽の色は黒っぽく見えることが多かったものの、光が当たった時には鮮やかな青色と白斑が輝いていました。巣箱の中のライブ映像も見えるようになっており、ヒナの様子も観察できました。かなり大きくなったヒナたちで巣箱はいっぱい、そんな中でも羽をひろげてみたりこれから飛ぶ準備をしている様子が覗え、とても微笑ましかったです。  ツバメのねぐら入りを初めて見学させていただきました。夕暮れの空をツバメの大群が乱舞する光景に息をのみ感動しました。地球は人間だけのものでないのだということを改めて実感しました。この光景を子孫に残してゆくことが大切だと感じています。これからもよろしくお願いします。
薄暮でツバメの大群 
(M.H.さん) (H.K.さん) (T.H.さん) (M.T.さん)
9月24日  晴 10月15日  雨 11月12日  曇 12月17日  晴
貝殻山 石蓮時みんなの森 久米南美しい森 錦海塩田跡地牛窓オリーブ園
 タカのわたり探鳥会に参加するのは2回目でした。貝がら山に着いてすぐにタカ柱を見ることができました。1番感動したのはハヤブサの急降下です。スピードが速くて一しゅんのできごとでしたがとてもかっこよかったです。や鳥についてぼくのしらないことを教えてもらえるのでこれからも探鳥会に参加したいとおもいました。
参加者53人と賑わう 
 雨天中止
 今年初めての冬鳥目当ての探鳥会ということで期待に胸膨らませて参加しました。現地は「森」と称していますが実際は「里山」の風情で、探鳥に加えて晩秋の気配が残る穏やかな風景を楽しむことができました。私にとってビンズイとハイタカを見るのは今回が初めてで、カシラダカやキクイタダキにも出会えて有意義な日曜となりました。
ミヤマホオジロは?
 まっ青な空の下、塩田跡地ではハシビロガモやツクシガモが多数いてゆっくり観察できました。お目当てのチュウヒにも遭遇できました。オリーブ園ではキクイタダキが至近距離に現れて、頭に頂くキクの黄色をチラチラ見せてもらうことができました。冬の晴れの日、鳥たちも気持ちよさそうでした。
鳥合わせ
(T.K.さん) - (T.M.さん) (S.H.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 
  定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2016年 1月3日  晴 2月7日  晴 3月6日  曇 4月3日  曇
 僕は大阪に住んでいますがお正月に岡山のおじいちゃんおばあちゃんの家に帰ってきました。1月3日おじいちゃんに探鳥会へ連れて行ってもらいました。僕は鳥が好きですが、特にフクロウが大好きです。フクロウの中でもコキンメフクロウ、とアメリカワシミミズクが好きです。でも今日フクロウ以外の鳥を見て他の鳥も前よりもっと好きになりました。ルリビタキをあんなに近くで見たことはなくてとてもかわいくて色がきれいでした。夏にはアオバズクがいると聞いたのでまた行きたいです。  後楽園での探鳥会は初めてなので期待を膨らませての参加となりました。当日は少し曇りで寒かったですが、子供から大人まで44人参加されて大盛況でした。途中アトリと出会ったときにリーダーの声かけで皆さん順番に先頭交代しながら観察されていてマナーの良さに感心しました。41種も鳥を確認し後楽園の鳥の多さを感じました。
シメを見る

 昨年は雨で中止になり今年も予報はよくなかったがなんとか降られずにやれた。まだ冬鳥のヒドリガモ、シロハラ、ツグミなどが地上で採餌して渡りに備え体力をつけるのに一生懸命だ。ヒバリの声も聞かれ春到来だ。確認された鳥は36種。

シメの群れが
 わたしは今回で3回目の参加でした。後楽園ではいろいろな種類の鳥がいますが、見分けがつかなかったり双眼鏡でうまくとらえられなかったりすることがよくあります。今回はツグミやジョウビタキなどの冬鳥がいました。特にシロハラは人が近くにいても気にもせず人に慣れていてかわいかったです。次の冬にまた会いたいです。
桜の下で鳥合わせ

小学生(T.R.さん) (O.T.さん) (O.T.さん) (小学生 M.C.さん)
5月1日  晴 6月5日  雨 7月3日  晴 8月7日  晴
  大阪から岡山へ通勤するようになって3年目を迎えました。少し心にゆとりもうまれはじめて後楽園の探鳥会に参加しました。お目当てのアオバズクが数日前からやってきて間近に見ることができ大変感動しました。またリーダーの方から道中に後楽園の歴史について教えていただきこれも忘れられない思い出となりました。          
- 今日の後楽園は和服姿の女性が多く、そうだ観蓮節があったのだと気づいた。梅雨の晴れ間で朝から日差しはきつい。お目当てのアオバズクは2羽全員で見ることができた。幼鳥・若鳥としてササゴイ・スズメ・ハクセキレイ・カワラヒワを見ることができた。なかでも木の梢に止まったカワラヒワの幼鳥はほんとに心細げだった。確認種は21種。  暑さの厳しい8月の後楽園、先月の探鳥会に続き2回目の参加となりました。園内では屋根の下で涼む2羽のカワセミを発見し、また近くを多くのカワラヒワが飛び交っていました。そしてお目当てのアオバズクも2羽観察することができました。またベテランの方にいろいろ教えていただき夏の暑さも忘れるくらいとても満足の会となりました。
延養亭の軒先に
(H.K.さん) - (O.T.さん) (K.R.さん)
9月4日  曇 10月2日  晴 11月6日  晴 12月4日  曇
 サンコウチョウ、サンショウクイなどの夏鳥が渡りの途中で後楽園に立ち寄っているという情報にわくわくしながら久しぶりに探鳥会に参加しました。残念ながら彼らには会えませんでしたが、カワセミが現れ背中の瑠璃色、おなかのオレンジ色に「うわーきれい!」と改めて感動しました。「鳥見」はすばらしい!!18種類を確認。
アオバズクを探す
 今日の探鳥会では予想外のことが2つあった。
その1つはアオバズクが花葉の池の裏で2羽見られたことである。まだ帰れなかったのか心配である。あと1つはハチクマ、サシバ、ノスリの渡りが見られたことである。予想したとおりにならないから、自然は面白い。見られた鳥は30種。
 楽しみにしていたはじめてのバードウオッチングの日、双眼鏡の見方もしらなかった私は反対側のレンズから覗き、みんなで大笑いをしながら会の方に正しい見方を教わりました。最初にスコープの中にイカルチドリを見たこと、ジョウビタキが高い枯れ枝の上に留まっていて青空を背にとても美しく感じられたことなどが心に残っています。

馬場で鳥合わせ
 旭川の水が少ない中にコサギ・オオバン・カモが遊んでいました。河原にイカルチドリが1羽静止。延養亭前ではコガモ数羽が細波をたて、茶庭型灯籠付近ではキセキレイ・ジョウビタキなど間近に見られました。園内の鳥たちは人なれしていて初心者の私にもゆっくり観察することができました。南門遊歩道の木にゴイサギが存在感を示していました。

河原を観察中
(K.N.さん) (O.T.さん) (S.Y.さん) (F.S.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
  定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2016年 1月19日  晴 2月16日  晴 3月15日  晴 4月19日  晴
 昨年から後楽園での探鳥会に参加させていただいております。普段自宅周辺で鳥見しているだけなので探鳥会では毎回初めての鳥との出会いがありとても楽しみにしています。この日もルリビタキに会えるかと期待していたのですが、残念ながらそれは叶わず。でも厳しい寒さの中44種もの鳥たちが姿を見せてくれて大満足でした。  旭川の中州で早速イカルチドリなどが見られ、かわいい姿をゆっくり観察しました。園内ではシメ、ルリビタキ、ツグミ、シロハラ、ゴイサギなど見ましたが、最後にジョウビタキが手の届きそうなほど近くに止まってくれほんとにうれしかったです。鳥の声の聞き分け方や生態など教えてもらいこれから鳥を見るのがますます楽しみになりました。  ツバメを見られる季節になり心弾む探鳥会。
さくらのつぼみも膨らんでいた。少し風が冷たかったが快晴。冬と春を繋ぐ今の季節はジョウビタキ、ツグミ、シロハラなどの冬鳥たちが北帰行に備えての準備中の姿がとても愛らしかった。あと、ひょっこり現れたルリビタキも可愛かった。そしてこれから夏鳥に会えるのも楽しみだ。今日も楽しい探鳥会だった。
  取材のため初めて後楽園の探鳥会に同行しました。下調べはしてきたけれど鳥を見つけてもその名前がすぐに分からない・・・と、終始初心者モード全開で汗顔の至り。ベテラン参加者の方が声をかけてくださり助かりました。森の中で聞いたキビタキの鳴き声は印象的で今でも耳の奥に残っています。
山谷 忠 記
(M.H.さん) (I.K.さん) (T.E.さん) (Y.T.さん)
5月17日  晴 6月21日  晴 7月19日  晴 8月16日  晴
  新緑の美しい5月の後楽園で初めて探鳥会に参加しました。4歳の娘と一緒に望遠鏡を覗かせてもらい、アオバズクのふわふわした羽がはっきり見えてうれしかったです! まさかフクロウが見られるとは思ってもおらず驚きました。カワラヒワのジジジという鳴き声と羽の色あい、キビタキの高い鳴き声も印象的でした。家の周りでもさまざまな鳥のさえずりにあらためて耳をすませています。  新緑も徐々に緑を深め、やや蒸し暑さを感じる今日の探鳥会。木々の葉っぱも茂みを増し、観察はやや困難な様子、それに何時もの鳴き声も何かひっそりとした感じでのスタート。そんな中、今日の目玉はアオバズク、足早に何時もの営巣場所に移動して周囲を懸命に探す。しばらくして、木々の隙間からやっとスコープで捕らえてもらい、順次愛くるしいアオバズクを確認して皆さん大満足。通りがかった遠来の観光客も、初めてアオバズクを見ましたと感激されてました。
 この時期、鳥達は囀りも動きも少ないため、確認数は少なめでしたが、初夏を感じる探鳥会でした。
 友達に誘ってもらいはじめて探鳥会に参加しました。まず目にしたのはハシブトガラスの子育て。木の枝の上で2羽の子に餌を食べさせているのがほほえましくてカラスへ印象が少し変わりました。アオバズクの姿を見られず残念でしたがカワセミ、シジュウカラなど私は8種類を確認でき友と次回も一緒に参加することを約束しました。  立秋を過ぎてなおの炎暑の中、友人と2人で初めての参加でした。ご丁寧なご指導に感謝しながら子育て中のアオバズク一家をじっくりと観察。その愛らしい表情としぐさに見入りました。野鳥の閑散期ではありましたが、池の浮島にササゴイ、青葉の茂る桜にはヤマガラ、シジュウカラ。みんなで20種類を確認いたしました。
(I.M.さん) (Y.A.さん) (K.N.さん) (S.M.さん)
9月20日  雨 10月18日  晴 11月15日  晴 12月20日  晴

 朝夕の涼しさが秋の季節を感じさせる後楽園、夏鳥たちは既に去り、冬鳥達は未だ出揃っていないこの時期、園内は少し寂しい感じ、それでも熱心な皆さんの目で、例年並みの元気な鳥達を確認することが出来ました。愛くるしいジョウビタキも確認でき、これから多くの冬鳥の到来を期待させてくれる会となりました。  久びさの後楽園、数名の方からの声に元気をもらう。晴れ、気温20度前後の申し分ない鳥見日和。花葉の池ではキセキレイに双眼鏡が集中。ゴイサギにご挨拶後藤棚を出ると、あたいも見てよ!とジョウビタキ。沢の池のコガモたちはまだエクリプスが残る。色づいた紅葉のもと鳥合わせは32種は平年並み。心安らぐ探鳥会でした。
延養亭の前で

 久しぶりの探鳥会参加でした。鳥たちは木々の間を元気に飛び交っていました。カワセミの姿を観察できました。園内ではコガモが小さい川でエサ探しにいそがしそうでした。松の枝にモズが止まり周囲を監視している姿、それを下からみているカラスとの対峙にユーモアを感じました。2017年のカレンダーありがとうございました。
- (Y.A.さん) (Y.A.さん) (T.S.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
  準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
2016年 1月10日  晴 3月13日  晴 5月8日  晴 11月20日  曇
 娘に誘われて2回目の探鳥会だった。印象に残ったのは、電線にドーンと止まっているコサギ、立派なとさか?のタゲリ、目の前でかわいく舞ってくれたエナガ、魚をくわえてゆうゆうと飛んでいるミサゴなど。1月にしては暖かな日差しの下ゆったりとした時間が流れ楽しい日曜日となった。親切に教えてくださった会の方に感謝です。  里山に住んでいるためウグイスの声は毎日聞くことができます。しかし今日は生まれて初めてウグイスの姿をそれも鳴いている姿を間近に見ることができました。しかもその姿をカメラに収めることができ感激しました。タゲリ、ミコアイサ、オオジュリンなど図鑑の中だけの鳥たちにも会うことができました。
河津桜は満開
  晴れてかなり温度が上がるという予報でしたが行ってみると爽やかな風が気持ちのいい朝でした。仲の良い女子中学生から私も含まれる高齢者までの老若男女30人ほどが集合。印象的だったのはミサゴが捕まえた魚をトビが奪おうとする空中バトル。トビが諦めて飛び去った時ミサゴの白い胸がなんだか誇らしげでした。
 深い霧の中、今日は「空港祭り」もあり大変な人と車。しかし小鳥たちは姿を見せてくれました。「ノスリ」がなぜノスリなのか詳しく説明してくださる。「阿部池」がそのうち太陽光発電で埋まるらしい。生活の中から自然がだんだん遠くに追いやられるような気がして淋しいですね。
土手沿いをゆっくり
(T.H.さん) (A.M.さん) (N.H.さん) (T.K.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
  準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会 
2016年 1月24日  晴 2月28日  晴 3月27日  晴 4月24日  晴
 はじめの池ではヨシガモを見ました。きれいな緑色に心がうたれました。次にトラツグミが心に残りました。初めは小さいと思っていましたがハトくらい大きかったです。最後に心に残ったのはルリビタキです。前の方の人は見えなかったけれどルリ色できれいでした。今回はたくさんの種類の鳥が見られて楽しかったです。
 今回初めて探鳥会に参加しました。野鳥の会の方や参加されている方にいろいろ教えていただき沢山の鳥を見ることができました。トラツグミやきれいな色のミヤマホオジロやカワセミなどが間近で見られて大変うれしかったです。教えていただいたことを覚えてまた参加したいと思いました。ありがとうございました。
参加者50人と大盛況
 赤松池ではカモがすくなくなりオナガガモの減ったのが目立った。桜は後楽園では開花したようだが深山公園ではまだである。鳥は繁殖準備に入っているのか巣材の猫の毛(?)を口いっぱいくわえたシジュウカラや自分の体の3倍以上の長さの竹の枝をつかんで飛んでいるミサゴが見られ驚いた。   雨上がりの新緑が目に飛び込んでくる。そして木々の間からオオルリ、キビタキの声が聞こえてくる。赤松池のカモも野生にもどりほとんどいなくなった。シロハラ、ツグミはまだ残っているがまもなくいなくなるだろう。声を頼りにオオルリ、キビタキを探すがよく動きよく見ることができなかったが、最後に梢に止まっているオオルリをゆっくり見ることができた。確認された鳥28種。      
(K.A.さん) (I.A.さん) (O.T.さん) (O.T.さん)
5月22日  晴  11月27日  雨 12月25日  晴
  昨年末から探鳥会に参加させていただいています。深山公園での探鳥会では前回に続き今年生まれた幼鳥があちこちで見られました。幼鳥は親よりも色も薄く模様もあいまいで見た目も幼く可愛かったです。またセンダイムシクイやキビタキの声も聞くことができました。確認された鳥は23種類でした。
東谷加代 記
-
 晴天で風もなく穏やかな探鳥会。集合場所へエナガ・・・コゲラなどの混群が挨拶に!赤松池にはオナガガモなどがにぎやかに!園内のコースを進むとゴイサギ親子、アトリの採餌、上空ではハイタカの旋回など。アオジ、キクイタダキにも会えた。リーダーさん達のおかげで久しぶりの鳥友さんたちと楽しいひと時に感謝です。参加者32人。37種を確認。
冬鳥を探す
(H.K.さん) - - (U.A.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
   龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会 
2016年 2月14日  曇 4月10日  晴 6月12日  曇 10月9日  晴
 夜中に前線が通過した後天気が回復している日曜日の探鳥会。集合場所近くの広場でルリビタキの♂が現れゆっくりと青い鳥を見ることができた。林に入るとシジュウカラ、カワラヒワのさえずりが聞こえ、春が近いことが感じられた。春一番の強い風が吹いた日だったが探鳥ルートではあまり感じられず小鳥たちも現れて確認できた鳥は30種になった。   集合地で嘴が鉛色になったシメに迎えられて始まった今回の探鳥会。森に向かう途中の畑ではセグロセキレイの親子の食餌を微笑ましく眺めました。森に入るとさえずりながら枝の間を飛びわたるウグイスとメジロの姿を見ることができて大感激!春の訪れを実感した一日でした。参加者の皆さまありがとうございました。  龍ノ口グリーンシャワーの森の探鳥会にはじめて参加しました。福祉施設の建物に営巣しているコシアカツバメをまず見つけて説明してもらって撮影することができました。参加していた小学生が「撮れた?」と言ってきたので画像を見せて確認しました。ヒヨドリ、セグロセキレイ、コゲラなど21種の鳥と出会うことができました。
夏鳥を探す参加者
 昨夜の雨も上がりかなり期待して参加しました。まず最初に目に飛び込んできたのは隊列を組んで泳ぐ愛らしいカルガモの赤ちゃん。うわ・・テレビと一緒だわ!幸先もよくテンションも上がります。しばらく進みコゲラを発見(してもらった)、一心不乱に木をつつく姿に感動。土手ではミサゴを観察。カッコイイ・・・。おしゃべりも楽しい一日でした。
(O.T.さん) (T.T.さん) (S.T.さん) (M.H.さん)
12月11日  晴
 龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会に初めて参加しました。着いてすぐのところにツグミやシメがいました。またルリビタキを望遠鏡で見せてもらいました。メスでやさしい色で初めて見たのでうれしかったです。ほかにもハヤブサが飛んでいると教えてもらったり、たくさんの野鳥を確認できました。 - - -
(中学生H.K.さん) - - -
 探鳥会だよりトップへ戻る
  月例探鳥会 
2016年 1月17日  曇 2月21日  晴 3月20日  晴 4月17日  晴
笠岡湾干拓地 里庄美しい森 国立吉備青少年の家 理大植物園
 初めて笠岡の探鳥会に参加しました。チョウゲンボウのホバリング、タゲリを初めて見ました。今までは猛禽類やカワセミなどの派手な鳥にばかり目を取られていましたが、カモの種類の多さ、違いを教えてもらえてカモの魅力を少し知ることができました。天気は曇りで寒かったですがとても楽しかったです。ありがとうございました。
観察小屋で鳥合わせ
 国道2号線から山道に入ると車が少なく不安になったが駐車場には大勢の人が集まっていてホオジロもさえずっていた。しかし「美しい森」の中では鳥が少なかった。池には水鳥の姿がなくイノシシが土を掘った跡もない。それでも最後にキクイタダキやエナガが私たちを楽しませてくれた。春の訪れを感じる雨上がりの一日だった。  「寒っ!」高原の空気はまだ冷たい。防寒着を玄関に置いてきたことを後悔した。転んだら大変と足元に注意しながら遊歩道を歩き始めて間もなく「タカが?」の声に上空を見上げた。冬木立のポカンと抜けた青い空の色の中を旋回している。凛々しい姿が脳裏に焼きついた。自然の中で遊んでいる幸せを実感した。鳥合わせで「ハイタカ」と教えていただきました。
林の中を散策
  岡山に越してきて1年と少し、自然豊かな環境で野鳥に興味を持ち今回で探鳥会は3回目の参加でした。「サギ」「カラス」くらいしか認識できなかった私も野鳥の会の皆様に教えていただきながら徐々に鳥の種類を覚えていきます。今回のお気に入りは「ゴイサギ」です。羽づくろいしている姿がとってもかわいかったです。

緑の中での探鳥
(K.Y.さん) (S.K.さん) (T.S.さん) (C.N.さん)
5月14〜15日 晴 6月19日 雨 7月10日 晴 8月21日 晴
新庄村毛無山 大山滝/鏡ヶ成 ブッポウソウ観察会 ツバメのねぐら入り
  前泊の夜、初めてセグロカッコウの鳴き声を聞く機会に恵まれました。翌朝のゆりかごの小径の探鳥会では野鳥と樹木の関係を教わり、野鳥たちの生活を想像しながら美しい緑の中を歩きました。野鳥の会へ入会前、一人新見の林で鳴き声だけを頼りに途方に暮れたサンコウチョウ探し。今年は姿も目にできたらいいなと思いました。
夕刻のキャンプ場
 探鳥会は中止になりましたが、鳥取県琴浦町一向平キャンプ場に6月18日(土)前泊した
グループ18名の観察記録を掲載します。
キジバト・アオバト・ホトトギス・カッコウ・アカショウビン・コゲラ・オオアカゲラ・アカゲラ・サンショウクイ・カケス・ハシボソガラス・ヤマガラ・シジュウカラ・ツバメ・イワツバメ・ヒヨドリ・ウグイス・エナガ・ゴジュウカラ・ミソサザイ・トラツグミ・クロツグミ・キビタキ・オオルリ・スズメ・キセキレイ・ハクセキレイ・カワラヒワ・イカル 計29種
 円城道の駅に集まった参加者は車3台ずつに別れ観察ルートを回った。私たちのグループは途中6か所ほどで、スコープでブッポウソウを観察でき、また巣箱周辺を華麗に飛ぶ姿を自分の双眼鏡で捉えて堪能できた。2日前の大雨でひもじかったヒナたちの食欲が旺盛なのか、この日は採餌が活発で観察には良かったようだ。

巣箱近くで観察
 残暑が厳しい夏の終わりに今年も参加してきました。夏の太陽の力、沈む夕日の見事さに心打たれる中、空が暗くなるにつれ、どこからともなくツバメたちが集まり始めました。上空を舞い、葦原の上すれすれを渦巻くように飛び、そして私たちの頭上をかすめるように通過し葦原へ急降下するツバメたちに感動しました。黒い流れ星のようで何度見ても神秘的です。
暮れるのを待つ
(I.A.さん) (W.H.さん) (K.Y.さん) (T.E.さん)
9月25日 曇一時雨 10月16日  晴 11月13日  晴 12月18日  晴
タカの渡り観察会 半田山探鳥会 長船美しい森 錦海塩田跡地オリーブ園
 予報を確認して集まった参加者51名。エビビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキなどを楽しみながら渡りを待つが飛ばない。曇り空だが見通しは悪くない、昨日の近畿各地の確認実績も念頭に13:30頃まで粘ったが、屋島方向のハチクマ2羽だけだった。
貝殻山で待つ
 半田山は岡山理科大学から登ることができ身近な場所での探鳥会でした。遅い渡りのタカの観察会でしたがハヤブサやノスリなどの渡りが見られました。半田山でいろんな種のタカの渡りが見られるとは思っていなかったので驚きました。タカの渡りは迫力がありかっこよかったです。

山の北側で観察
 今回の探鳥地は美しい森シリーズの中で初めて訪れる長船の森でした。入り口では見事に金色の葉になった大木が出迎えてくれました。歩き始めるとジョウビタキの♀が視界の中を飛び回ります。♂も現れました。入口に鍵のある北側の森ではシロハラの声、ツグミの姿が確認され、ツグミは今冬初認の方が多いようでした。人が入っていないためか、イノシシの痕跡が多くあり、捕獲の檻も設置されていました。
暖かく気持ちの良い日でバーベキューをしているグループに交じり昼食を食べました。確認された鳥は23種でした。
 初めて野鳥の会の探鳥会へ参加させていただきました。快晴の錦海塩田跡地から牛窓オリーブ園を巡りましたが、見たことのないホオジロガモなど52種類もの野鳥類を観察かつ丁寧に解説していただき、あっというまの150分でした。本当にありがとうございました。また参加させていただきます。

塩田跡地で観察
(W.H.さん) (M.N.さん) (O.T.さん) (Y.T.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 
   定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会
2015年 1月4日  晴 2月1日  晴 3月1日  雨 4月5日  曇
 ぼくはバードウオッチン グに参加して良かったなと思います。後楽園の外でめずらしい鳥を見つけられました。「目がいいね」と言われました。少し照れました。後楽園の中ではオシド リのペアーをしかも近距離で見られました。これはとてもめずらしくベテランでも見たことがないと言うほどでした。運もあり今年もいい年になるなと思いまし た。
梢の小鳥を探す参加者
 予定の行事が中止になり すぐにコートを着込んでバスを乗り継いでひさびさの後楽園だった。倉敷の中学生数人も参加され賑やかに48名集まった。晴天の中、会が始まる前からシメ、 イカルが見られた。旭川にはカモが少なくカイツブリの群れが浮いていた。園内へ入るとカワセミ、ルリビタキに続き、楽しみにしていたオシドリのペアーも見 られてほんとに嬉しかった。そして見られる鳥が次々と増し本日の確認は43種となりこれからの探鳥会も楽しみになった。
 
 始まる前の激しい雨があ がり、12名の参加者で探鳥会がはじまった。冬鳥のカモはまだ3種類が残っている。シロハラ、ツグミはせっせと地上で採餌をしている。ツグミはずいぶん 太っている。カラス、スズメの巣材運びが見られた。満開の桜は雨で散り地上や水面がピンク色に染まっている。確認された鳥は28種類。
(H.U.さん) (N.N.さん) () (O.T.さん)
5月3日  晴 6月7日  晴 7月5日  晴 8月2日  晴
 行楽客で賑わうなか探鳥 会も多く参加者がいらっしゃいました。川原の砂地ではハクセキレイやイカルチドリが素早く歩き回っており、皆さんで「あそこにいるよ」と声を掛け合いなが ら観察できとても楽しかったです。この日はまだアオバズクを観察できませんでしたが、春から夏へと季節の変化を感じられる探鳥会でした。  岡山勤務のころに後楽園 探鳥会で見たアオバズクをまた見たくなり、5年ぶりに東京から参加しました。しかし残念ながらアオバズクは姿を見せず・・・・。それでもササゴイやダイサ ギ、カワラヒワ、東京ではなかなか見られないセグロセキレイに再会でき、また岡山県支部の温かい方々に囲まれて懐かしく楽しい旅行になりました。
参加者48人と盛会
 見えました!アオバズ ク。まんまるの大きな目をほそめたり、首をすくめたり、小首をかしげたり・・・。なんて可愛いのでしょう。初めて参加させていただいたのですが、鳥の習性 から見分け方まで皆さんとても丁寧に教えて下さり勉強になりました。双眼鏡をのぞくのってほんとに楽しいですね。新しい世界が広がりました。

アオバズクが見えた
 連日の猛暑日で人間は ぐったりですが、アオバズクが気になり参加しました。旭川ではなぜかカワウの数が多くめずらしく群れで魚を取るようすが見られました。アオバズクは花火で 場所を移動したのか見ることができませんでした。残念。スズメが目立ち、カワセミ、シジュウカラの幼鳥が見られた暑い探鳥会でした。確認された鳥は16種 でした。
(I.N.さん) (S.A.さん) (M.H.さん) (O.T.さん)
9月6日  雨 10月4日  晴 11月1日  晴 12月6日  晴
 
 快晴で気持ちの良い日曜日、今日はタンチョウをとばすとかでカメラマンが多い。旭川は水をおとし中州があらわれ、久しぶりにイソシギが見られた。園内花交の池の木立の梢で2、3羽のコサメビタキがフライングキャッチを続けていてよく見られた。確認された鳥は26種だった。
コサメビタキを追う
 探鳥会に参加するのは初めてでした。野鳥の会の方や参加者の方にサマザマナ知識を教えていただき知識がいっそう深まりました。特にスコープで見たい鳥にピントを合わせて見せていただいたことがとてもわかりやすく勉強になりました。カワセミやジョウビタキやアトリが見られたのがうれしかったです。また行きたいです。  探鳥会も5回目の参加になりました。だんだん鳥を見つけられるようになり楽しさが増しているところです。寒い朝でしたがエナガ、シジュウカラ、ジョウビタキといった小鳥たちは羽毛が暖かそうにプクプクして愛らしく時間が経つのを忘れてしまいます。これからも参加を続けて鳥たちに会いたいと思います。
() (O.T.さん) (T.S.さん U.N.さん) (B.A.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
   定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2015年 1月20日  晴 2月17日  晴 3月17日  晴 4月21日  晴
 園内に入る前からイソヒ ヨドリが見え、旭川の中州のチドリ、岸のイソシギなどスコープで覗かせてもらいました。園内ではイカルがシイの実を食べる様子を見せてくれ、花葉の池では オシドリのつがいも観察、その後かわいいルリビタキのメスもじっくり観察しました。ミサゴも空を舞い40種以上もの鳥が見られ大満足の半日でした。

カラフトワシ情報?
 初めて探鳥会に参加しま した。これまで庭や散歩の途中で見かける鳥を自分で観察したり調べたりしていましたが、今回いろいろ教えていただいて大変参考になりました。またカワセ ミ、イカル、オシドリなどたくさんの鳥を見ることができ幸せでした。また参加したいと思います。ありがとうございました。  初めてバードウオッチン グに参加しました。ミサゴ、ビンズイ、ジョウビタキなどなど私は18種類の鳥たちと会えました。一番印象に残ったのはイカルです。たくさんのイカルが木に 止まり鳴いてくれました。ルッル、ルルル、ルーとウグイスにも負けないきれいな声でした。もうイカルの声はわかると思うのですが・・・  小鳥の好きな私は後楽園 で探鳥会があることを知り早速申し込み参加しました。小林様の案内と説明で50名あまりの皆さんと沢の池の島にいたアオサギを双眼鏡で観察したり、写真に 撮ったりしました。鶯の声が樹間で爽やかに響き、オオルリが枝を飛び交い感動しました。とても楽しい探鳥会でした。
夏鳥を探す参加者たち
(I.K.さん) (K.H.さん) (K.T.さん) (M.T.さん)
5月19日  晴 6月16日  雨 7月21日  晴 8月18日  晴
 天気回復・夏日予想の 中、夏鳥期待の参加者40数人。河原でカワウの群れ、アオサギ、イカルチドリを見ていると、蓬莱橋の親柱の上に留まったイソヒヨドリ ♂若鳥を全員で確認。桜並木からコゲラやシジュウカラの鳴き声や動きが目立つ。青空をバックにカワラヒワ・コゲラをしっかり見て園内へ。青空と木々の緑が 映え快いが、鳥影は少ない。営巣地周辺、全員が目を凝らしてアオバズクを探す。先頭が諦めて少し進んだ時、誰かが「居た!」と。遠くはないが木々と葉影に 隠れた中で、アオバズクの縦縞の腹、別角度から頭と、なんとか全員で存在を確認できた。松林では営巣を始めたササゴイが急がしかった。確認23種。
残念ながら、
 雨のため探鳥会中止
 定刻には30人集まったが、急激に雨雲が近づく恐れがあるとのリーダー判断で探鳥会は中止、自由探鳥ということになった。目指すのは皆同じ、曇空が幸いしてか?直ぐにMさんがアオバズク1羽を発見、参加者全員から感嘆と笑顔がこぼれた。今年も大賀ハスが素晴らしい。
 
(支部Facebookより)  
 梅雨明け宣言もあり朝か ら真夏の強い日差しが照りつける探鳥会でした。この暑さの中私たちが見える小鳥たちは少ない時期ですが今日のお目当てはアオバズク。事前の情報では見られ ないかもと心配でしたが、いつもの場所で親と巣だちヒナともにじっくり観察することができました。鳥合わせで16種でしたが、暑い中十分に楽しませてくれ ました。  前日の暴風雨で散り乱れ た葉を集める機械の音が鳴り響く中、探鳥会は始まった。先を行く列が止まり、「アオバズクがいるよ。」と声がする。指差す方向を見るが、まだ慣れていない せいかなかなか探し当てることができない。それを見た周りの方たちが木の幹や枝の位置を頼りに何度も教えてくださり時間はかかったがアオバズクの壮美な姿 を見ることができた。苦心したぶん喜びもひとしおであった。
(W.H.さん) () (Y.A.さん) (K.M.さん)
9月15日  晴 10月20日  晴 11月17日 曇り後雨 12月15日  晴
 今年の8友人に誘われて はじめて「後楽園探鳥会」に参加した。今回で三回目である。美しいカワセミの姿をとらえゆっくりと観察できたことは感激であった。ベテランの方たちが木の 繁みでかすかに動く鳥の気配も見逃さず指差されるのには驚いた。これからも双眼鏡を片手に後楽園の鳥たちに会いにゆきたいと思っている。
 
カワセミを見る参加者
 小林リーダーから季節の進行が速いため移動中の旅鳥、渡去前の夏鳥、渡来した冬鳥が出る可能性を聞いてスタート。その予想通り旅鳥エゾビタキ、夏鳥オオムシクイ、キクイタダキ、冬鳥ジョウビタキ、カシラダカ、岡山では冬鳥にあたるシメが出た。カシラダカとミヤマホオジロの雌同士、エゾビタキ成若などを識別できるとより面白そうだ。  初めて後楽園探鳥会に参加しました。前半はどうにか天気も持ってくれさまざまな留鳥、漂鳥、冬鳥たちに出会いました。雨が降り出す前の水辺にいる鳥たちの表情、しぐさを観ることができ貴重でした。初めて出会ったキクイタダキなど動く鳥は双眼鏡で探すのが大変でした。後半は雨が本格的になり雨宿りでの人との触れ合いも温かくまたぜひ参加したいです。
 
キクイタダキを探す
 里山ウオーキングから野鳥に興味を持ち今回友人と初参加です。河川敷では美しいイカルの囀りも聞くことができました。都市公園でこれだけの野鳥に会えることに驚きましたが熱心に解説してくださる野鳥を愛する方々の姿に心を打たれました。これからも双眼鏡を片手に野山を歩いてみたいと思います。
(T.T.さん) (F.K.さん) (匿名さん) (O.A.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
   準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
2015年 1月11日  晴 3月8日  晴 5月10日  晴 11月7日  晴
 集合時は風もなく晴天に 恵まれヨシ原でオオジュリン、チュウヒの飛翔にも会えた。水面でマガモ千羽以上のほかホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサなどなど。草原ではタゲリの 雄姿も堪能。ミサゴは青空の中何度も飛んでいるが・・・。ベニマシコ♂にも会え39種を確認。リーダーさん参加者の皆さんに感謝。
野鳥の楽園でした!
 阿部池には何度か訪れた ことがありますが、飛行場側からの観察でした。本探鳥会ではゴルフ場側から観察することができ、ふだんとは違った角度から 阿部池の鳥たちの姿を見ること ができました。また、いままであまり興味のなかった猛禽類でしたが、皆様に阿部池にはさまざまな猛禽類が飛んでいることを教えていただき、たいへん勉強に なりました。  青空の中での探鳥会。本 日のお目当てはオオヨシキリ。まずはヨシ原へ。幸いにもケケチ・・・とさえずるオオヨシキリを間近で見られました。私は初めてセッカにも会えました。リー ダーから草むらにセッカがいるよ!との声にあわてて双眼鏡を覗くと尾先が白い可愛いい小鳥を確認。滅多に姿は見えぬとうかがい大感激。皆様ありがとうござ いました。なおクロハラアジサシ、タカブシギを見た人もいて確認種数は26種でした。  おかやまマラソンの予想外の交通規制で予定変更したため心配した参加者もほぼ例年とおりでほっとしました。集合場所から見えたツグミは今季の初認。ヨシ原でオオジュリンを見た後、長い土手道の途中で、マガモ、オナガガモの中にセイタカシギを発見。帰り道でもまだ同じ場所にいたのでゆっくり見ることができました。
(U.A.さん) (W.H.さん) (K.S.さん) (K.Y.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
   準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会 
2015年 1月25日  晴 2月22日  晴 3月22日  晴 4月26日  晴
  1月末にしては暖かく 風もない探鳥日和。昨年より4種類多い39種を確認できました。深山公園の探鳥会に参加して1年。そのたびに新たな発見がありワクワクです。前回はカワセ ミとミヤマホオジロ。今回はルリビタキを撮ることができました。メスでしたが尻尾の青が印象的でした。次はまだ声だけのウグイスを撮れたらと思います。
ビンズイを探す
 前夜からの雨もどうにか 上がったのでほっとしました。天候のせいか人が少なく静かな公園はいつもより多くの野鳥を確認できました。一人ではなかなか見つけられない鳥も皆さんのお かげで見ることができ、またその生態などが解るのも嬉しい限りです。なかでも今日間近で見たウソの色鮮やかな赤色に魅了されました。お世話になりました。  初めて参加しました。赤 松池ではオナガガモはすでに旅立ち、ヒドリガモとヨシガモ・マガモ・カルガモが数羽、バンが岸で餌をついばんでいました。親水広場では渡ってきたばかりの ツバメが風を切って飛んでいました。また遠くでしたが上空ではチョウゲンボウが見事なホバリングを見せてくれました。春の心地よい日差しの中楽しみまし た。  ぼくがはじめて見た鳥は、よそうより大きかったり小さかったりして、さんかしてとてもよかったです。はじめて見たのはエナガとヤマガラとキビタキです。つぎは、もっといろんなしゅるいの鳥が見たいです。また学校が休みの日に来たいです。
(M.K.さん) (U.K.さん) (F.S.さん) 小学3年生(T.M.君)
5月24日  晴 - 11月22日  曇 12月27日  晴
 集合場所でホトトギスと キビタキの声がよく聞こえていた。いよいよ夏鳥の季節になった。イベントハウスの天井ではツバメが抱卵、育雛中だった。林ではコゲラの幼鳥が見られ、親水 広場ではスズメの幼鳥の落鳥があった。無事に育つのも大変だ。見られた鳥の種類はカモがまったくいなくなったため25種だった。  -  深山公園の探鳥会のシーズンが始まった。今日は全体に鳥の声も少なく静かな探鳥会になった。赤松池には昨年と同様ヨシガモが入っている。木の梢ではキクイタダキ、ヒガラ、エナガ、シジュウカラなど飛び交っているが見ていると首が痛くなる。ヤマガラは餌をねだって手のひらにとまる。園内の紅葉は落葉していた。確認された鳥は30種で昨年より5種少ない。
赤松池で
 初参加でとても楽しい時間でした。鳥たちの鳴き声や姿に心がなごんだのは言うまでもありません。自然環境をこれ以上悪くしないということを幼児にもしっかり伝えたいと思います。深山公園が近くにあるということはうれしいことで四季を通し花以外に鳥たちの楽園であることを再認識しました。いつまでも平和な自然が保たれ続くように祈ります。
(O.T.さん) () (O.T.さん) (M.Y.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
    龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会
2015年 2月8日  晴 4月12日  晴 6月14日  晴 10月11日  晴
 岡山での探鳥会は2回目 です。今回は30種の鳥が確認できました。なかでもトラツグミやタシギはどこにいるかもわからず参加者は苦労していましたが、見つけると皆、笑顔になって いました。鳥を探すだけでなく多くの方々と交流できた楽しい探鳥会でした。ありがとうございました。
タシギは4羽?5羽?

 春の空をツバメとコシア カツバメが飛んでいました。コシアカツバメはほんとにコシのあたりが朱色できれいでした。とっくり型の巣も教えていただき嬉しい発見となりました。そして ウグイスの姿もじっくりと見ることができました。毛並みが乱れていて驚きましたが、ウグイスにはよくある姿とのことで勉強になりました。
視線の先はイカル?
 その名にふさわしいグ リーンシャワーを浴びながらの探鳥会となりました。オープニングではトビとサシバのランデブー。イソヒヨドリのファミリー、コシアカツバメの子育て、ヤマ ガラの幼鳥の毛ずくろいと季節にふさわしい探鳥となりました。キビタキには出合えませんでしたが、サンコウチョウのご褒美をいただき、みな大満足でした。  龍ノ口は初めての参加。曇りで涼しく歩きやすかったです。「キビタキ」の声に指差す方を探したけれど残念ながら見つけられず。でもエナガ、コゲラ、メジロなどが跳びまわり楽しませてくれました。しばらく動けず、先頭集団からだいぶ遅れてしまいましたが、次は冬鳥を見にまた参加したいです。
(I.K.さん) (Y.K.さん) (I.K.さん) (S.N.さん)
12月13日  曇 - - -
 12月中旬とは思えない穏やかな天気の探鳥会。木の梢ではアトリがしきりに採餌していた。今年はアトリをよく見るがまだ大きな群れは見かけない。湿地でクサシギをゆっくり観察した。雑木林を中心に探鳥したので確認できた鳥は29種だった。
冬鳥を見てスタート
- - -
(O.T.さん) () () ()
探鳥会だよりトップへ戻る
   月例探鳥会
2015年 1月18日  晴 2月15日  晴 3月15日  曇 4月19日 雨後曇
笠岡湾干拓地 百間川 勝央町県林業研究所 倉敷種松山公園
 養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、20万羽のニ ワトリが殺処分されている笠岡での探鳥会。複雑な気持ちで参加した。この日は笠岡の探鳥会としては珍しく穏やかで暖かい日だった。猛禽類はコチョウゲンボ ウとミサゴを除いて6種が出現してくれ中でも狩りの下手なハヤブサがドバトの群れを襲ったがなかなか狩れず、その様子を長く見ることができた。冬鳥も出そ ろって全体で49種が確認できた。 
チュウヒを追う
 晴天の河川敷に美ジョガーを横目に探鳥会開始。工 事が多く「探鳥には?」のご挨拶。ところが開始早々カワセミがそこかしこで見られ、日頃は茶色の小鳥は雀ということでスルーしていたが、ベテラン会員の解 説でツリスガラ、オオジュリンなどいろんな種類を確認できました。イカルの黒頭巾と黄色のくちばしは印象的でした。楽しい時間ありがとうございました。

なかなか動けません

 
  支部としては14年ぶりの探鳥会開催地。前回参 加した時より所内がきれいに整備された感じがした。今回は地上で採餌している鳥が少なく落葉樹の枝に止まっているアトリ、カワラヒワ、カシラダカなどが見 られアカゲラまでが梢にのぼっていた。マヒワは見られなかったが、前回より3種多い30種が確認された。    集合場所の八重桜の満開の花が雨にぬ れて重そう。傘をさしての探鳥会が始まる。西園地の下のカワセミの池でカワセミの採餌の様子をしばらく見た。真弓池は釣り船がいて鳥は見えない。黒石池の そばの崖にカワセミの古巣があった。食、住接近に感心する。ウグイスの囀りが大きく、キビタキのさえずりが聞きにくい。西園地と野草園の往復コースは高低 差もなく楽だった。確認された鳥は27種。
(O.T.さん) (S.I.さん) (O.T.さん) (O.T.さん)
5月17日  晴 6月21日  晴 7月12日  晴 8月23日  晴
新庄村土用ダム 県立森林公園 吉備中央町ブッポウソウ ツバメのねぐら入り
 当日は雲ひとつない快晴のなか土用ダムの周りを ゆっくりと散策。クロジ、アオゲラ、アカゲラ、イカル、キビタキ、ソウシチョウなど森は鳥の声で賑やかです。声はすれども姿は見えず、新緑の中での探鳥は 難しかったです。カケスが一瞬飛んだのが見えたのと、最後にスコープでさえずるオオルリを見せていただき満足して帰りました。
ダム周回路で鳥を探す
 
  雨模様で不安でしたが無事探鳥会が開 始。一年ぶりのオオルリとミソサザイを楽しみ、次は何かと歩きました。姿は無理でしたがクロジのさえずり、トラツグミの鳴き交わし、キビタキの美声を楽し むことができました。岡山での初の探鳥会出会えた数は少なかったけれど、雨のち晴れで良いスタートでした。   数年ぶりにブッポウソウ観察会に参加 しました。前の日から気にかけて朝早くから行き2時間前に着きました。以前と違いいろいろ整備され巣の中のビデオを見られ大変良かったです。60名ぐらい の参加者とのことですが盛会でした。私も数年ぶりに青い鳥を見られて参加してよかったです。

繁殖状況を聞く参加者
  日が落ちようという時に、小さな影が 十数羽、ビュビュビュッと頭上をかすめ、ヨシ原へ飛び込んでいきました。それを皮切りに山の方から水田の方からどんどん影が飛んできて圧巻の光景に。これ が渡りまで毎日繰り返されるのだと聞いて驚くばかり。初めて参加させていただいた観察会。大変満ち足りた気持ちになりました。
レークサイド公園近くで
(T.S.さん) (M.Y.さん) (N.T.さん) (S.M.さん)
9月27日  晴 10月18日  晴 11月29日  晴 12月20日  晴
タカの渡り観察会 赤磐市石蓮寺 高梁美しい森 錦海塩田跡地ほか
  9月27日に貝殻山頂上の芝生広場で ハチクマとサシバに出会いました。その多くは小豆島の上空に舞うタカ柱で、遠くて見づらかったのですが、貝殻山で舞ってくれたサシバのタカ柱は感動的でし た。またエゾビタキやコサメビタキにも出会うことができて喜んでいたら、何と桜の木にブルーの美しいオオルリが!!息をのむ様な美しさでした。
 
上空を見上げる参加者 
 私がタカの渡りを観察したのは去年が初めてでした。ド素人の私はタカの種類も分からないまま見ていましたが大空に大きな翼を広げて旋回しそして風に乗って滑るように飛んでゆく勇壮な姿にすっかり魅了されてました。今シーズンは地元の観察地、白樺峠そして岡山で見ることができ感動です。みんなの森では33羽のノスリが観察され、私もそれなりに近い数を見ることができました。お世話になりました支部の皆様ありがとうございました。
 
 
ノスリを観察 
 ネーミングにひかれて前から参加してみたい場所でした。この日の参加者は32人。お天気にも恵まれ、約2kmのコースを2時間弱かけて歩きました。道中に見られた鳥は32種。ヒガラ、コガラ、ノスリ、ミヤマホオジロ、イカルの群れ、アオゲラ、アカゲラなど一人では見つけられない鳥も皆様のおかげで見つけることができ、心地よい一日でした。 
 
何を探している?

  塩田跡地でカモの仲間がいろいろいてびっくりした。私はツクシガモが見られなかったのでとても残念だった。でも念願のチュウヒとセイタカシギを拡大してよく観察できたので大満足。 牛窓オリーブ園では超拡大でジョウビタキを見、エナガを見つけ人生初のハヤブサまで見つけラッキー!

瀬戸内海を見ながら
(H.K.さん) (M.M.さん) (F.H.さん) (H.N.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 
    定例探鳥会 @後楽園日曜日会
2014年 1月5日  晴 2月2日  晴 3月2日  晴 4月6日  晴
 平成26年最初の探烏会 は天気に恵まれ穏やか日曜日でした。入園者も少なく静かにゆっくり鳥を見ることができました。珍しく花葉の池にオシドリの♀が入っていてカルガモに混じっ て泳いでいました。♂だったらなあーの声しきりでした。この日は小鳥の声も良く聞こえカラ類の混群も見ることができ良かったですが、ツグミが確認出来ずし んぱいです。確認できた種数は34種と昨年ほぼ同じでした。  探鳥会は今回で8回くら いの参加です。一般参加でしたが、先輩の方々が丁寧に教えて下さり気持ちよく楽しめました。野鳥撮影が目的なのでシメ、メジロ、カルガモ、コガモ、キジバ ト、キセキレイなどが撮れて大変うれしかったです。いつもは山陽新聞で確認しています。次回が楽しみです。  昨日の雨も上がり絶好の 探鳥日和。おまけに当日は後楽園の開園記念日とあって園内では様々なイベントが開催され探鳥会にも多くの仲間が参加。野鳥の種類は33種。何にもまして嬉 しかったのは会員以外の方にも探鳥会に興味をいただいたこと。この方たちも仲間入りし野鳥の会がもっと大きく盛んになることを心から望んでいます。  今日は太田リーダー不在 のため山根リーダーで行われた。また東公民館レンガクラブの人たち15名が参加したのでにぎやかな探鳥会となつた。桜も散り始め今年最後の花見の日になつ た。恒例の宗忠神社の神幸祭の行列もおって早朝から人出も多く鳥見の雰囲気はなかった。鳥は園内を避けたのか外苑での観察が主となり、残っている冬鳥や夏 鳥のツバメが見られ昨年同期より4種類多い30種がみられた。有志による花見を始めたとたん突風と雨のためあわてて流店へ入り遠くの桜をながめて食事をし て解散した。
(O.T.さん) (F.A.さん) (I.Y.さん) (O.T.さん)
5月4日  晴 6月1日  晴 7月6日  晴 8月3日
 新緑が美しく好天にも恵 まれての開会。今日はどんな鳥に出会えるのかと期待に胸が膨らむ。始め旭川でカルガモ、ササゴイ、イカルチドリ、カワウを見ました。今日の鳥合わせで24 種類確認されました。このたびは鳥の美しさに魅せられました。Wさんに望遠鏡をのぞかせていただき、羽の美しかったこと。黒一色と思いきや黒にベージュの うろこ模様が順光で浮かんで見え実にキレイ!で感動しました。皆さんのおかげで楽しいひと時を過ごさせていただきありがとうございました。  昨日は暑かったが今日も 暑いかな?アオバズクは見られるかな?とスタート前の会話。残念ながらアオバズクは見られず、気温は予想どおり高くなった。人はたまらんが鳥も大変だ。元 気なのはムクドリの幼鳥で鳴きながら飛び回っている。スズメの幼鳥も見られた。見られた鳥は昨年同期より1種多い22種だった。

これはキビタキの声か
 昨年10月6日の後楽園 以来の久々の参加となりました。旭川ではミサゴが上空を舞い今日は猛禽日和の予感。園内ではさっそく二色ヶ岡でアオバズクが確認でき、花交ノ池でも見るこ とができました。期待していたアオバズクに2度も会えて大感激でした。野鳥以外にも大名蓮が見ごろとなり充実した探鳥会でした。

探鳥会でのピッコロな
国際親善
  残念ながら、
 雨のため探鳥会中止
(K.S.さん) (O.T.さん) (K.T.さん) -
9月7日  晴 10月5日  曇 11月2日  雨 12月7日  晴
 8月は天気が不順であっ たが、この日は久しぶりに鳥見をする気分。旭川は水が多く鳥の姿がほとんどない。外苑ではカラ類が現れた。花交の池でカメラを構えている人の先にカワセミ がいてしばらく見ることができた。また池の林ではヒタキ類が見られた。馬場でカメラを構えている人がいて、聞くとツツドリがいたとのことだが見れなかっ た。鳥たちの移動が始まっているのを感じた。確認された鳥は24種だった。  台風18号の接近の予報 でできるかなと思ったが、熱心な参加者もいて、雨にも遭わず開催できてよかった。渡って行く夏鳥も今回が最後のようだ。コガモのエクリプスが見られカモの 季節が始まった。最近、常連のカワラヒワが見られずどうしたのだろうか?確認された鳥の数は23種で昨年とほぼ同じだ。   残念ながら、
 雨のため探鳥会中止
 後楽園での探鳥会に初めて参加させていただきました。そこでずっと見たいと思っていたカワセミを見つけることが出来て(しかも2羽)とても感動しました。初めて見たカワセミは写真で見るよりもずっときれいでした。またチャンスがあれば見てみたいです。
(O.T.さん) (O.T.さん) - (中学生A.K.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る 
  定例探鳥会 A  後楽園火曜日会 
2014年 1月21日  晴 2月18日  晴 3月18日  晴 4月15日  晴
 正月明けの園内は2羽の 丹頂が放たれ、まだ蕾の梅林には園丁の方。延養亭は屋根の葦替中。旧知の仲間と話しながらレンズを覗く。沢の池にはオカヨシ鴨や小鴨が遊び、樹影にひっそ りとシロハラ、久しぶりにビンズイと再開。そして地蔵堂辺りにミソサザイが出たとのこと!残念ながら私は会えなかったが、充実した冬の一日だった。  百間川を散歩していてふ と見た鳥の名前を調べても自分ではわからない。それて゜探鳥会への参加を思いつきました。初参加ということで山根さんからいろいろ教わり散歩で見た鳥も分 かりました。名前を知っていても見たことのない鳥も見ることができました。やはりこの機会に1年間は参加してみたいと思います。  早朝ところにより雨が 降っていたこともあり、参加者はややまばら、それでも開始の時間が近づくと常連を中心に多くの鳥見人で出発。旭川の中州では先月まで多く見られたカモ達は ほとんど見られずさびしい感じがしたが、ここでは珍しいセグロカモメが見られました。川沿いの桜並木ではキーコイと澄んだ声のイカルの小群に出会えてきれ いな鳴き声を楽しみました。また川辺にはここでめったに会えない眉斑のくっきりしたマミチャジナイに出会えました。冬鳥のカモ達は減り、カワラヒワなどは さえずりはじめ春が近いことを感じさせる探鳥会でした。最後の鳥あわせで35種を確認できました。  後楽園の外周をよく散歩 しているのですが、小鳥や水辺の鳥の姿が気になりはじめて野鳥観察会に参加しました。双眼鏡の使い方や鳴き声による種類の判別ができることなどを教えてい ただき、レンズに入った鳥の姿はいつもより大きく美しく感じました。身近な自然や動物に目を向けるよい機会となりました。ありがとうございました。

イカルチドリを探しながら
(N.N.さん) (Y.M.さん) (Y.A.さん) (K.M.さん)
5月20日  晴 6月17日  曇 7月15日  晴 8月19日 晴
 何気なく見たり声を聞い たりする鳥達をもっと身近に感じたく参加しました。アオバズクに会えず残念でしたが、望遠鏡で拝見したカワウの虹彩のエメラルド色、カルガモの羽のブ ルー、ゴイサギの営巣、会員の方々のお話、どれも素敵な半日でした。これからの楽しみの1つにしたいと思いました。ありがとうございました。  今年になって初めて探鳥 会に参加させていただきました。この日は曇り空で涼しく歩き回るには絶好の日和でした。見られた鳥の数は少なかったのですが、この時期メインのアオバズク が真近で見られ写真も撮ることができました。夜に近くを訪れ鳴き声が聞きたくなりました。フクロウ類はとても癒されます。  鳥居さんのお誘いで初め て参加させていただきました。リーダーの山根さんには懇切なバードウォッチングの楽しみ方など指導くださいました。またセッティングされた望遠鏡での観察 は手に取るように見え感動いたしました。特にアオバズクはフクロウ科の鳥だけに威厳があり賢そうで日本の将来を見据えているようでした。よろしくお願いし ます。   本日後楽園での探鳥会 に参加して、念願だったアオバズクのひなの可愛らしい瞳を双眼鏡の中に確認できました。残念ながら写真には撮れませんでしたが・・・。リーダーさんの説明 も当を得ており分かりやすかったです。自分もあのように野鳥の世界にどっぷりと浸かり、鳥のことだけに集中できたら最高だなと思います。また、参加しま す。
(Y.N.さん) (S.M.さん) (K.K.さん) (I.K.さん)
9月16日  晴 10月21日  曇 11月18日  晴 12月16日  雨
 後楽園での探鳥会に初め て参加させていただきました。初心者の私でも見ることができるのだろうかと思っていましたが、野鳥の会の方が鳥を見つけては教えて下さりそのおかげでイソ ヒヨドリなど11種類も見ることができました。親切にしていただきとても嬉しかったです。機会があればまたぜひ参加したいと思います。  今回の後楽園は朝から曇 り、今回の探鳥会は自分にとって2年ぶりだった。探鳥会が始まると様々な鳥が現れて、さらに人間同士の交流も始まった。懐かしい雰囲気を味わった。終われ ば29種も確認された。もっと大学生にも参加してもらって鳥を中心に自然の魅力を感じてもらいたい。  好天に誘われ久しぶりの 後楽園探鳥会。いつものコースを思い思いに歩きながらおなじみの野鳥32種を確認。一人の目で探すには限界がありますが、ベテランの皆さんと一緒だと数多 くの野鳥を確認できました。リーダーからお聞きしたチドリの近縁種間の棲み分けの話は大変興味深かったです。ありがとうございました。    残念ながら、
 雨のため探鳥会中止
(O.S.さん) (T.M.さん) (N.K.さん) -
 探鳥会だよりトップへ戻る
  準定例探鳥会 @  阿部池探鳥会  
2014年 1月12日 晴 3月9日 晴 5月11日 晴 11月9日  雨
 ガンカモ調査もあわせて 行われた探鳥会で、初めてカウントにも挑戦。頭部で見分けようと眼をこらしているとひょいと逆立ちして顔を隠したりスイスイ移動したりするのでさっと判別 できないとカウントは難しいなと感じました。しかし同時にみずべの鳥を見る楽しさも実感できました。役員の皆様ありがとうございました。  広島県から初めて参加し ました。一番驚いたのは種類の多さです。ベニマシコに見とれていると双眼鏡の中に次々と野鳥が飛び込んできてまるでショウを観ているようでした。改めて阿 部池の自然環境の豊かさを実感しました。また咲き始めた河津桜に岡山県支部の環境保護の熱い思いを感じました。ありがとうございました。  あれだけいたカモ達の姿 もなく少し寂しくもありましたが、それを打ち消してくれたのが赤い口を大きく開けギョギョシギョギョシと鳴いたオオヨシキリ。その反対側は宙を舞うヒバリ とその合唱。まだ続くかとビギナーズラック、コムクドリの小群。天候にも恵まれ薫風漂う初夏の探鳥会となりました。確認は21種類でした。   残念ながら、
 雨のため探鳥会中止
(M.K.さん) (M.Y.さん) (K.S.さん) -
   探鳥会だよりトップへ戻る
  準定例探鳥会 A  深山公園探鳥会 
2014年 1月26日 晴 2月23日 晴 3月23日 晴 4月27日 晴
 リーダーが園内に架けて いる巣箱の中に使用済みのシジュウカラの巣を見せてくれた。巣材に化学繊維を利用しているものもあり驚いた。園内では久しぶりにゴイサギが確認された。こ の冬ツグミは少ないようだが深山の探鳥会では3回出ていなくて心配だ。手乗りヤマガラは相変わらずにぎわっている。参加者は31名で常連がほとんどだっ た。確認種は35種で昨年と同じだった。  リタイア後、朝の親水公園の散歩が日課となり去年の冬偶然カワセミを見つけそれ以来野鳥の名前を知ることが楽しくなりました。初参加の探鳥会でベテラン会員皆様の案内でシロハラ、アトリ、アオジなどを撮ることができました。今後ともご指導よろしくむお願いいたします。  3月23日準定例探鳥会 が晴天に恵まれた深山公園で行われたイベントハウス前ではヒレンジャクの群れ、赤松池ではヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモなどが賑わいを見せていた。霊 園入口ではヒレンジャクに再会しゆっくりと観察できた。激しく動き回るキクイタダキなど北帰行もまじかの冬鳥たちに別れを惜しむ一日となった。  わたしは鳥を見に行きま した。オオルリはせなかが青くとてもきれいな鳥でした。歩いてけっこう疲れました。キビタキはくびの下や目のよこがオレンジ色でかわいい鳥でするカワウは 足のあいだにみずかきがあって、くびがとても長いです。そのくびは魚をとるためにあるのかなと思いました。楽しかったです。
(O.T.さん (M.K.さん) (O.T.さん) (K.S.さん 小3年生)
5月25日 晴 - 11月 12月28日 曇
 今季最後の探鳥会。夏を 予感させる強い日差しの中、時折谷筋を渡ってくる涼しい風に癒されながらの鳥見です。今日のお目当ての鳥はオオムシクイだ。私は姿は見れなかったものの鳴 き声は幾度もはっきり聞くことができた。ジ、ジ、ジと前奏があり次にジジロ、ジジロと続く、この時期の深山公園ならではの鳥です。 -  今シーズンの深山公園の 探鳥会は小春日和の日曜日に始まった。赤松池ではヨシガモの♂が餌付けされ地上へ上がってきていた。空は雲量0で澄みわたっていて、ミサゴ・トビ・ハイタ カ・ノスリなど猛禽類もよく見ることができた。人慣れたヤマガラがここかしこで人の手から餌を食べていた。ネコからはじまりカモ・ヤマガラと餌やりはます ます盛んになっている。確認された鳥は35種で昨年より5種多かった。  小雨がパラつくあいにく の天気でしたが、今年最後の会に参加させていただきました。水面を渡るカワセミの青さ。地面の餌をついばむミヤマホオジロの黄色い頭。アオジの緑色。首か ら胸にかけてピンク色のウソは初めて見ることができたので本当に印象的でした。来年はどんな鳥に出会えるか寒さ吹き飛ぶ楽しい探鳥会でした。
(O.T.さん) - (O.T.さん) (K.A.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
    龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会 
2014年 2月9日  晴 4月13日  晴 6月8日  晴 10月12日  晴
 昨日の銀世界から一変今 日は絶好の探鳥会日和となりました。集合場所周辺でもメジロ、シジュウカラなどが顔を見せ、またウグイスも美しい声で春の訪れを待ちわびているようでし た。圧巻はアトリの群れがモミジバフウの木と道路を行き来しているようすでした。楽しい半日をありがとうございました。  私は今回初めて探鳥会に 参加させていただきました。今まで鳥については勉強したことがなく茶色や黒色、黄色といった鳥が多いと思っていたがそれだけではなく部分によつて色が違う 鳥がたいのだ勉強になりました。特にオオルリはとてもきれいな青色をしていて今でも鮮明に覚えています。鳥の飛ぶ姿はたくましくむ心が穏やかになりまし た。  梅雨の晴れ間、新緑がま ぶしい。今日はキビタキが見たいと意気込んでいる。用水路の道から園内へ入ると右手の林からキビタキの声、声を目当てに林へ入ると声がしなくなる。林を出 るとイソヒヨドリの♂が電柱に止まっていて青色とレンガ色のツートンカラーの美しい姿が全員でよく見られた。この時期コゲラ、ヤマガラ、ハクセキレイなど 巣立ちした幼鳥や若鳥と思われる姿が見られた。キビタキは4ヶ所ほどで声は聞けたが姿は見られなかった。確認された鳥は25種類。  龍ノ口には2回目の参加 です。22種の鳥が観察できました。私の好きな季節は秋冬です。鳥の鳴き声だけで名前が分かればより楽しくなるのでしょうが私はそこまでいっていません。 季節を感じながら自然の中に身を委ねる時間は大切だと思います。龍ノ口には鳥のほかに珍しい木が多く植わっているのでそれを見るのも楽しみです。
渡り途中の鳥を探す
(O.A.さん) (M.Sさん) (O.T.さん) (M.S.さん)
12月14日  晴 - - -
 いろんな鳥を見ることができて楽しかったです。私が一番心に残っているのはカワセミです。遠くからしか見たことがなかったので双眼鏡で見たとき細部まで見えとてもきれいで感動したのを覚えています。とても貴重な体験をありがとうございました。 - -
(ボーイスカウトK.Y.さん) - - -
 探鳥会だよりトップへ戻る 
 月例探鳥会 
2014年 1月19日 晴 2月16日 晴 3月16日 晴 4月20日 曇
  笠岡湾干拓地   岡山市三徳園  美咲町本山寺 姫路書写山 
 初参加の愛知県岡崎野鳥 の会の会員です。広大な農耕地に水辺の鳥と山野の鳥達が多種多様に姿をみせて堪能する事ができました。遊水地で初見のツクシガモに感動。動物園や野鳥画で オりの鳥を眺めては自然の中での出会いに憧れていた私です。頸を左右に振りながら採食する姿が忘れられない旅の思い出に。ご一緒頂いた皆様に感謝。  初めての探鳥会「トラツ グミが見えたらゴールドメダル」の言葉に期待してスタートしました。すぐにコゲラが何羽も姿を見せてくれ、ヤマカ゛ラ、シジュウカラ、ツグミ、アトリ、シ メ、アオジ、ジョウビタキなども次々に見ることができました。残念ながらゴールドメダルはありませんでしたが三徳園の珍しい樹木も見られ楽しい半日でし た。  14年ぶりの本山寺の探 鳥会は天気に恵まれ暖かい日でした。前と違って標識も出ていて道も整備され、お寺もよく手入れされていました。車のほとんど通らない血洗い滝方向に往復 4km歩きましたが道の左右はスギ・ヒノキなどの大きな木が多く鳥の姿はあまり見られませんでした。むしろ前面の開けた境内で上空を飛翔するハイタカ、オ オタカ、ノスリがみられアオバトを観た人もいました。確認種は23種でした。  予報で心配されていた雨 も杞憂におわり、穏やかな春の探鳥行となりました。今回は聞き取りの勉強用にICレコーダーを持参したのですが、これが大正解。センダイムシクイのさえず りやアオゲラのドラミング音を録音することができ、家で再生しては悦に入っています。また圓教寺も見どころ十分で、企画お世話いただいた先輩諸氏に感謝致 します。
重文の食堂の前で
(K.Y.さん) (I.K.さん) (K.T.さん) (T.M.さん)
5月18日  晴 6月15日  晴 7月13日  雨 8月17日 晴
若杉自然林 大山寺・奥大山 吉備中央町 倉敷川
 新緑が目にしみる初夏の 探鳥会。集合地点で車を降りるとキセキレイが飛び交っており見ると巣があり可愛い雛。歩き始めるといきなりオオルリがお出迎え、そしてミソサザイの囀りが ブナ林に響き渡ります。初めてジュウイチ、ミソサザイ、ヒガラにも出会えて大満足。特にジュウイチの鳴き声が耳に残っています。癒しの一日でした。
この声はコルリかな?
 前泊のキャンプでは焚火 を囲んでの交流。早朝テントの中で聞く野鳥の囀りは心地よい目覚まし時計。大山寺周辺、奥大山と2部構成の探鳥会では囀る姿のクロジ、背中のブルーまで見 せてくれたアカショウビン、首が痛くなるほど見上げて探したアマツバメ。何もかもが楽しくて満足感の一杯の探鳥会となりました。お世話になりありがとうご ざいました。
阿弥陀堂前、ゴジュウカラ、
ヒガラ
 残念ながら、雨のため探鳥会は中止となりました。

 が、心待ちにしていた参加者20数人で、小降りとなった観察ルートを回りました。







奥大山では、クロジが
よく見えました。
 倉敷川河口近くの右岸の 葦原が観察地。参加者は20名ほど、日没前から数百羽ほどのスズメの集団が多数集結しだした。日没後には上空からもっと大きなツバメの集団が何組も出現。 我々の真横をかすめながら葦原に急降下。おそらく万単位の数と思われた。明るい間はオオタカが1羽、スズメのねぐらを何度も強襲。まさに壮観であった。

真下のヨシ原を観察中
(S.M.さん) (K.M.さん) - (T.M.さん)
9月28日  晴 10月19日  晴 11月16日  晴 12月21日  晴
貝殻山  赤磐市石蓮寺  真庭市美しい森  錦海/牛窓オリーブ園 
 晴天に恵まれた山頂でタ カの渡り観察です。遠景は少しモヤがかかりましたが、上空を通過する姿ははっきり見え感激しました。タカ柱は一度10羽くらいの群舞のみでほかは1〜3羽 の単発でした。近くの桜の枝ではヒタキ類のフライングキャッチを見ました。鳥以外ではアサギマダラの飛翔もあり楽しいときが過ごせました。
上空を探査中
 絶好の天気に恵まれたタ カの渡りの観察会。時期が少し遅いとのことで少々不安でしたが、幸運にも何種類かのタカを見ることができました。中でも真上に見上げたノスリは白く堂々と した胴体と翼の模様が青空に映え実に美しく感動しました。ほかにモズやジョウビタキも初めての観察でした。これからもよろしくお願い致します。
ノスリ観察中
 「美しい森」の中で最も 美しい時節での探鳥会は私が参加した会で一番印象強い会でした。鳥の種類は少なかった感ありですが、程よいウオーキングの距離また秋晴れの中装った木々や 山々まで満喫しました。帰路は「足温泉」で体を温めおまけつきの探鳥会参加でした。願わくは別の季節にもこの森での会を希望します。ありがとうございまし た。
紅葉の森で探鳥中
 防寒対策をして参加した つもりでしたが甘かった。首筋からぞくぞくと冷えてマフラーを持ってくればよかったと後悔しました。9月の貝殻山、11月の美しい森に続いての参加ですが 毎回新しい鳥に出会えるのが楽しみです。今回はチュウヒ、ハシビロガモ、ホシハジロ、イソヒヨドリ、アトリ、シメ、カシラダカとの新しい出会いを楽しむこ とができました。
錦海塩田跡地
(O.S.さん) (N.M.さん) (M.Y.さん) (T.H.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 
 定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2013年 1月6日 晴 2月3日 晴 3月3日 晴 4月7日 曇
 厳しい冷え込みでしたが 33種を確認できました。カモ類、ユリカモメ、ツグミなどの冬鳥からスズメ、キジバト、カラス類などの身近な鳥まで会員の方かの説明を聞いたりしながら観 察できおもしろい時間でした。この冬はキクイタダキが多いとのことですが、今回後楽園でひさびさに確認できたようです。また参加していろんな鳥を見てみた いです。  わたしが後楽園探鳥会に きたのはわけがあります。それはボーイスカウトでバードウオッチングなどに参加して生物を観察する勉強がいるからです。この日はコゲラ、メジロ、ハクセキ レイ、シメなどを最初に見つけました。全部で38種類の鳥をみんなで見つけました。これからもたくさん鳥の名前を教わりたいです。  今年は野鳥の数も多いと 聞き、後楽園の探鳥会をはじめ他の探鳥会と個人での観察を含め、1月から20回以上観察に行きました。例年にあまり見られないビンズイ、キクイタダキ、ヒ レンジャク、シメなど美しく可愛い鳥をたくさん観察することができ感動しました。野鳥の会の皆さんや先輩の方々に感謝します。  朝から小雨のぱらつくあいにくの天候でしたが後楽園には20人のメンバーが集まりました。
 花見の時期と御神幸の日が重なって園の内外は大勢の人でした。確認した鳥はカルガモやミサゴなど26種で、冬鳥か留鳥が主体になってきたようです。入会後1年になりますが小鳥の名前は全然ダメです。今後ともよろしく。
(F.T.さん) (小4 F.M.さん) (F.S.さん) (W.F.さん)
5月5日 晴 6月2日 曇 7月7日 晴 8月4日 晴
 こどもの日の探鳥会でし たが、こどもの参加は1人でした。天気に恵まれ参加者は52人と大人数になりました。旭川ではササゴイが見られ、園内2、3ヶ所でキビタキ♂の姿やオオル リ♀が見られ夏鳥到来の季節になりました。アオバズクは残念ながら見られず、6月に期待しましょう。
 見られた鳥は22種でした。M新聞社の女性記者が環境問題の取材のため同行されました。
 集合場所近くの園内芝生 で巣立ちした子をつれたムクドリが、餌を探しているようすが昨年とまったく同じ状態で見られた。(昨年3日)巣立ちした幼鳥をつれたエナガや多くのツバメ の飛翔、ムクドリのにぎやかな群れも見られた。お目当てのアオバズクはいることはわかっていてもなかなか探せず、ベテラン会員の方が探してくれた。キビタ キは今月もよく見ることができたがササゴイの幼鳥は見られなかった。同じ場所、同じ時期でもこの変化があることは興味深い。確認できた鳥は昨年と同じ21 種。
 キビタキかな?

 あこがれの探鳥会にやっ と参加できました。引越し荷物にまぎれこみ双眼鏡なしの参加でしたがお借りでき、いざ出発。久しぶりに手にする双眼鏡はなかなか小鳥に焦点を当てられず一 苦労。それでも慣れてきてヤマガラやシジュウカラが枝から枝へ飛び移る姿を追っかけ楽しかったです。スタッフの皆様ありがとうございました。また参加した いです。


ヤマガラかな?

 前に来た時は人に教えて もらわないと鳥を見つけられませんでしたが、今回は自分でも少し見つけることができました。「ササゴイは川の近くにいて、魚が見えたらパッととって食べる よ。」と教えてもらいました。カワセミの方がきれいだなと思いました。ぼくは野鳥を見ることが楽しいです。
(O.T.さん) (O.T.さん) (H.K.さん) (Y.Rさん)
9月1日 雨 10月6日 晴 11月3日 曇 12月1日 晴
 ((雨天のため中止))  キンモクセイの香り漂う秋晴れの探鳥会は、400回記念ということで、参加費が無料となった。
岡山河川事務所によって夢二の歌碑の周辺の木も剪定され景観がすっきりとなった。旭川ではカモはまだだがイカルチドリの群れが見られた。園内ではカワセミ が花葉の池、花交の池両池で見られ天気が良いのでコバルトブルーの色がひときわ鮮やかだった。上空ではサシバやヒヨドリの渡りが見られた。常連のコゲラ、 シジュウカラ、エナガ、メジロが見られず確認種の数は22種と昨年同期より6種すくなかった。
解散後、松林の側のキンモクセイの中でシジュウカラ、エナガ、メジロカ{騒いでいてお!いたの
かといった感じだった。
太田達夫記
 初の探鳥会参加で野鳥の かわいい姿に大感激。ボランティアガイドで見なれた風景にまた園内説明の幅が広がり新しい発見がありました。これからは何げなくみていた木々の枝先や旭川 の川面を見る目が変ります。めぐる季節を野鳥で感じて、楽しい日々を過ごせる人生を謳歌したいものです。
 ふだん観察することのできなかった水辺の鳥をたくさん教わりました。自宅周辺に限られていた観察エリヤがこれから少し広がりそうです。快晴の中オオタカの舞いを見ることもでき大満足でした。この時期後楽園に 35種類もの野鳥がいることは、岡山市の財産ともいえます。紅葉も見頃の時と重なり、自然の美しさを堪能した一日でした。
- (O.T.さん) (H.T.さん) (T.T.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2013年 1月15日 曇 2月19日 雨 3月19日 晴 4月16日 晴
 

 今年初めの肌寒い日でしたが散策しながら歩いているとワクワク感で寒さも吹っ飛びまし た。今回はルリビタキ、ビンズイ、シメなど38種の鳥達に出会え身近なところにこんなにもと驚きました。一人ではとても見つけられないところをていねいな 説明と楽しいお話が聞けて本当に楽しめました。

 ((雨天のため中止))  3月も半ばをすぎ、ツバ メも各地区で確認されています。今日も多くの野鳥が見えるかな、冬鳥を見るのはもう最後かなと思いながら、後楽園に出かけました。はじめは旭川で、イカル チドリ、コチドリ、ジョウビタキなどを見ました。僕は見るのが遅いのか、いつも後の組になり、早い組が見た鳥が見られないことありますが、後の組だけ見る こともあります。鳥の仲間と日本三名園の後楽園の中で、半日を過ごすのは楽しいです。茶屋の前でコガモ、カイツブリなどを見ていると、「鳥合わせです よー」と呼ばれ、馬場に行きましたら、そこでもヒレンジャクが見え、今日の鳥合わせでは36種になりました。解散後、自分はいくつ見られたかなと思いなが ら歩く園内で、ビンズイやシロハラを目の前で見ながら、今日も楽しかったと、帰路につきました。  3月31日の百間川に続 いて家内ともども2回目の参加でした。あまり多くの鳥を見分けられませんでしたが大変印象的なことがありました。それは後楽園では鳥と人の距離が近い事で す。ツグミなどは1mぐらいまで近づいてきました。環境が良いと鳥も緊張しないのでしょうか。これからもできるだけ参加したいと考えています。
(S.M.さん) - (N.K.さん) (T.M.さん)
5月21日 晴 6月18日 晴 7月16日 晴 8月20日 晴
 まだ5月というのに夏日 の続く快晴の天気、後楽園の樹木は緑を増し、鳥たちはさえずりをトーンダウンした感じの鳥見スタート。この時期、私たち鳥見の期待はアオバズク。しかし事 前情報では今日も未確認、それでも例年姿を見せる場所に急ぐ。途中ピーチュリ ピッ ピッピイとよく通る澄んださえずりが聞こえる。そうキビタキだ。ここ で黒と黄色のきりっとした愛らしい姿と、繁みに響き渡るキビタキのさえずりをしばし楽しむ。そこに先発隊よりアオバズク発見の知らせ。急いで行くと、奥の 茂みにアオバズクを確認、それも番の2羽を十分に見ることができた。  初めて探鳥会に参加しま した。野鳥の会の方が双眼鏡の使い方から親切丁寧に教えてくださりスムーズに観察することができました。一番印象に残ったのは「アオバズク」で望遠鏡から のぞく姿は凛として、神秘的な美しさに感動しました。また後楽園では蓮の花も咲いていて、時を止める美しさにうっとり。この日は20種ちかくの鳥に出会え て自然を感じとても幸せなひと時でした  梅雨もあけ早朝から強い 日差しの後楽園。この暑い朝から大勢の人が集まり、各自期待して鳥見スタート。まず旭川では増水で小さくなった中州でカワウほか3種、園内でも鳥の声は少 なく寂しい感じで、この時期の目玉アオバズクは見られた人もいましたが自分は見られず残念でした。それでも多くの参加者で21種を確認できました。  はじめて鳥見の会に参加 しました。倉敷から中学男子生徒が参加し、彼ら向けの説明があり、興味深く聞きとても参考になりました。見た鳥の数は14種と少なかったのですが、私には ちょうどよいくらいでした。それは尋ねたことを教えてもらい、知らないことをいろいろ学ぶ時間があったからです。退職後の楽しみにしてゆきたいです。
(Y.A.さん) (S.M.さん) (N.K.さん) (Y.M.さん)
 9月17日 晴 10月15日 曇 11月19日 晴 12月17日 曇
 台風18号も去り秋晴れ の中で会はスタートした。旭川の土堤では雑草が生い茂り川も増水していて鳥は見られなかった。だが園内ではセンダイムシクイやオオルリも見られ、合計26 種の鳥に出会えた。また馬場への帰り道では大池の築山でカワセミの姿も見られ、米寿老人としても満足の秋の一日を過ごすことができました。  台風26号の雨を心配し ながら約20人が集まりました。留鳥のイカルチドリを確認し、園内へ。東端の広場で、り一ダーが写真を示して、若鳥と成鳥、成鳥の雌雄の見分け方や渡りな ど、ハチクマの魅力を詳しく話してくれました。花交の池でコガモを観察している時、カワセミが飛来してダイビングを繰り返して楽しませてくれました。  ずっと気になっていた日 本野鳥の会の擁鳥会に初めて参加しました。まずは双眼鏡の使い方の手ほどきを受け眼からウロコでした。スコープを覗かせていただくとジョウビタキが羽を膨 らまぜてなんてかわいいの!黄金色のイチョウ輝く後楽園、なんと30種もの野鳥を確認したとか。バードウォッチングってなんて楽しいの!奥が深いなあ。  もともと野鳥には興味が あり初めて後楽園の探烏会に参加させていただきました。わずか2時間あまりの間に 35種類もの野鳥を観察できたことに驚きました。またこの日はカワセミが特に長い時間よく見える場所に現れてとても良い一日を過ごすことができました。野 鳥の会の皆様から親切に教えてもらえた事もうれしかったです。
(N.J.さん) (M.T.さん) (S.H.さん) (O.H.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
 準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
2013年 3月10日 曇にわか雨 4月14日 晴  10月13日 晴 12月8日 晴
 お花見気分を吹き飛ばす 寒さの中で開催されましたが、46種類が確認され収穫の多い会でした。反対側から眺める阿部池の姿は新鮮で、ノスリやオオタカを発見された方の観察力には 今回も驚くばかりでした。最後に姿を見せたアトリの大群もこれまでどおりの観察コースでは出会えなかったのではないかと思うと阿部池の大きさを改めて実感 した観察会でした。
 シーズン最後の阿部池。 カモ類は少なくなってましたが、青空で囀るヒバリを見上げながら夏羽のダイサギ、複雑に囀るアオジ、飛びまわるケリ、シロハラやツグミなどゆっくり確認し て快いウォーキングを楽しみました。締めは堤防付近のカワセミのダイビングでした。参加者25人、確認種40種。  冬の阿部池は何度も来て いますが、秋は初めてでモズの高鳴きとススキの穂に秋を感じながらの楽しい探鳥会でした。まだカモ類は少なかったですが、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒ ドリガモを確認することができました。季節の移り変わりに自然の素晴らしさを実感し、鳥に渡りの本能を授けてくださった造物主に感謝します。
 阿部地の葦原に近づくとオオジュリンのにぎやかな声が聞こえ望遠鏡をのぞかせてもらうと、黒模様が良く見えました。ミサゴとチュヒは分かりましたが、対岸の木の茂みの中にいるオオタカ、ノスリも望遠鏡で見せてもらい感激でした。烏合わせをして私は 33種でしたが、 48種もいたそうで会員の方の目は素晴らしいなと感嘆して聞かせてもらいました。

(H.E.さん) (W.H.さん) (S.E.さん) (M.K.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
 準定例探鳥会 A 深山公園探鳥会  
2013年 1月27日 晴 2月24日 晴 3月24日 晴 4月28日 晴
 冷え込みの厳しい日 曜日で探鳥会が始まる頃はウォーキングの人も少なく静かな日でした。リーダーの話では多くの鳥が見られているようで楽しみでした。この時期昨年は見られな かったヒガラ・ツグミ・キクイタダキ・マヒワ・ウソなどが見られめずらしくバンも出てくれた。この日はメジロを多くの場所で見ることができ、ルリビタキ・ アオジも数箇所で見れた。今冬は鳥の種類が普通の状態へ戻ったように思われる。確認できた鳥は35種でした。
 ふと見かけた野鳥のかわ いらしさ、けなげなしぐさに愛しさを感じもっと出会い、もっと知りたいと思い参加させていただきました。名前や特徴を教えてもらいながら出会えた30種以 上の鳥たちに大興奮!あっという間の楽しい3時間でした。皆様にとても親切にしていただき感謝しています。ありがとうございました。  はじめて深山公園の探鳥 会に参加しました。ほかの参加者の方にとても親切にしていただき、望遠鏡でカワウのサファイアのような瞳をはじめて見ました。感動です。またマヒワがエサ をついばむ姿をたっぷり観察できたことも印象的でした。ツバメが多く飛来しており、今年は例年より早いということでした。今回は36種の鳥に出会えまし た。
 祖母は木々の間の鳥を見 つけるのがうまく、新緑の山はすごく気持ちが良かったけれど意外に歩き疲れました。まわりの人は優しくて物知りで、同じ年のモモコちゃんもいて緊張もとけ ました。鳥の声はするのに姿が見えずくやしかった。ウグイスの声に強弱がついて何度聞いても面白かった。祖母が鳥の本をくれたので次回は少しでも覚えて来 たいです。
(O.T.さん) (M.K.さん) (I.N.さん) (A.H.さん)
5月26日 晴 11月24日 晴 12月22日 晴
 トッキョキョカキョク  ホトトギスの声を聞きながらの探鳥会。青葉の繁った中、声はすれども姿は見えず。そんな我々を哀れに思ったのか「森の宝石」キビタキがどうぞ私をご覧あれ と目の前の梢に。感動の一時。日本三鳴鳥のオオルリにも御登場願えれば言うことなしだったのでしょう。探鳥会の楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい ですね。 -  楽しみにしていた深山公 園の探鳥会が開かれた。モミジの見ごろは終わっていたが、フリーマーケットも開かれ人出は多かった。リーダーの話で赤松池にヨシガモのエクリプスが1羽 入っているという事で皆で探して見ることができた。昨年♀が入っていたが、今年は3羽入っている。来月はナポレオンハットのヨシガモが見られるかもしれな い。カモ以外にシロハラ、ルリビタキが確認されたがキクイタダキ、ツグミ、ジョウビタキが見られず残念だった。確認された鳥は30種で昨年同期より少な い。  今年最後の支部探鳥会は 風のないおだやかな日曜日で今年最後の連休の中日で、人出も少なくゆっくり鳥見ができると期待しました。しかしリーダーのつぶやき「昨日見られた鳥が今日 は見られない」、昨年簡単に見られたキクイタダキもやっと確認できた。しかし、アトリ、ミヤマホオジロを見た人もいて確認種数は昨年より2種多い36種で した。参加者47人と盛会で今年を締めくくりました。
(Y.H.さん) - (O.T.さん) (O.T.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
  龍ノ口グリーンシャワーの森探鳥会  
2013年 1月13日 曇 2月10日 晴 5月12日 晴 7月14日 晴

 主人と初めて探鳥会へ参加しました。以前から野鳥が好きでしたが自力では区別がつきま せんでした。灰色の小鳥が双眼鏡や望遠鏡で見ることによって鮮やかな色彩が現れ名前を教えていただくことによって自分にとって身近な鳥となりました。とて も有意義な時間を過ごすことができ早速双眼鏡を購入することにしました。感謝の1日でした。

  冷え込みはあるものの 天気は上々、開会の前にさっそくウソの小さな群れに迎えられ「『まっかなうそ(アカウソ)』とは幸先がいい」と期待満々にスタートした。道すがらシメやツ グミ、ジョウビタキ、アオジ、シロハラなどなど順当に冬鳥との出会いがあった。フウの並木では落葉した木々の枝先に舞うキクイタダキの小群を随所に観察し た。そのつどはるか上層を見上げ周りの人と繰り広げる会話は楽しいものだった。
 確認した鳥は26種。参加者46名。やさしくわかりやすい説明や包み込むような心配りなど、この会のいつもの雰囲気が大勢の人数でもそのまま感じられたことはうれしかった。
 はじめて龍ノ口GSの森 の探鳥会に参加しました。新緑のまぶしい中「一回、一鳥」今回はキビタキの鳴き声を覚えるぞの気持ちで森の中へ入りました。音感の鈍い私ですが先輩の方々 のおかげで何とか今回の目的は達成し姿まで見ることができ野鳥の楽しさが倍増です。参加の皆さん方には親切にしていただき感謝感謝です。ありがとうござい ました。  前日の雨で木々の緑はますます色濃くなって繁茂して鳥が探しづらくなっている。伸びた稲の上を飛んでいるツバメが少ない。スズメは多く見られたが巣立ちした幼鳥が混じっているのだろう。
セグロセキレイの幼鳥も成鳥と一緒に出てくれた。用水路に入って気持ちよさそうにしている犬を見ていると一層暑さを感じた。熱中症を避けるため
1時間早く探鳥を終えた。見られた鳥は昨年同期と同じ21種だった。
(N.K.さん) (H.T.さん) (M.N.さん) (O.T.さん)
9月8日 曇 11月10日 雨 - -
 全体で20種が確認され、その中には渡り途中のツツドリ、エゾムシクイ、コサメビタキも見られました。近くの施設のベランダに連なるように作られたコシアカツバメの巣は圧巻でした。早朝は雨が降っていましたが、わりと涼しい中で予定通り開催されてよかったです。 ((雨天のため中止)) - -
(F.S.さん) - - -
探鳥会だよりトップへ戻る 
 月例探鳥会 
2013年 1月20日 晴 2月17日 曇 3月31日 曇 4月21日 晴
  笠岡湾干拓地 国立吉備青少年の家 百間川(東川原) 日応寺少年自然の家

 一般からの参加で初心者の私はどの鳥を見ても驚いていたので、皆さんが見入っているホシムクドリを見てもじつはぴんとこなかったので すが・・・後からお話を聞いたりインターネットで調べたりすると、どうやらなかなか会えない鳥だったことが判り・・「私もしかしてとてもラッキーだったん じゃない?」時間差で今感動しています。

 国立吉備青少年自然の家 は標高350m。気温0℃。きりっとした寒さの中2年ぶりの探鳥会参加。まずキクイタダキの可愛い姿に嬉しくなり、朝食タイムのカワセミに遭遇してラッ キーと心で叫び、18羽まで確認できたミヤマホオジロの小群との出会いは眉斑の黄色が輝いて見え、わたしの目に焼きつきました。探鳥会の楽しさを改めて教 えていただいた日になりました。
 約1年半ぶりの百間川の 探鳥会でした。川の中の立木が伐採され環境が変わっていました。この時期カモも少ないしヒバリを見ることにしたところ、キジ、タシギ、ヒクイナ、ベニマシ コ、イカル(群れ)、カワセミ(数か所)などが見られ、うれしい探鳥会になりました。地の利もよく参加者46名、37種の鳥が確認できました。  前日からの雨もすっかり 上がった爽やかな朝、初めての日応寺に向かいました。先日の百間川ではカワセミなどたくさんの野鳥を見ることができ、期待して参加しました。ところが、な かなか出会うことができません。野草観察会とか聴鳥会だと冗談をいっていた時、スコープでキビタキを見せていただき感激しました。観察会でなく探鳥会なの で探すものだと自分を納得させました。
 (K.O.さん) (S.Y.さん) (O.T.さん) (M.S.さん) 
5月19日 曇雨 6月16日 晴 7月13日 晴 8月
若杉天然林  高梁市臥牛山  ブッポウソウ観察会   
 岩の上のミソサザイを観 察後、他グループと分かれ、登り坂になるあたりでいろんな声が聞こえだし、コマドリ?コルリ?と言いつつ、やがてゴジュウカラ!の声に林を見ると、鳥が見 えだした。オオルリ、アカゲラ、コサメビタキ、ヒガラなどが見え、新緑の林の中でしばらくストップ。クロジやキビタキの声の中に、遠くからジュウイチも、 驚いたことに日中にトラツグミの声が聞こえた。ずっとここに居たいと思いながら、尾根まで登ると風が強く、とても鳥見は無理とコースを変更、結局雨のため 途中で引き返した。見ること聞くことに長けた方々のおかげで楽しい時を過した。   野生のサルに歓迎され リーダーの案内で森林の中を通り、キビタキなどの声を聞きながら標高478mの山頂で立ち止まっていると風が涼しく、ゴジュウカラ3羽とコゲラなどの飛び 交う姿が見えてみんな感激。登り下りの山道でしたがクロツグミの素適な声を聞きながら楽しい探鳥会でした。最後にツグミ類の声の聞き分けを教えていただき 満足です。

 ゴジュウカラ観察中

 ブッポウソウの観察会は 2度目の参加になります。今年は前回と違ったコースでしたが、行く先々でブッポウソウに会うことができました。研究用の足環をつけた2羽のブッポウソウ、 美しい翼を披露し餌を運ぶ姿も見ることができました。おまけに巣箱からのぞくひなの顔も確認できラッキーでした。案内してくださった皆様ありがとうござい ました。 ((行事なし))
(K.Y.さん) (E.S.さん) (F.H.さん) -
9月29日 晴 10月20日 小雨 11月17日 晴 12月15日 晴
岡山市貝殻山 岡山県自然保護センター 和気美しい森 錦海塩田、オリーブ園
 東からの風がありましたが、少し暑いくらいの晴天でした。総勢40名を超える参加者となりました。タカ柱こそ現れませんでしたが、お昼前にはサシバ、ハチクマ、ノスリがぽつぽつと観察されました。観察会直前にはチゴハヤブサも現れ、確認総数は計21種になりました。
 貝殻山でのタカの渡り観察会は、息を凝らして鳥を探すいつもの探鳥会とは趣が違って、毎年楽しみにしています。タカが観察されるたびに歓声を上げ、お弁当を食べながらピクニック気分で楽しめる観察会が大好きです。
 雄々しく、翼を駆って高く舞い上がり、ものすごいスピードで滑空していくタカの姿に、畏敬の念さえ感じます。遠くインドネシア付近までの旅を思うと、元気に帰ってこいよと願わずにはいられませんでした。
 久しぶりの自然保護セン ターの探鳥会でしたが天気はあいにく朝から雨。多くの来場者を期待していましたが、参加者は7名で少々淋しいスタートとなりました。鳥達も夏鳥はすでに去 り冬鳥は飛来しておらず本来の野鳥観察は消化不良状態でした。しかし上西リーダーの豊富な草木、昆虫、野生動物の説明を要所要所で聞きながら野鳥観察の森 を一巡するコースを退屈することなく回る事ができました。また私たちに同行された学芸員の方よりタンチョウの飼育をはじめ、保護センターのいろいろな興味 深い説明もあり確認できた鳥は14種類と少なめでしたが、楽しく有意義なひと時を過ごすことができました。
  新入会員として今回が 2回目の参加。出合った野鳥の数はやや少なかったものの植物も含めて教わることが多く大変有意義でした。また、天候も上々でトレッキングも楽しめました。 カワセミの巣穴、ウグイスの地鳴き、イノシシのヌタ場、カラスザンショウ、サワグルミなどは初体験です。次の探鳥会も期待しています。  野鳥観察会に親子で初め て参加しました。短い時間の中で思っていた以上にたくさんの野鳥との出会いがありました。はじめて双眼鏡のきちんとした使い方も教えていただきレンズ越し に鳥の姿をとらえることができた時、本当に嬉しかったです。地域の野鳥や自然に眼を向けるよい機会になりました。ありがとうございました。
(A.Y.さん) (Y.A.さん) (T.H.さん) (M.I.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る 
 
 定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会
2012年 1月8日  晴 2月5日  晴 3月4日  小雨 4月1日  晴
 初めての探鳥会でした。池の側に落ちていたアオバトの羽は「きちょうなものだ」と言われたので大切にしようと思いました。今度はポケット図鑑をもっておきたいです。見た鳥の中ではイソヒヨドリが一番きれいだなあと思いました。
 最低気温が氷点下となる 寒い中での探鳥でした。芝焼き直後の後楽園でしたが、セキレイ類が藁葺き屋根にいたり、モズが杭にちょこんと乗っていたり、カモ類が池の中を優雅に泳いで いたりして後楽園ならではの風景の中で鳥たちが見れました。29種で去年よりは少ないということでしたが、私にとって初めての後楽園探鳥会、寒い中、来た 甲斐がありました。  なんとか雨が降らないように念じたが、霧雨が降り、鳥あわせ後本降りとなった。冬鳥の時期も終わろうとして何とか冬鳥が見たいと思ったが結局カモ類以外はツグミが見られただけだった。見られた鳥の数も昨年より9種類も少ない26種で天気同様しめっぽい探鳥会となった。

 私にとって中学生になって初めての探鳥会でした。小 学生の頃は鳥や自然を見るだけでとても楽しかったのですが、今回行ってみて小学生の頃よりいろんなものの名前やその意味を考えるようになりさらに楽しくな りました。ひさしぶりで寒かったり、暑かったりしましたが、面白くて楽しかったのでまた行きたいです。

小学2年(A.N.君) (S.T.さん) (O.T.さん) (S.Y.さん)-
5月6日  曇 6月3日  晴 7月1日  曇 8月5日 晴
 人出はGWにしてはさほ どではなく、比較的ゆっくり探鳥できました。この時期はなんといってもアオバズクです。とくに今年は営巣木の伐採もあり気がかりでしたが、無事来ているの を確認してほっとしました。シジュウカラやエナガの巣立ちビナや、ササゴイの巣作りを見ながら、新緑の中を散策しました。種確認できたわりには、鳥の数が 少ないなという感じもしました。

 集合場所から見える芝生にムクドリの幼鳥をまじえた群れ(約40羽)がいて、親から餌をもらったり自分で餌をとったりにぎやかに鳴きながら採餌していた。ムクドリといえども幼鳥の仕草は見ていてもかわいくてあきない。
旭川は立木の葉が良く繁り川の中が観察できにくくなった。園内ではお目当てのアオバズクは見られずがっかりされた方もいたと思うが、昨年も6月はじめは見 られてないので火曜日会に期待したい。ササゴイは巣立ちして巣の周辺で活動している。ムクドリやツバメの群れの飛翔も見られ空もにぎやかだった。確認され た鳥は昨年同様21種だった。
 今日の探鳥会は梅雨の 真っ最中で予報は雨、しかも早朝は激しい雨、ところが8時頃より雨がやむ。観蓮節の人で駐車場は満杯状態。あの土砂降りの中蓮を見ていたのだろうか!探鳥 会は今日から夏時間、開始時間に集まった人は4名。9時まで待って参加者8名。幸い雨はやみ1〜2時間はもちそうなのでスタートした。旭川は水が多く観察 はパス。気になるアオバズクを探したがいた様子もみつからなかった。スズメ、ササゴイの幼鳥がみられた。10時過ぎ雨が降り出したので鳥あわせをし解散し た。確認された鳥は15種。  昨年と同じ倉敷市立西中 学科学部の生徒14名と先生2名の参加があった。今日の一番のねらいは7月に観察できなかったアオバズクを確認することだった。幸い一羽確認できたが落ち 着かない様子で高い枝を移動していたのでよくは見られなかった。またカワセミが花葉の池と花交の池で確認でき花交の池ではダイビングを繰り返していた。
見られた鳥は14種で少なかったが、アオバズクが確認できたのがなによりだった。

(K.Y.さん) (O.T.さん) (O.T.さん) (O.T.さん)
9月2日 晴 10月7日 晴 11月4日 晴 12月2日 晴
 おじいちゃんに探鳥会に連れて行てもらいました。いろいろな人に鳥の特ちょうを教えても らいました。アオバズクが木に止っている様子をフィールドスコープで見せてもらったら、目の周りが金色で茶色の体はふっくらしていました。羽をもらってう れしかったです。夏休み最後のとてもよい思い出になりました。また行きたいと思います。

 行楽シーズンをむかえ後 楽園とその周辺も人出の多い日曜日でした。鳥の動きも盛んで、移動で数が増えたヒヨドリの鳴き声がにぎやかに聞こえ、ヤマガラが採餌か貯食かはっきりしま せんが、地上と木をしきりに往来していました。冬鳥の到来が遅れているとの新聞記事がありましたが、今年はどうでしょうか。岡山城展望広場でツツドリ(赤 色型ではない)が見られたとのことで、写真を見せてもらいました。確認された鳥は28種でした。  今日の後楽園はタンチョ ウの放鳥、能、お茶会などイベントが多く、行楽のシーズンでもあり多くの人が来園していた。こんなににぎやかでは鳥も少ないと思っていたが、後楽園の鳥は 人なれしているのか、昨年同期より6種も多い32種が確認できた。特に昨年見られなかったシメ(今日は群れも)、イカル、キクイタダキが見られ、ツグミ、 ジョウビタキの冬鳥も出てくれ、これからますます楽しめそうだ。  後楽園の探鳥会に初めて 参加しました。旭川の河原で初めてイカルチドリを見ました。河原の石にまぎれて見つけにくかったのですが、おなかの白色が目印と教えてもらいました。カイ ツブリの幼鳥も愛らしかったです。園内ではシメ、キセキレイ、コガモ、アオジなど見ました。ちょうどタンチョウの放鳥もあり思わず見とれました。イカルに 会えなかったのが残念でしたがイチョウの黄色、モミジの赤と紅葉も美しい後楽園でした。
(Y.R.さん) (O.T.さん) (O.T.さん) (A.K.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2012年 1月17日  晴 2月21日  晴 3月20日  晴 4月17日  晴
 風もない青空、最初の火 曜日会でもあり、年始のあいさつもあちこちで。小林リーダーより、各地で冬鳥が少なく、またハイタカが異常に多いといった話題のあと出発。旭川の観察場所 に猛禽に襲われたと見られるユリカモメの頭部が落ちており、それを教材としてリーダーの詳細な解説に皆さん注目。ジョウビタキ、イカル、シメなどが観察さ れなかったものの鳥合わせ直前、ハイタカが低空飛行し、リーダーの話題を裏づけた納得の観察会でした。  家が操山の近くというこ ともあり、お庭にさまざまな鳥がやってきます。その可愛いい声や姿を見ながらその名前を知りたいという思いがあり野鳥の会には興味がありました。会の人た ちは珍しい鳥を探してレンズを通して見せてくださいます。あまりにも色が鮮やかでくっきりと見えるので驚きました。今日、真近にカワセミを見て感激しまし た。今も素適なブルーの色が目に焼きついています。  2月15日に入会して初 めての探鳥会に参加いたしました。どのような雰囲気だろうか?どのようなことをするのだろうか?と不安と期待を抱きながらの参加でしたが、ご指導役の山根 さんはじめ先輩会員の方々には大変親切にご指導いただきました。お蔭様で初回ながらほんとに楽しくご一緒させていただきました。有難うございました。

 天候に恵まれた暑いほど の日差しでした。バードウオッチングは初めてではありませんでしたが、今回のように鮮明に観察できたのには感動いたしました。皆様のお蔭です。感謝しま す。それに長年名前が判らなかった我が家に来る鳥の名がエナガであったことがわかって感激です。これからも皆様に教えていただきながら益々愛してゆけたら と思います。

(Y.A.さん) (W.H.さん) (W.F.さん) (Y.M.さん)
5月15日  雨 6月19日  雨 7月17日  晴 8月21日 晴
((雨天のため中止))
((台風のため中止))
 この季節一番期待のアオバズクはいつもの場所では確認できませんでした。大雨の後みえないそうです。池や松林でササゴイの幼鳥をみることができました。馬場での鳥あわせでは20種の確認ができました。  野鳥の世界がこんなにも楽しいものとは!!
見るもの、そしてお聞きする鳥の世界の面白さや美しさは、参加して初めて知りえたことでした。皆様に教えていただきながら勉強して、せめて我が家の庭に来る鳥の名前が判るようになりたいと思っています。
- - (U.M.さん) (T.S.さん)
9月18日 小雨 10月16日 晴 11月20日 快晴 12月18日 晴
 台風の余波で断続的に雨 が降り続き、蚊にさされながらの探鳥は気持ちも沈みがちでした。が、岡山城展望広場でツツドリ赤色型を見ることができて気分一変。小林リーダ−の写真を 使ってのていねいな解説を聞きながら、頭や虹彩、背中、胸、足など心ゆくまでじっくりと観察できて大満足でした。


 暑さも一段落して秋の気 配を感じ、半年ぶりに後楽園火曜日会に参加させてもらいました。懐かしい火曜日会のメンバーより、次々に声を掛けられ各地での鳥談義に花が咲きました。こ の時期、夏鳥は去り、冬鳥はこれからということで多くは期待していませんでしたが、それでも身近な冬鳥の代表ジョウビタキにも会え、秋の到来を実感するこ とができました。昨シーズン非常に飛来数の少なかった小鳥たちの来園、今日は33種を確認、本年は例年以上のにぎやかさを予感できた楽しい探鳥会でした。  青空の下旭川河原でイカ ルチドリ、冬羽のコサギなど、銀杏落葉を踏みながら園内へ!シメ、ツグミ、ジョウビタキ、シロハラ、コガモなど冬鳥、馴染みのゴイサギなどにキクイタダキ と35種に出会えました。おりおりのリーダーさんのお話し に感動し、初めての方、久しぶりにお会いする方など37〜8人と楽しい一時を過ごすことができ 感謝です。

 寒さも次第に増してき て、年の瀬が迫る今年最後の後楽園例会に参加させてもらいました。毎回、鳥に関する興味深い解説をしてくださる小林リーダーが、今季非常に観察情報の多い キクイタダキについて興味深い説明を写真入でしてくださり、会は一気に盛り上がりました。予想どおり園内の各所、それも近距離でキクイタダキのかわいい姿 を堪能しました。また、ここ数年、後楽園での観察記録が途絶えていたビンズイが確認できたことも、うれしい収穫でした。最後に参加者の皆様が、よいお正月 を!と声を掛け合い、来年の再会を楽しみにして散会しました。
(M.M.さん) (Y.A.さん) (U.A.さん) (Y.A.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会   
2012年 2月12日  晴 4月8日  晴 12月9日 曇 -
  「寒いね、冬鳥が少な いねー」が合言葉のような今冬にしては、大小様々な鳥を見ることができて満足な探鳥会でした。特にハイイロチュウヒがヨシ原の上を飛ぶ姿や、オオジュリン がヨシの中の虫を啄ばむ姿が印象的でした。おまけに初めてイタチが走ったり泳いだりする姿を間近に見ることができたのもうれしい出来事でした。  絶好の鳥見日和、花見日 和。探鳥会では先頭の方が良く鳥を見られると思われるが、今日はゆっくりと後ろで鳥を探した人がホオアカを見つけられた。阿部池の水位が少し下がり魚が獲 りやすいのか魚を持ったミサゴ、アオサギなどが見られた。またシギ類4種、カモ類7種、猛禽類5種などバライティに富んだ鳥見となった。ツグミも多く見ら れ今まで見られなかったのがうそのようだ。ウグイスも姿を現しさえずりとともに身体で春を歌っていた。確認された鳥44種。  今日、あべ池に行って鳥のかんさつに行きました。あべ池にさしかかった時、一ぴきミコアイサがいました。わたしが「これはメス、オス?」と聞いたら「目がくろ色でまわりもくろいのがオスだからこれはオス。」と教えてくれました。楽しかったです。

(M.M.さん) (O.T.さん) (O.Y.さん) -
 探鳥会だよりトップへ戻る
 月例探鳥会
2012年 1月29日  晴 2月19日  晴 3月18日  曇 4月15日  晴
青少年自然の家  錦海塩田跡地  吉備中央町大和山  理大自然植物園
 寒さの厳しい吉備高原で すが、穏やかなお天気にさそわれ、40名を超える参加者がありました。集合場所を出発し始めると、アトリがいるとの声に、先発グループには申し訳ないが ゆっくり楽しみました。鳴滝湖の周りをめぐる途中でもアトリの群れに遇い、全員が十分見ることができました。木陰に潜むミヤマホオジロを見つけた目の良い 人もいました。コースの終わりではオシドリも現れました。見えたのは25種と、この季節では少々もの足りない感じでしたが、落ち葉を踏んでのちょっぴり ハードな冬の雑木林の散策を楽しみました。  初めて参加させていただ きました。隣県の赤穂からお邪魔しました。薄氷が張った寒い朝でしたがオオバン、ハシビロガモたちはいつもどうり穏やかに水面にいました。ハイイロチュウ ヒの♂も♀も、ノスリも見れて最高でした。今シーズンの私の大ヒットです。(ちなみに昨シーズンのヒットは県立海浜公園で見たトラツグミです。)

 予想では雨が心配された が曇りで寒くない天気であった。支部で初めての探鳥地。前半は密度の濃いい林の中のゆるい登り道を歩いた。声は聞けてもなかなか姿が見えない。1時間ほど 登り妙本寺三笠園で折り返し、舗装道路を下った。展望は開け鳥は見やすくなったが鳥はいない。それでも鳥の世界にも春が来た事をうかがわせるホオジロ、モ ズのペアー、ハシボソガラスの巣作りなどが見られた。確認された鳥は26種。  天気は薄曇り時々晴れの 絶好の観察日和。今年は野鳥が少ないと言われているなか、観察路を入ってすぐにたくさんのマミチャジナイやアカハラのお出迎えで皆大喜び。いつものヤマガ ラ、エナガを観察し、帰り際の駐車場ではウグイスとカワラヒワをじっくり観察。本日観察したのは鳴き声だけのアオゲラを含み21種となりました。

(K.Y.さん) (I.T.さん) (O.T.さん) (O.M.さん)
5月20日  晴 6月17日  曇 7月8日  晴 8月19日 晴
護国神社・操山  蒜山高原早朝 ブッポウソウ観察会 錦海塩田ツバメ
新緑が目にしみる日曜日の 探鳥会。日頃の運動不足のためか、奥市から三勲神社跡までの登りはすこしきつかった。しかし三勲神社跡からの市内の眺望は良かった。その間、鳥の気配はカ ラス(2種)以外なし。操山三角点から萩の塚古墳をへてふれあいの辻まででエナガの群れ、メジロを確認した。ふれあいの辻でキビタキの美しい声は聞けたが 姿は見られなかった。認された鳥は15種。暑くもなく心地よい山歩きだった。  前日までの梅雨時の雨も 朝方には止み、皆さんが集合した午前5時には曇りながら、歩き易い天気になっていました。歩き始めてモズの高鳴きに「エッ」と耳を疑いました。蒜山高原の 定番ホトトギスとカッコウの声が盛んに聞こえてきます。もちろんコムクドリも見えました。そこに聞きなれないさえずり、なんとホオアカでした。ホオジ
ロと同じ木で並んでさえずってくれました。  
 初めてのバードウオッチ ング。前夜はワクワク、ドキドキで遠足を待つ小学生のような気持ちでした。何もかも初めて。双眼鏡のピント合わせを教わりいざ出発!「ゲゲッゲゲッ」とい う鳴き声。「近くにいるよ!」初めて見たブッポウソウの優美な事!かわいいヒナも見ることが出来、感動、感激の一日でした。皆様ありがとうございました。    夕焼けの中、ヨシ原の上 空にツバメが集まり始めると、やがて西の空から次第に大きな群れが飛来してきました。1つの群れあたりの数は千羽を超えており、それがウンカや魚の群れを 思わせるようなうねりとなって、ヨシ原の中に吸い込まれていきました。15分ほど続いたダイナミックな光景に参加者全員が息をのみました。 
(O.T.さん) (M.K.さん) (Y.K.) (T.H.)
9月  10月21日 晴 11月18日 晴 12月16日 晴
貝殻山(10/2 晴) 久米南美しい森 高梁美しい森 錦海塩田跡地
  大型台風の接近で2日後に順延されたこの日は快晴、雨天で足止めされたタカが いっせいに渡るのではと期待をしていました。犬島上空から小グループのサシバが現れるが、期待ほどの大きな群れは見えず、またもう少し近くで見たいと思い ながら、正午になり探鳥会は終了。それでもサシバは76羽見えました。
 午後も観察をしようと10人ほどで昼食をはじめたところ、大きな群れが旋回し始めました。この後1時間足らずの間に40〜50羽の群が計3回現れ、午後は187羽、総計263羽と、サシバの渡りを十分楽しみました。
 さわやかな秋晴れの下、 探鳥会は始まりました。歩き始めてすぐ、電線やアンテナにジョウビタキ、ホオジロ、モズが次々に現れます。頭上にはコシアカツバメ、林縁にはノビタキも。 望遠鏡の向きは左へ右へ、上空へ。林を抜けて池にたどりつくと今度はオシドリが飛び立ちました。野鳥たちはちょうど移動の時期なのでしょう。留鳥はもちろ ん、夏鳥も冬鳥も見せていただいた探鳥会でした。役員のみなさまありがとうございました。  紅葉する良い季節に初めて参加させてもらい、皆様に野鳥の見分け方、美しさ、鳴き声などを教えていただき知ることができました。野鳥の世界の奥の深さ、おもしろさを実感できる日になりました。   メガソーラー設置の計画 があり跡地内へ入るのが今後難しくなるかもしれないとの思いで調査観察会へ参加した。カモ類はツクシガモを含め11種、猛禽類は5種類、そのほか冬鳥のシ ロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ベニマシコなどが見られ合計47種が確認された。この野鳥にとって貴重な環境が今後どのように変ってゆくのか見守ってゆき たい。
(K.Y.さん) (Y.N.さん) (T.N.さん) (O.T.さん)
 探鳥会だよりトップへ戻る
 
 定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2011年 1月2日 2月6日 3月6日 4月3日
 たくさんの驚きに出会いました。特に印象深かったのはカワセミのつがい。川の上の枝に止まりその姿が川に映って4体に見えていました。2羽ともこちらに背を向けたときに翡翠色がかったきれいな色が川面に映り、あんなにきれいな光景は初めてでした。  初めて参加させていただきました。たくさんの鳥に出会えた中でもカワセミとキセキレイに感動しました。新しい楽しみが見つかり嬉しく思っています。  2回目の探鳥会に夫婦で参加。39種の野鳥が観察できたことに驚きました。イソシギは初めてでした。セグロセキレイが日本固有種lであることを知りました。  桜の便りを聞き、久しぶ りに探鳥会へ出掛けました。空高く舞うイワツバメ、木々の間を移動するエナガ、椿の花粉を顔一杯につけた黄色い顔のヒヨドリ、桜並木の河原で採餌している 数羽のシメをゆっくり観察することができました。鳥合わせ後のお弁当もおいしく、野鳥好きの皆様との楽しい時間でした。
(F.S.さん) (S.K.さん) (S.M.さん) (A.T.さん)
5月1日 6月5日 7月3日 8月7日
 こうらくえんに、や鳥の かいでゆきました。見た鳥は、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、ミサゴ、トビ、イカルチドリ、イソシギ、キ ジバト、アオバズク、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ルリビタキ、オオルリです。すごくよくかんさつをしました。  梅雨の中休み、アオバズ ク目あての方も参加されての探鳥会。ササゴイは旭川で3羽園内でも、スズメやムクドリ幼鳥も数羽巣立ちしている姿が見られました。アオバズクは昨年と同じ くこの時期見ることができませんでした。営巣木の周辺のカラスが気になり、無事繁殖できるように祈るばかりです。確認種21種。  小3の孫とお嫁さんと3 人で久しぶりに探鳥会に参加できました。あいにくの雨でしたが、15種類の鳥たちに会えました。特に期待のアオバズクは3羽姿を見せてくれました。1羽は 肉眼でも確認できましたが、後の2羽はスコープを何度も覗かせてもらいました。孫もすっかりアオバズクが気に入った様子で日記に書くそうです。  今年も倉敷西中学校科学部生徒22名と先生2名の参 加があり、若さにあふれた探鳥会となった。お目当てのアオバズク3羽が見られ、生徒たちの驚く姿にうれしくなつた。鳥の少ない時期に23種の鳥を確認で き、生徒たちもこんな街の中に多くの種類の鳥がいることに信じられない様子であった。
(小1 A.K.君) (O.T.さん) (F.T.さん) (O.T.さん)
9月4日 10月2日 11月6日 12月4日
 前日の台風12号の影響 から旭川の水位が非常に高く、なんともいえない雰囲気だったのが「アオバズクがいたよ!」の一言で一気に活気づいた時は、心底気持ちよい時間を過ごせた。 自然に感謝するとともに、私たちがもっと責任を持って守り続けなければならないと実感させられた探鳥会であった。  初めて探鳥会に参加させ ていただきました。野鳥の会の方に、あそこにカルガモ、あの木の枝にカワセミなどと教えていただいてるいうちに後楽園の美景も加わり、すっかり夢中になっ てしまいました。釣り以外で夢中になれるなんて新たな発見でした。釣りの征服感と異なる自然との一体感、心休まるひと時をほんとうにありがとうございまし た。
 雨が降るかどうか微妙な天候でしたが、キセキレイ、カワラヒワなど綺麗な鳥が見られてよかったです。またタンチョウが放鳥された日に当たってとてもラッキーでした。26種と少ない日でしたが満足しました。 今回が岡山での初参加でし た。岡山でも多くの種類の鳥が観察できました。中でもすごく印象に残っているのはカワセミです。僕はその姿を見たことがありませんでした。この鳥を見られ たことに感動してしまいました。今回が岡山での初参加でした。岡山でも多くの種類の鳥が観察できました。中でもすごく印象に残っているのはカワセミです。 僕はその姿を見たことがありませんでした。この鳥を見られたことに感動してしまいました。さらに珍しいことに同じ場所にもう1羽いました。カワセミの色鮮 やかで美しい姿は今でも忘れられません。
(M.K.さん) (Y.H.さん) (K.Y.さん) (F.S.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2011年 1月18日 2月15日 3月15日 4月19日
-  岡山で初めての探鳥会。思いもよらなかったオジロビタキは初見。アカハラが希少種のようでしたし、「川背美」説も目新しい発見でした。参加されていた方達はどなたも気さくに話しかけていたたせき楽しい探鳥会でした。
 鳥の色の美しさに驚き、これから月1回参加させていただき名前を覚えるのが楽しみです。お散歩の楽しさがぐーんと増えました。


 望遠鏡をのぞくと、その鳥の羽根の色や模様まではっきり見えてとても感動しました。エナガとヤマガラが交互につくばいで水浴びすも様子は愛らしく、心が和みました。
 風が強く寒い一日でした が、さくら吹雪の中でかわいい小鳥たちに会えて楽しかったです。二度目の参加でしたが、岡山にもまだまだたくさんの野鳥がいてたくさんの自然が残っている のかと嬉しく思いました。できれば普通の日の探鳥会、バスの探鳥会ももっとあればと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。
(M.M.さん) (H.S.さん) (M.M.さん) (Y.K.さん)
5月17日 6月12日 7月19日 8月16日
 青葉、、若葉の時期に初 めて探鳥会に参加させていただきました。初めての"あおばずく"それもつがいで!感激でした。初参加ということでYさんがずっと個人指導してくださり、い ろいろなことが理解できました。これからも山歩きの時は双眼鏡をお供に楽しみたいと思います。ありがとうございました。  前日の雨もやみ、いつも の通り野鳥たちの出会いを楽しみに参加。旭川の水が多く水辺の鳥はカワウ、カルガモくらい、ハクセキレイがやってきて園内へ。いきなりかん高いきれいな鳴 き声のキビタキのお出迎えでまずびっくり感動。しばらくして期待のアオバズクに会い当日の収穫。帰りに白羽のスズメを見て楽しい一日でした。 台風6号接近のため
 中止

 ホームページでまだ見たことのないアオバズクが見られるかもしれないと書いていたので隣の兵庫県からやってきました。生で見るアオバズクに感激し、おまけに二か
所で見ることができました。この季節、あまり探鳥はしなかったのですが、いろいろな若鳥に逢えて後楽園を好きになりました。
(K.S.さん) (A.T.さん) (K.K.さん)
9月20日 10月18日 11月15日 12月20日
雨天中止



 今月の火曜日会は雲ひとつない晴天に恵まれ多くの参加者がありました。園内は菊花展も開催され、秋の雰囲気が感じられました。夏鳥は帰り冬鳥はこれからという時期ですが、それでも32種を見ることができました。  家の周りではまだ姿を見 せていないツグミ、シロハラ、シメなどに会いたいと参加しました。お目当ての鳥は後楽園にもいませんでしたが、おなじみの鳥や水鳥、おまけとして園内に展 示されていた現代アート作品を楽しむことができました。鳥についての知識を分かりやすくていねいに教えてくださる野鳥の会の皆様ありがとうございました。  今年最後の後楽園の探鳥 会は冬晴の気持ちの良い一日でした。オオタカやミサゴなどの猛禽類がなんども姿を見せてくれたり、今季初のツグミにも出会うことができ嬉しかったです。猛 禽がいるせいか小鳥たちの姿が少なかったのは残念でした。冬鳥もまだ少ないですがこれからたくさん見られると期待して鳥見を楽しみたいです。今年最後の後 楽園の探鳥会は冬晴の気持ちの良い一日でした。オオタカやミサゴなどの猛禽類がなんども姿を見せてくれたり、今季初のツグミにも出会うことができ嬉しかっ たです。猛禽がいるせいか小鳥たちの姿が少なかったのは残念でした。冬鳥もまだ少ないですがこれからたくさん見られると期待して鳥見を楽しみたいです。
(Y.A.さん) (M.T.さん) (N.H.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会  
2011年 2月13日 4月10日  12月11日
-  「あれがタシギです。」といわれ、双眼鏡を見せてもらってびっくりした。見たこともない美しい鳥だった。
 快晴の阿部池では早咲き の河津桜が瑞々しい葉桜になっていた。ほとんどのカモは北へ旅立っていて、わずかにコガモなどが静かに遠く湖面に浮かんでいた。児島湖でも名残の海ガモ類 が散見された。ホオアカ、ベニマシコ♀、チュウヒなど一人だと見落としたと思われる鳥も多くの目のおかげで見ることができた。また湖面の賑わう冬を楽しみ に待ちたい。  10月の下旬自宅近くの 池で鮮やかな色の鳥を発見、それが図鑑でしか見たことのないカワセミと知り大変感激しました。今回の阿部池探鳥会で持参の双眼鏡では見つけられなかったカ ワセミをベテラン会員さんに見せていただき、またまた感激しました。チョウゲンボウという鳥も見せてもらい、次回の探鳥会にもぜひ参加したいと思っていま す。
(D.M.さん) (Y.H.さん) (Y.Y.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 月例探鳥会
2011年 1月16日八浜 2月20日錦海塩田 3月20日三徳園 4月17日安養寺
-  初めての探鳥会。自然環境体験公園内と児島湖に44種の野鳥がいたことに驚きでした。トビやカモの仲間の違いとかを教えて下さり興味深く野鳥を見ることができました。
        
 初めて見るツクシガモやチュウヒのディスプレイにし感激でした。そのほかマヒワやシメの群れや水浴びするアトリなどたんさんの野鳥を観察でき、満足の一日となりました。
 カワラヒワ、マヒワは多数現れ雌雄がはっきり区別できた。特筆すべきは、トラツグミ、クロジ、全25種が確認された。





 寺の方の話で境内に倉敷 野鳥の会発祥の地という田村萱山氏(初代岡山県支部長)の書による石碑があり、有志で記念写真を撮りました。開始直前に上空でオオタカの飛翔、その後低い ところでカラスにモビングされているノスリの透明感のある姿、近くで飛翔したハヤブサなどが見られました。全員で標高302mの福山城跡まで登り、いい汗 をかきました。確認された鳥は21種でした。
(Y.K.さん) (O.M.さん) (H.H.さん) (O.T.さん)
5月15日コウノトリ 6月12日蒜山高原 7月10日吉備中央町 8月
 兵庫県豊岡のコウノトリの郷公園へのバスツアーに22人が参加。
 里山の中に所在し、昔の風景が残っていました。空を舞っているコウノトリは大きくとても優雅でした。昔はサギのように身近な鳥だったコウノトリ、地元の 人たちが大切にしているこの鳥が、いつまでも大空を優雅に飛んでいて欲しいと願うばかりです。
 まさに梅雨の間隔を縫っ ての探鳥会でした。早朝5時に集合し、The early birdd catches the worm (早起きは三文の得)の諺のごとく、大満足で帰路につきました。ホトトギス、カッコウ、イカル、クロツグミ、トラツグミ、アカゲラなどが観察され、姿は見 えませんでしたが、ツツドリ、サンショウクイ、アカショウビンの鳴き声も聞かれ計31種の野鳥が確認されました。  僕は吉備中央町ブッポウ ソウ探鳥会に参加しました。ブッポウソウは珍しい鳥だと聞いていましたが、参加すると何度も観察することができてとても感動しました。その答えを野鳥の会 のリーダーさんが教えてくれました。野鳥の会の皆さんがとても苦労してブッポウソウを保護しているからだと教えてくれました。すばらしいと思いました。  
(O.Y.さん) (A.Y.さん) (T.K.君)
9月25日貝殻山 10月16日土用ダム 11月20日百間川 12月18日笠岡干拓地
 少し雲があるが空は晴 れ、地上は無風で多くのタカの渡りを期待した。10時ごろ比較的低い位置からサシバが5,6羽現れ、うまく上昇気流をつかまえ我々の頭上を旋回しながら高 度を上げていき、しばらく上昇して西へ流れていった。まるで教科書通りの渡りであった。サシバの透明感のある翼の美しさにみとれた。次を待ったが午前中は 数羽のサシバの渡りがあったのみだった。観察された猛禽はミサゴ、トビ、ハイタカ、サシバ、ハチクマの5種だった。  最近関西から引っ越して きて初めての探鳥会。天気は晴れ、少し紅葉し始めている山々中で、初めて聞くクマタカや樹の話。アオバトが飛んでいった。しかし鳥影はすくない。そしてき れいなさえずりの声、ソウシチョウの群れに出会った。このあたりで、なんとアカショウビンがいたという所変われば品変わる教えてもらった。いろいろの話が 聞けて楽しかった。  晴天だったが飛んでいる ダイサギが流されるような風の強い日だった。百間川も冬鳥が来るのが遅く、カモはコガモだけ、ジョウビタキ、ツグミは見られなかった。そのかわりにカワセ ミが3〜4個体、澄んだ冬の光にあざやかな色彩を見せてくれた。風の中をさえずりながら上がってゆく5羽のヒバリに季節感がおかしくなった。  今回初めて探鳥会に参加 させていただきました。目的は私がまだ出会ってない種類の野鳥の確認と、笠岡湾干拓地は以前一人で観察しておりましたが見当違いの場所を探していたのでは ないかという不安を解消するためでした。今回の探鳥会で野鳥の会の方たちのお陰で目的を達成することができました。また機会があれば参加してみたいです今 回初めて探鳥会に参加させていただきました。目的は私がまだ出会ってない種類の野鳥の確認と、笠岡湾干拓地は以前一人で観察しておりましたが見当違いの場 所を探していたのではないかという不安を解消するためでした。今回の探鳥会で野鳥の会の方たちのお陰で目的を達成することができました。また機会があれば 参加してみたいです。
(O.T.さん) (T.T.さん) (O.T.さん) (W.H.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 
 定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2010年 1月3日 2月7日 3月7日 4月4日
 後楽園の森の中に30種をこえる鳥がいるなど、私にとって驚きの世界です。ジョウビタキは聞いたことはあります。実物は知る由も無い存在でしたが、ほんものを見る方法、楽しむ方法を教わりました。また、参加させていただきます。
 よい鳥見を期待して70名の参加者。旭川ではカワセ ミが木から採餌するのを全員で楽しみ、鶴見橋下手ではカイツブリ一家が潜らずにゆったりした泳いでいました。沢の池のユリカモメはコイへの餌やりがないた めか、数羽だけでした。40種でしたが、羽数はなぜか少ないのが気になりました。   今にも雨が降り出しそうなお天気の中、小学生の息 子と2度目の探鳥会参加でした。幸運にも水辺の枝にとまるカワセミの姿をスコープで見せていただく機会に恵まれ、その鮮やかな姿にすっかり見せられてしま しました。着物姿の女性来園者が多く佇む梅園に見え隠れするかわいらしいメジロにも。後楽園の新しい魅力に出会えました。  桜満開、神幸祭とあわせて多くの人出があった。まだコガモ、ヒドリガモ、シロハラ、ツグミなど冬鳥が残っているが、空にはツバメが気持ちよさそうに飛び交っていた。少し早めに鳥あわせをして、有志20名ほどで花見をしながら弁当を広げた。

(M.A.さん) (O.T.さん) (Y.K.さん) (O.T.さん)
5月2日 6月6日 7月4日 8月1日
 連休中でしたが探鳥会に は50名弱の人が集まりました。昨年見られたアオバズクは残念今年は見ることはできませんでした。今年も帰ってくることを望みたい。園内のコゲラの巣から ヒナが愛らしい顔をのぞかせていました。花葉の池の林ではキビタキがさえずっていましたが、姿は少数の人が見ただけでした。確認30種。  川縁ではカワセミ、コサギを観察しました。詳細を伺いながらのバードウォッチングは感慨深く、瞬く間に時が過ぎゆきました。充実した一時をありがとうございました。
 営巣木の隣の木の枝が切られたりして災難だったアオバズクが2カ所で各1羽ずつ見られ安心しました。繁殖してくれればいいのですが?馬場の近くの松林で営巣していたササゴイが巣立ちして沢の池で3羽見られました。   アオバズクは花火の音を避けてか新殿側に見られた。幻想庭園が始まったが光に集まる虫は子育て中のアオバズクにとっては良い餌になるだろう。巣立ちしたサゴイは沢の池で採餌の練習、花交の池周辺ではムクドリが群れて飛び交っていた。見られた鳥は18種。
(O.T.さん) (S.S.さん) (O.T.さん) (O.T.さん)
9月 10月3日 11月7日 12月5日
 先月見た4羽のアオバズクの行方が気になり参加しましたが、その姿はどこにも見えず、もう旅路についてのでしょうか。昨年この会に参加させて頂いてからは、アオバズクはもちろん、他にもたくさんの鳥を身近に見ることが出来るようになって、嬉しく思っています。  旭川は水が浅くなっていてダイサギ、コサギが見られカワセミも出てくれた。外苑ではカラ類、ヒタキ類が現れて、餌をついばむのに夢中だった。雨の中、それでも見られた鳥は26種だった。  冬鳥のカモ類はコガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモが見られ、沢の池にはオカヨシガモが珍しく入っていた。ツグミは群れで飛び交い、マミチャジナイが梢で見られたのはとても良かった。32種確認。  ぼくのずかんのひょうし は、カワセミがドーンとのっています。そのカワセミが見えました。あたまからおばねの青いろはずかんよりひかる青で、オレンジいろはしゃしんよりあかるい オレンジでした。ほんものを見られてうれしくて、からだがカワセミのほうへいきそうでした。こんどはホバリングを見てみたいです。
(A.J.さん) (O.T.さん) (O.T.さん) (K.Y.くん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2010年 1月19日 2月16日 3月16日 4月20日
-  ネットで巡り合った後楽 園の探鳥会。鳥の話を聞かせていただいたり、気さくに望遠鏡をのぞかせていただいたりしてとても楽しい時間でした。一番の驚きはハイタカです。こんなに身 近にいるなんて!シメ、アオジ・・・私の図鑑には7つの新しい印がつきました。これからも参加させてください。
 今年は冬鳥が少ないようです。園内の水辺は回復して きたようで、カワセミ、キセキレイと人気の鳥が帰ってきました。青い♂のルリビタキは確認されましたが、アオジやシロハラなどが好む場所が以前よりも明る くなのり過ぎているようで、気になりました。54名参加。35種確認。
 初めて参加しました。以前から鳥類は好きでしたが、 高倍率の望遠鏡で見る野鳥はまるで別世界です。こんなにかわいらしい目や仕草をしているのですね。小さな命の躍動感が伝わってきてほんとうに感動しまし た。種類、雌雄の区別や鳴き声など、少しずつでも覚えていけたらいいなと思いました。 雨天中止
(M.K.さん) (K.K.さん) (O.K.さん)
5月18日 6月15日 7月20日 8月17日
 野鳥はもともと好きでした。入会して最初の時、キビタキを見せていただきあまりの素晴らしさに感動してハマリました。素人でただいま特訓中です。
雨天中止
 僕は後楽園の探鳥会に初 めて参加しましたが、とても楽しかったです。(だいぶつかれましたが)野鳥の会の人たちもも言っていましたけど季節的に見られた鳥は多くなかったけど、今 まで科学部が参加した探鳥会の中では、たくさんの鳥を見られたほうらーなのでよかったと思いました。  残暑きびしい盆明け、日 陰を選びながらのんびりと鳥見を楽しみました。はや渡り途中のメボソムシクイの姿があり、カワセミは旭川と蓮田の2カ所で目撃、私は蓮の中から飛び出す姿 をはじめて見ました。また茂松庵のつくばいの水溜まりではエナガやメジロが、かわるがわる水浴びする様は愛らしく暑さを忘れさせてくれました。
(N.F.さん) (中3 U.K.君) (M.M.さん)
9月21日 10月19日 11月16日 12月21日
 はじめて探鳥会に参加しました。Kさんから、鳥の名前の由来、カワセミの♂♀の見分け方など面白く聞きました。カワセミを9月からはじめたデジスコでうまく撮れるべく後楽園に通っています。  今日はイカルチドリ、イソヒヨドリから始まりキセキレイ、カワセミ、シメなど32種類の鳥を見ることができました。最後に、いつねのゴイサギに別れを告げて帰りました。野鳥観察と皆さんとのコミュニケーションがとても楽しかったです。
 初めて探鳥会に参加させ ていただきました。双眼鏡の使い方もまったくわからない状態でしたが、一から教えていただきました。今日は38種の鳥が見えたそうですが、そのうち私は 20種くらいは見せてもらいました。鮮やかなかたちや色に感激するばかりでした。むすべてお世話してくださった方のおかげと感謝しています。  今日の目玉は遠来の迷鳥 オジロビタキ、園内に入るとすぐにタンチョウのゲージ付近の茂みの中で見え隠れしている。しばらく息をひそめて待っていると、すぐ近くの杭に止まる。真ん 丸い澄んだ目が愛らしし、白い尾羽の両端の特徴も確認できて皆さん感激。シメ、ツグミなど含めて39種と多くを観察しました。
(K.A.さん) (U.O.さん) (M.T.さん) (Y.A.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 準定例探鳥会 @ 阿部池探鳥会
2010年 2月14日 4月  12月12日 -
-  初めての参加です。アシ原のオオジュリン、アオジ、池の中のカモ類。空を見上げるとミサゴが大きな魚を持って飛んで行く姿。ノスリ、ハヤブサ、チョウゲンボウ。初めて見る猛禽の数々。特徴や狩りの仕方などを教えていただきました。ほんとうに楽しい探鳥会でした。 雨天中止
 集合地点で早速チョウゲンボウがお出迎え。まずはオオジュリン、チュウヒ、ハイイロチュウヒが飛び、池ではミコアイサ、ホシハジロ、トモエガモなどカモを堪能しました。鳥あわせは50種を確認。天気も良く楽しい探鳥会になりました。 -
(T.H.さん) _ (T.K.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 月例探鳥会
2010年 1月17日米子水鳥公園 2月21日百間川 3月21日 4月18日ほんぶしん
-  支部のバスツアー。水鳥 公園では居残りのコハクチョウ、ツクシガモやカモ類9種、トビ、ミサゴ、ノスリ。浜村海浜公園では沖合のシノリガモ。湖山池では目玉のオオワシを全員で見 ることができた。その他カンムリカイツブリの群れやオジロワシの飛翔も見ることができ、無事岡山まで帰着できました。参加者24名、確認46種類。  埼玉から岡山出張翌日に百間川探鳥会に参加しまし た。探鳥日和のお天気に恵まれ。上空にはミサゴ、アオサギ、川にはカモ類、湿原にはバン、ヒクイナ、タシギ、アシ原にはカワセミ、オオジュリン、エナガ、 ベニマシコなど39種も出現し楽しい探鳥になりました。岡山の豊かな自然と皆様の心温まる岡山弁に疲れが癒されました。感謝します。  二度目の探鳥会に参加さ せてもらいました。ベニマシコの観察が大きな目的の一つだったようですが、私には見えませんでした。経験の差でしょうか、多くの会員方が観察できたようで す。望遠鏡をのぞかせてもらいアカウソを見せてもらったのは今回の喜びの一つです。機会がありましたら、ぜひまた参加したいと思います。  安定しない4月の空模様であるが、当日は素晴らしい晴天に恵まれました。山頂から眺める瀬戸内海は、春霞で四国の山々は展望できず、近くの犬島を眺めました。山頂に広大な公園として整備された清浄苑に30名の参加者があり、春の日を楽しみました。野鳥は29種を確認。
(O.T.さん) (N.Y.さん) (M.S.さん) (M.K.さん)
5月16日種松山 6月13日若杉自然林 7月11日吉備中央町 8月22日ツバメのねぐら
 はじめての探鳥の会にさんかしてうれしかったです。もっとうれしかつたのは、カワセミを見たことです。カワセミブルーがきれいでした。光っていました。ボウエンキョウもかったほうがいいと思いました。
 兵庫県明石市から参加し ました。雨天中止と聞いていたので半分諦めていたのですが、当日は探鳥会終了まで天候はなんとかもち、ミソサザイ、ヤマガラのヒナ、クマタカを見ることが できました。探鳥初心者の私は鳥の居場所や種類がわからずベテランの方々と一緒に行動できたのは非常に勉強になりました。  あいにくの雨でしたが、ブッポウソウを見ることができました。鳴き声や特徴などを聞いたり、雛の姿もビデオカメラを通して見れました。スコープでも見せていただき鮮やかな姿にすっかり魅せられました。今度は晴れた日に見に行きたいと思います。  倉敷川の近くに行った当 初はツバメの影は全くなかった。そのうち一つ、二つと黒い点のような影が見え出したかと思うと、夕焼け雲の上にも見え出し、空いっぱいツバメになりまし た。その数、何千何万羽でしょうか。短い時間の興奮と感激のすばらしさ、ツバメの宵が終わり19時10分。来年もツバメさん集まって来てね。
(F.Y.君 8歳) (S.H.さん) (H.Y.さん) (N.K.さん)
9月26日貝殻山 10月24日自然保護C 11月21日日応寺 12月23日笠岡湾
 ビギナーズナックと申しましょうか。タカの渡りを楽しませていただきました。特にサシバが頭上に近くに飛んでくれ、羽の模様がきれいに見えたのには大感激しました。お世話になりありがとうございました。  探鳥会で鳥やその他の動植物などの雑学をわかりやすく教えていただけることが毎回の楽しみです。今回、自然保護センターの観察会で「私達の生活が豊かになれば、その分どこかで何かが失われている」と改めて感じました。よい勉強になり、ありがとうございました。  山道に入ってすぐエナガがいました。長いしっぽふぁふぁの毛がかわいらしかったです。しかし、それから先は全然鳥の姿はありませんでした。そのうち鳴き声も聞こえなくなりました。この日の確認種は15種類でしたが、私が見たのはエナガだけでした。  ノスリ、ハヤブサ、チョウゲンボウなどふだんは見られないかっこいい鳥に出会えたことがうれしく、またムクドリの中のホシムクドリを捜したり、カモでも何とかガモと言って遊ぶかんかくでさがすのはとても楽しかったです。さたさんかして鳥をみたいです。
(T.K.さん) (Y.S.さん) (N.H.さん) (K.Y.君)
探鳥会だよりトップへ戻る
 定例探鳥会 @ 後楽園日曜日会 
2009年 1月4日 2月1日 3月1日 4月5日
-  帰省中家族でまた参加で き楽しかったです。特にイカルやシメがたくさん見られたことや後楽園の中では案外簡単にルリビタキやジョウビタキなどの小鳥に出会えてうれしかつたです。 現在中1の娘が小2の時にはまったバードウォッチング。主人や私だけでなく今では実家の父の興味ともなり、帰省の楽しみが増えました。  鶴見橋の橋脚の上にイソ ヒヨドリの♀が出たり入ったり。外苑ではヒヨドリ、ムクドリ、イカル、シメがセンダンの実を雨のように落としている。四天堂の脇の土手へトラツグミが出て 来た。キジバト、シロハラなど落ち葉を引っくり返して採餌している。今年はシメが多く、去年のキクイタダキは確認ではず。44種確認。  好天にも恵まれ、初めての探鳥会はとても楽しく実り 多いものでした。ハクセキレイの色の変化の多さを教えていただき疑問が一つ解消しました。園内ではシメが目につき、カワセミはダイビングも。満開の梅林に は多数のメジロが集い、近くでじっくり観察することができました。鳥あわせの結果は36種類でした。また参加させていただきます。  初めての探鳥会。子供が 来ていないので不安になっていた孫も子供向きのパンフレットをいただき、とても喜んでいました。いろいろな方からお声をかけていただいて、たくさんの鳥を 見ることができました。満開の桜のように胸も幸せでいっぱいになった1日でした。どうもありがとうございました。
(Y.A.さん) (O.T.さん) (G.M.さん) (M.K.さん)
5月3日 6月7日 7月5日 8月2日
 今年はアオバズクが早め に渡ってきてくれてありがとう。後楽園での子育てを静かに見守りたい。アオバズクのポイントにコゲラが営巣していたしきりに威嚇の声を上げていた。巣立ち したエナガの一家の愛らしい姿、親と一緒のセグロセキレイの幼鳥など楽しく見ることができた。確認種26種、参加者44名。  野鳥好きの夫に連れられ て、初めてのバードウォッチングに参加しました。ツギメやセキレイの親子を観察したり、初めてアオバズクを見るなど新鮮な体験で一杯でした。ベテランの方 に解説していただいたり、気軽に望遠鏡を見せていただくなど会員の方々はとても温かかったです。今度はぜひ一度カワセミを見てみたいです。  今回はブッポウソウの観察のため岡山に来ました。毎回ながらの熱心な探鳥会に感激し、とても可愛らしいアオバズクを拝め、とても幸せでした。山口も、きらら浜を中心に秋吉台、油谷〜角高など多くの探鳥地があり、温泉も多く、ぜひ山口へもおいでませ〜。  アオバズクのヒナ3羽誕生のTVニュース放映があり、不安定な電気ながら50名弱の参加者でにぎわった。アオバズクは梅林の北、竹林の奥にいた。3羽の幼鳥、まだ毛がはえ変わっていないのもいかにも幼くい愛嬌がある。無事に成長して南へ帰れることを祈る。15種確認。
(O.T.さん) (S.K.さん) (山口県支部の皆さん) (O.T.さん)
9月6日 10月4日 11月1日 12月6日
 参加2回目の初心者で す。開始早々飛び去っていくカワセミを見ることができうれしかったです。たくさんの鳥の話を聞き知識が深まりました。デジカメ画像も新たにゴイサギなどを 加えることができました。秋冬に向けて見られる鳥の種類も増えると聞き、今後の探鳥会も楽しみにしています。  旭川と花交の池でカワセ ミを全員見ることができた。昨年と同じ場所でアオバズク1羽を確認した。馬場では桜の木にコサメビタキ、エゾビタキが飛び交い、なかなか鳥合わせができな かった。ベビーカーの2歳の女の子も参加、この子が大きくなるまで多くの鳥がいることを願う。確認できたのは30種。  初めての参加にかかわら ず、ほかの参加者や係の方との会話を楽しみつつ、時にはスポットでフィールドスコープにおさまった鳥を見せてもらい、いいとこ鳥(ドリ)になった気分でし た。市街地でたくましく生きる鳥たちに励まされた有意義な日曜日でした。ありがとうございました。  60名の参加者でにぎ わった。カモの姿が少なく、ユリカモメの群の飛翔も川には降りなかった。花葉の池でカワセミがじっととまっていて多くのカメラマンが写真を写していた。そ ばにルリビタキ♂が現れたのは2002年以来ではなからうか。モズ、ムクドリも見られず淋しい。ツグミもなく、36種だった。
(I.K.さん) (O.T.さん) (M.S.さん) (O.K.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 定例探鳥会 A 後楽園火曜日会
2009年 1月20日 2月17日 3月17日 4月21日
-  第三火曜は雨は降らないというジンクスが生きているようで、雨天にはさまれた無風の晴天はありがたい。トラツグミを目玉に41種確認。参加者60名の年初にふさわしいわきあいあいとした探鳥会でした。
 初めて目にした鳥、身近でこんなにもたくさんいること、雄カモが繁殖後に羽色が変わることなど、見聞きすることがビギナーの私には驚きの連続でした。皆さんの野鳥を見つける素早さにも感嘆。楽しい時間をありがとうございました。   いい天気の中、ていねいに野鳥の特徴など教えてもら い望遠鏡で間近にかわいい姿を見せていただき孫も私たちも大満足。最後の鳥合わせで私はたくさん鳥たちを見逃していると思いましたが、コゲラが上手に穴を 開けているのも見ることができ大収穫でした。また参加させてください。  先輩に誘われて初バード ウォッチングは、雨の予報とは裏腹に爽やかな一日となりました。カワウの羽干しから始まり、29種類も見られました。双眼鏡わ覗いてもどこが見えているの か分からず、苦笑してしまいました。参加者の皆さんは気さくで、とても親切にしてくださり嬉しく思いました。また楽しみが増えて幸せな気分です。
(K.K.さん) (F.Y.さん) (S.T.さん) (F.R.さん)
5月19日 6月16日 7月21日 8月18日
 開始前、古いエナガの巣を解体、各種の羽毛が敷き詰められた豪華な産坐を見る。園内では、今年もアオバズクが飛来、番らしき二羽が営巣木脇の葉陰で寄り添うようにしているのを確認。キビタキは渡り途中だろうか、樹冠で盛んに囀っている。59名参加、28種類確認。  友人に誘われ初めて参加 させていただきました。普段あまり気を留めずに見ていた水鳥などのおもしろい生態を興味を持って聞き入り、とても充実した時を過ごせました。鳥たちをほん とうに大切に思い気持ちが伝わってくるような野鳥の会で気持ちよく参加でき、とても感謝しています。 雨天中止

 今回見えた種類は少なかったようですが、私はアオバズク、エナガ、ヤマガラを初めて見えたので感激しました。多分一人では見つけることはできなかったと思います。また、参加者の知識の豊富なことも感心しました。次回も参加したいと思います。
(K.K.さん) (T.M.さん) (K.Y.さん)
9月15日 10月20日 11月17日 12月15日
 今回は秋の渡りの好季節、さっそく期待通りのコサメビタキの姿をとらえ、私としては久しぶりの愛くるしい瞳に満足。オオタカの飛翔。たっぷり観察できたカワセミなど27種類の記録をみた。これからの季節、ますます目が離せない後楽園、冬鳥が楽しみである。  皆さんが温かく受け入れ てくださって2時間半の探鳥会があっという間に終わってしまいました。野鳥の習性やエピソードを詳しく教えていただきました。スコープを通して野鳥はかわ いらしい表情を見せてくれました。これらかも会に参加して、野鳥への興味と理解を深めてゆきたいと思います。 雨天中止
 12月半ばと思えない陽気に40名超えの盛会でした。お目当てのカワセミは出ませんでしたが、冬鳥の人気代表のイメ、モズをはじめ例年より多い40種類の鳥達が出てくれました。私は久しぶりの岡山の探鳥会でしたが、楽しい時をありがとうございました。
(O.F.さん) (M.S.さん) (O.K.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 準定例探鳥会 @  阿部池探鳥会
2009年 2月13日 4月12日  12月13日 - 
-  ヒバリのさえずりに迎えられ、チョウゲンボウ、モズ、ジョウビタキ、葦原のオオジュリン、原っぱのタゲリ、ツグミそしてマガモ、オカヨシガモなど多くの愛する鳥たちに会うことができました。ミサゴ、チュウヒの飛翔および滑空を堪能。  野鳥観察を始めて1年。阿部池は今回で2回目。初夏を通り越した暑さの中30人くらいの大勢の参加者でした。初めて見る猛禽類に目を輝かせましたが、今回もコムクドリ、ツルシギと初めて見ました。これからもどんどん初鳥を見ていきたいです。  今冬第1回の阿部池探鳥 会は天候に恵まれ、鳥見日和でした。広場でヒバリ、ヨシ原でオオジュリン、樹上でジョウビタキ、倉庫でツバメ、水面でマガモ、上空でミサゴ、水際でタゲリ など、山野の鳥23種、水辺の野鳥23種が見られました。タゲリが水辺で休息しているのを初めて見ました。石と見分けがつくのに時間がかかり楽しい発見で した。 -
(U.A.さん) (U.S.さん) (A.M.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る
 月例探鳥会
2009年 1月18日由加山 2月15日遙照山 3月15日加茂山 4月26日きらら浜
-  駐車場から車道を上がっ たところでカラ類の混群に出会いゆっくり観察。両脇の林を見ながら歩いていると先頭グループがアオバトを見つけたが、すぐ飛び去った。桜園地はなぜか見つ からない。俳句の道の暗がりにクロジがいたそうだが、すぐ飛び去った。鳥あわせまで雨が降らずラッキーだつた。確認種22種類。  遙照山の山中ほ初めて入りました。野鳥の森ではイノシシの跡?上空にオオタカ、餌をつかんだミサゴ、ウグイスの初音、マヒワの番が順光でじっくり見られました。♂のキジの二重連を見、久方の大満足の探鳥会でしたが、松枯れ対策の防虫剤の散布が心配です。  ウソやベニマシコは個人的に初めて目にする野鳥だったので、とても興奮しました。うす紅色の羽毛が目に焼きついています。バードウォッチングを始めてまだ2年くらいなので目にした野鳥も少なく、野鳥の会の行事に参加できることを幸せに思います。
 山口県山口湾の遠浅の干 潟にあるきらら浜自然観察公園へのバスツアー。レインジャーに案内され、ハマシギの群れ、ダイゼン、ハマシギ、シロチドリ、チュウシャクシギなど、小雨で あったため鳥合わせ44種の中、シギチドリ類は9種のみ。とにかく変化に富んだ素晴らしい公園であることを実感した。
(O.T.さん) (N.N.さん) (S.K.さん) (H.W.さん)
5月17日森林公園 6月14日大山滝 7月11日吉備中央町 8月
 県北部は雨の予報。県南部は晴れだったので出掛けた参加者、前夜からのキャンプグループを含めて16名参加。雨支度で出発。ミソサザイ、オオルリ、コルリの声を聞き、キセキレイ、カワガラスの姿を見ることができました。確認種16種。





    
 5:30に到着したが、 早朝の囀りは終わっていた。サンショウクイを見た人もいた。6:10開始。ホトトギスの声をバックにトラツグミ、アカショウビンの声を聞きながら吊橋へ、 人工林ではクロツグミ、キビタキ、ミソサザイ、オオルリの声が聞かれた。9:00にキャンプ地で鳥合わせ、35種。
 ブッポウソウの姿を求め て40名が参加、グループ毎に出発。私どものコースで次々に親鳥が餌を運ぶ姿、近くの電線に留まる姿など見られた。加茂川中学校のあたりでは美しく舞う姿 に感動!モニターでヒナを見た。道々たくさんのカメラマンが巣箱の正面に陣取っている姿が気になる。どの巣箱からもヒナが立派に巣立つことを祈る。 なし

(M.K.さん) (O.T.さん) (M.N.さん)
9月27日大平山 10月18日鬼ノ城岩屋 11月29日赤和瀬 12月20日笠岡湾
 今まではまったくといってよいほど興味も理解もしていませんでしたが、サシバ、ハチクマの渡りを観察させていただき、大変感動いたしました。帰宅後近所のトビを観察しましたが、似たような方法で遠方に移動していることが理解でき驚いた次第です。  気持ちの良い秋晴れ。開けた場所からはノスリ、ハイタカが空を舞っている姿をとらえることができました。エナガが数羽たわわに実ったイタドリの房につかまって盛んに啄む姿が見られたのも大変印象的でした。
 午前中はヒレンジャクが10羽ほど見られた。午後は恩原湖畔で、オシドリ数十羽をスコープで確認、銀杏羽の美しさに感嘆の声が上がる。シラカバ林の梢にはアカゲラを確認し、黄色いマヒワにも魅せられ、コガラ、ヒガラなどが次々現れ堪能できました。  カラスが群れで騒いでお り、その先を見るとオオタカとハイタカが追われていた。ハイイロチュウヒの♀が見られ、ハヤブサがドバトを追っているのも見られた。ノスリは上空を旋回し ており、チュウヒ、コチョウゲンボウを除いた多くの猛禽類が見られ会の目的は達成できた。確認種は47種。
(F.T.さん) (O.T.さん) (E.T.さん) (O.T.さん)
探鳥会だよりトップへ戻る